戻り上昇の上限確認待ち – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、豪ドル円が陰線、ポンド円、ユーロドルが陽線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:109.2円 終値:108.8円
先週高値:109.3円 安値:108.2円
先週1時間足チャート型:下降戻り

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:120.3円 終値:120.2円
先週高値:120.6円 安値:119.2円
先週1時間足チャート型:下降戻り

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:139.6円 終値:140.4円
先週高値:140.6円 安値:139.3円
先週1時間足チャート型:V字上昇

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:74.8円 終値:74.2円
先週高値:75.0円 安値:73.4円
先週1時間足チャート型:下降戻り

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.102ドル 終値:1.105ドル
先週高値:1.105ドル 安値:1.099ドル
先週1時間足チャート型:しっかり上昇

となっています。


<今週のドル円>

日足で108.6円あたりを中心としたもみ合いが発生しやすいレンジに入っています。4時間足で見ると上昇トレンドラインを少し下抜けたようにも見えますが、先週後半からの戻りがどこまで戻すのかを見極めてから次の作戦を練りたいと思います。大きな流れでは週足三角保ち合い上限の110.0円付近を目指しそうな感じでしょうか。

<今週のユーロ円>

戻りが4時間足25MAを上抜けてきました。まだ上昇勢いは感じられますが、120.6円付近に意識される水平ラインがありますので、そのラインが抵抗として働くかどうかに注目したいと思います。

<今週のポンド円>

4時間足のレンジが継続しています。大きな流れはレンジブレイクを待ちたいですが、レンジはそれなりに広いのでN字で小さな利幅をとりに行くのもありと思います。ただし、思惑と反対方向に動いた時は損切りしないと短時間で大きな損失につながることもあるので注意が必要です。

<今週の豪ドル円>

日足の短期上昇トレンドラインからの反発となっています。この戻り勢いがどこまで継続するのかまだ見えませんが、サポートラインが確認できたらN字上昇を狙ったエントリーができそうです。N字を確認せずにエントリーするとダマシにひっかかる可能性が高くなるので気をつけたいと思います。

<今週のユーロドル>

発生している戻りがどこまで継続するかに注目です。日足、4時間足で確認できるダブルトップのネックライン1.107ドル付近が抵抗として働き、下降してきたら理想的な展開です。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値までのロング(買い)、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルのショートを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

11/21
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

11/22
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)10月
16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
17:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

に注目したいと思います。

11/18(月)の夜は、

24:00 (米)NAHB住宅市場指数 11月

11/19(火)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前/季調済)9月
19:00 (欧)建設支出 9月
22:30 (米)住宅着工件数 10月
22:30 (米)建設許可件数 10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。