重要イベント祭り前の様子見 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

重要イベント3連発を前にもみ合いが多くなっています。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、109.0円を少しだけ上抜けましたが、少し押し戻されています。後ろに控えるイベントと重要指標が気になって動きにくいようです。イベントや指標がポジティブな結果だとスパッと上げてくるのでしょう。目先の上限目標は週足三角保ち合いラインがある110.0円くらいでしょうか。下に振れた場合は、108.5円をしっかり下抜けたあと戻りでN字エントリー狙いで考えておきたいと思います。

ユーロ円は、4時間足上限付近でもみ合いレンジです。25MAをはさんだレンジ内反転で売り中心にエントリー根拠を探りたいと思います。上がってしまうなら様子見です。

ポンド円は、ローソク足の波の形がきたないですね。ヒゲも多く振れているのでエントリー方向が正しくても損切りになりやすく注意が必要です。

豪ドル円は、4時間足で74.0円のラインがしっかりサポートとして働き、N字買いエントリーできるポイントがありました。上昇勢いはまだあると思いますので、押しは拾いたい感じです。

ユーロドルは、4時間足25MAが今度は抵抗として働いています。25MAから下の動きで直近安値までの小さな動きを狙いたいと思います。

注目したいニュースとしては、FOMC、米四半期GDP、米雇用統計などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/30(水)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 10月
19:00 (欧)経済信頼感 10月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 10月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 10月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)7-9月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 7-9月期
21:30 (米)四半期コアPCE・速報値 7-9月期
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)10月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

10/31(木)の夜は、

19:00 (欧)雇用統計 9月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)7-9月期
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)10月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 10月
21:30 (米)四半期雇用コスト指数7-9月期
21:30 (米)個人所得 9月
21:30 (米)個人消費支出(PCEコア・デフレーター)9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 10月

11/1(金)の夜は、

18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)10月
21:30 (米)非農業部門雇用者数変化 10月
21:30 (米)雇用統計 10月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 10月
23:00 (米)建設支出 9月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、10/25の金曜日公表された10/22取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ユーロ、ポンドの買い越しがやや多い結果となっています。

円/ドル
買い 41,556 (-4,860)
売り 59,721 (+6,664)

ユーロ/ドル
買い 168,653 (+13,680)
売り 219,703 (-10,424)

ポンド/ドル
買い 35,749 (+10,318)
売り 88,189 (-10,194)

豪ドル/ドル
買い 38,170 (-3,992)
売り 82,156 (-7,611)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

主な経済指標(アメリカ)
– 発表時間は事前にチェックしよう

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


重要指標結果での急変動は要注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円が陽線、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:108.4円 終値:108.7円
先週高値:108.8円 安値:108.2円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:120.9円 終値:120.4円
先週高値:121.5円 安値:120.4円
先週1時間足チャート型:三角保ち合い下降

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:140.0円 終値:139.4円
先週高値:141.4円 安値:138.9円
先週1時間足チャート型:三角保ち合い下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:74.2円 終値:74.1円
先週高値:74.8円 安値:73.9円
先週1時間足チャート型:三角保ち合い下降

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:1.115ドル 終値:1.108ドル
先週高値:1.118ドル 安値:1.107ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。

4時間足トレンドでは全通貨ペアともに上昇トレンドとしていますが、ドル円以外は押しが発生しています。


<今週のドル円>

日足レンジ上限付近のもみ合いが続いています。もみ合いのどちらに抜けるかは、今週の四半期GDP、FOMC、雇用統計次第というところでしょうか。FOMCでは0.25ポイントの利下げがあるかどうかが気になりますね。

<今週のユーロ円>

高値は切り下げる形となっていますが、安値はサポートが効いている三角保ち合い下降というチャートになっています。サポートライン120.3円をしっかりと下抜けてくるのか、もみ合いが継続するのかに注目したいと思います。下抜けた場合は、N字下降でエントリーポイントが見つかるかどうかというところです。

<今週のポンド円>

EU離脱は結局延期となりました。まだまだ波乱はあるかもしれませんね。チャート的にはユーロ円と似ていて、三角保ち合い下降です。サポートライン138.8円をしっかりと下抜けてくるか、もみ合いが継続するかの見極めていきたいです。

<今週の豪ドル円>

豪ドル円もユーロ円、ポンド円に近い動きです。サポートライン73.9円を下抜けて安値を更新してくるかどうかですね。

<今週のユーロドル>

日足の強い水平ライン1.1107ドル付近まで落ちてきました。少し反発上昇が見られるかもしれませんが、4時間足25MAはしっかり下抜けているので、ローソク足と25MAの位置関係をよく確認して売りエントリーできるポイントを見つけたいです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。ロング(買い)はドル円以外様子見です。
今週は重要な指標が多いので、その結果次第では荒れた取り組みにくい相場になる可能性を想定しておきたいです。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのショートを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

10/30
21:15 (米)ADP雇用統計 10月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)7-9月期

10/31
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)7-9月期
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)10月
21:30 (米)個人消費支出(PCEコア・デフレーター)9月

11/1
21:30 (米)雇用統計 10月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 10月

に注目したいと思います。重要指標、重要イベントが多いですね。

指標発表、要人の発言予定はトレード前には必ず確認してください。

10/28(月)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 9月

10/29(火)の夜は、

18:30 (英)消費者信用残高 9月
18:30 (英)マネーサプライM4 9月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 8月
23:00 (米)住宅販売保留指数 9月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

酵素パワーのもちもち玄米ごはんで健康アップ


そろそろ日足レンジ上限反転の動きか – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

8月まで投稿していたベストトレード根拠は、5分足チャートだけしか載せていなかったので、そこでエントリーした背景がいまいちお伝えできていませんでした。

そのため、「9月からは4時間足~15分足でのエントリーポイント見極め+5分足エントリータイミング紹介とし、エントリー根拠の確認を詳細に公開したいと思います。」と書いたのですが、、、

記事投稿をサボること約2ヶ月、やっとこさ記事投稿の時間もできましたので記事投稿させていただきます。

しばらく構想も練っていたのですが、週足~日足で相場背景の確認、4時間足~15分足でトレードポイント、取りにいく値幅の確認、5分足~1分足でエントリータイミングを説明する流れにします。
チャートは全てクリックで拡大できます。

今日は10/24、ユーロドルのトレード紹介です。

ますは週足の確認です。大きな流れがどうなっているか確認することは重要ですよ。


赤実線:移動平均線5MA
黄緑実線:移動平均線25EMA

下目線であることは明確ですね。下値余地が小さいと週足ラインの攻防となるため、大きなもみ合いが発生しやすいですが、そこそこの下値余地はあるので売りを狙っていく環境があります。

次に日足です。日足では強い水平ラインを認識しておきます。

直近の日足高値が日足で意識される強い水平ラインではね返されていることがわかりますね。この強いラインの下側にあることでさらに売り狙いの環境ということが言えます。


 

環境が売りに適しているということがわかりましたが、当然ながらエントリーポイントが間違っていると勝つことは難しいです。

では、4時間足を見ていきます。

10月上旬から上げてきたトレンドが日足の水平ラインではね返され、さらに高値を切り下げていることが確認できました。

さらに1時間足の確認です。

チャートは今週末まで進んでいますが、1.110~1.118ドルくらいのもみ合いが想定できます。

まあ、この1時間足までの分析は常に背景として理解しておいたほうが良いですね。


 

続いて、15分足でエントリーポイントを探っていきます。

21:30からのドラギECB総裁の記者会見で一時上昇となりましたが、欧州の景気先行き下振れ懸念からか、強い戻り売りが発生しました。25MAをしっかり下抜ける動きが確認できましたが、15分足ではエントリータイミングがつかめません。

ということで5分足でエントリータイミングを確認します。

うーん、強い下げで5分足でも判断が難しい状況です。

強い動きの場合は、1分足まで確認するとタイミングが取れる場合があります。

1分足で見ると、

タイミングが見えました。

急落から少しだけ戻ったあと、やはり下降の動きが確認できたところでエントリーです。

損切りは直近抵抗の少し上、1.1135ドルとなります。

エントリー後は、強い下げが継続して一気に想定したもみ合い下限まで到達しましたので、1.1101ドルで決済としました。

今回のエントリーは日足ラインを背にしていますので、少ないロットを中期でポジションキープするのもありだと思います。スワップもプラスですからね。

来週以降もこの流れがユーロドル、クロス円で続くでしょうか、ドル円はまだ落ちそうにない感じです。

ベストトレード根拠は今後も気が向いたときに不定期で投稿したいと思います。

よろしくお願いします。

異なる時間足チャートで見えるもの
– 買ったら下がり売ったら上がるの予防