クロス円の上昇勢いは衰えず – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陽線でした。いずれも2週連続です。クロス円の伸びはすごいですね。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:108.4円 終値:108.4円
先週高値:108.9円 安値:108.0円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:119.6円 終値:121.1円
先週高値:121.4円 安値:119.1円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:136.9円 終値:140.4円
先週高値:141.5円 安値:135.5円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:73.6円 終値:74.3円
先週高値:74.4円 安値:73.0円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:1.104ドル 終値:1.117ドル
先週高値:1.117ドル 安値:1.100ドル
先週1時間足チャート型:上昇基調

となっています。


<今週のドル円>

週明けに日足直近高値を更新してきましたが、109.0円手前の抵抗で押し戻されました。4時間足25MAを少しだけ下抜けましたが、ここでサポート効いて再び上昇基調に乗れるのか、もう少し、108.0円付近まで押しが継続するのかに注目したいと思います。

<今週のユーロ円>

かなり力強い上昇となっています。121.3円付近はかなり意識される水平ラインがあります。10/17は一旦上ヒゲで戻されましたが、じわじわ上げてきているので突破してくることも考えれれます。そうなれば、123.0円付近までは行きそうなイメージです。押しが入ればチャンスになると思います。

<今週のポンド円>

EU離脱合意を受けて先週からさらに強く上昇しました。2週間で900pipsとポンドパワー発揮です。EU離脱議会承認の採決については関連法案が成立するまで先送りの動議が可決されたことで、法律上、ジョンソン首相はEUに離脱延期を申し入れる義務があるのですが、ジョンソン首相はその義務を拒否しており、先行き不透明になっています。
まだ波乱はありそうですので、エントリーは控えたいと思います。チャートでは4時間足でも強い勢いを維持しており、上昇しそうな気配ですが、今回の状況での市場の反応を見極めたいところです。

<今週の豪ドル円>

日足で意識される強い水平ライン74.3円まで戻してきました。このあたりには週足の25MAもいます。4時間足で25MAとの乖離が大きくなっていますので、73.5円くらいまでは押してくれたほうが健全な感じはしますが、しっかりと見極めてからエントリー根拠を探りたいです。

<今週のユーロドル>

週足では力強いローソク足の形になっています。週足25MAも上抜けてきました。こちらも過熱感が高いので少し押して欲しいのですけどね。勢い的には1.125ドルくらいまでは行きそうです。
攻める場合は1時間足25MAにぶつかってからの反発でしょうか。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値までのロング(買い)でエントリー根拠を探りたい思います。ショート(売り)は難しいかもしれません。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のロングを狙ってみたいですが、調整の押しが入ることが条件になりそうです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

10/24
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

10/25
23:00 (米)新築住宅販売件数 9月

に注目したいと思います。

指標発表、要人の発言予定はトレード前には必ず確認してくださいね。

10/21(月)の夜は、特に予定がありません。

10/22(火)の夜は、

23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 10月
23:00 (米)中古住宅販売件数 9月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

ワインと生ハム、チーズの極上時間を楽しみませんか?