材料乏しくもみ合いレンジ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

各通貨ペアともほぼもみ合いレンジとなっています。次の動きを待ちたいですね。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、4時間足でもみ合いレンジになりました。この価格帯は日足をさかのぼってももみ合いが多く発生しています。レンジブレイクまでは1時間足の波をよく見極めていきたいです。

ユーロ円は、日足レンジ上限付近のもみ合いから、一度下抜けてから戻ってきました。ここで再度、4時間足25MAを下抜けてくると直近安値の119.25円付近までを狙っていきたいですね。

ポンド円は、4時間足レンジが続いています。141.5円を少しだけ上抜けましたが、上ヒゲで戻され、4時間足25MAを下抜けてきています。やはりレンジ下限の139.4円付近を目指す展開となるのでしょうか。

豪ドル円は、直近日足の上昇トレンドラインで2回サポートされていますが、上限は74.3円くらいで抑えられています。三角保ち合い上昇の形を作るのでしょうか。この上昇トレンドラインのサポートか、水平ライン74.3円の抵抗ラインのどちらかをブレイクしてからN字の動きを狙っていきたいです。

ユーロドルは、日足ダブルトップのネックライン付近までの戻りとなりました。4時間足25MAをしっかり下抜けてくるとタイミングを見て売ってみたいです。

注目したいニュースとしては、引き続き米中通商協議の行方などです。進展期待はやや後退しています。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/20(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

11/21(木)の夜は、

21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 11月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 10月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)11月
24:00 (米)中古住宅販売件数 10月

11/22(金)の夜は、

16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
17:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 11月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/15の金曜日公表された11/12取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。豪ドルの売り越しがやや多い結果となっています。

円/ドル
買い 43,964 (-32)
売り 78,961 (+8,360)

ユーロ/ドル
買い 170,250 (+6,067)
売り 227,919 (+2,990)

ポンド/ドル
買い 40,348 (-636)
売り 68,481 (-1,538)

豪ドル/ドル
買い 41,261 (-8,571)
売り 82,070 (+5,444)

ルール通りにトレードできているなら、1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは気にする必要がありません。

10回のトレードトータルで想定範囲内の勝率、利益となっているかを確認し、想定通りの結果にならない場合は、ルールを見直しましょう。

常に心がけたい相場格言
– 心構えが勝敗を大きく左右する

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼