米中通商協議の行方に要注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、豪ドル円が陽線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:108.2円 終値:109.2円
先週高値:109.5円 安値:108.1円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:120.9円 終値:120.4円
先週高値:121.3円 安値:120.1円
先週1時間足チャート型:もみ合い下降

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:139.9円 終値:139.6円
先週高値:140.7円 安値:139.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:74.8円 終値:74.9円
先週高値:75.7円 安値:74.6円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.117ドル 終値:1.102ドル
先週高値:1.118ドル 安値:1.102ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


<今週のドル円>

日足の短期上昇トレンドラインからの反発上昇で日足で意識される強い水平ラインまで戻してきました。米中通商協議の動きに左右されると思いますが、109.5円をしっかり上抜けてくる動きになると110.0円の週足三角保ち合い上限ラインまでは来るような感じがします。押した場合は、もう一度、日足の短期上昇トレンドライン確認の動きでしょうか。

<今週のユーロ円>

日足レンジ上限付近のもみ合いですが、やや下げてきており、日足25MAにかかってきました。120.0円までは下げることもありそうですが、120.0円も強いラインなので、反発して高値更新の動きになる可能性は想定しておきたいと思います。

<今週のポンド円>

日足ではユーロ円と似た動きになっていますが、ポンド円の方が上昇勢いが強かったこともあり、日足25MAまだ少し下にあります。4時間足レンジは狭くなっているように見えるのですが、一度動き出すと急な動きになりやすくなっているので、捕まえにくい感じです。現状のレンジをブレイクするのを待った方が良いのかもしれません。

<今週の豪ドル円>

4時間足で高値切り上げ、安値切り上げの動きが見られます。再度75円台に乗せ、4時間足25MA上抜けてきたら、買いエントリー根拠も固まりそうです。米中通商協議に関するニュースの影響は大きいと思いますので、損切りはしっかりと設定しておく必要があります。11/14の雇用統計も注目ですね。

<今週のユーロドル>

日足のダブルトップはネックラインを下抜けています。節目の1.10ドルに達した後の反発から戻り売りが狙える流れを期待したいところです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値までのロング(買い)、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルのショートを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

11/11 
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)7-9月期
アメリカはベテランズ・デーの休場です。

11/13
22:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)10月

11/14
01:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)7-9月期
09:30 (豪)雇用統計 10月
11:00 (中)小売売上高 10月
11:00 (中)鉱工業生産 10月
16:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)7-9月期
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)7-9月期
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

11/15
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)10月
22:30 (米)小売売上高 10月

に注目したいと思います。

アメリカは先週から冬時間ですよ。

平日夜の取引が活発になる時間帯が1時間遅いので、エントリーの前のめりは注意です。

11/11(月)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)9月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)7-9月期
18:30 (英)鉱工業生産指数 9月
18:30 (英)製造業生産指数 9月
18:30 (英)貿易収支 9月

11/12(火)の夜は、

18:30 (英)雇用統計 10月
19:00 (独)ZEW景況感調査 11月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 11月

の経済指標発表、イベントが予定されています。


ダブルトップからのN字下降 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

10月から不定期で再開した新ベストトレード根拠です。

8月まで投稿していたベストトレード根拠は、5分足チャートだけしか載せていなかったので、そこでエントリーした背景がいまいちお伝えできていませんでした。

新ベストトレード根拠では、週足~日足で相場背景の確認、4時間足~1分足でトレードポイント、エントリータイミングなどを説明していきます。

チャートは全てクリックで拡大できます。

今日は11/7、ユーロドルのトレード紹介です。

ますは週足の確認です。前回とあまり変わっていませんが下目線です。


赤実線:移動平均線5MA
黄緑実線:移動平均線25EMA

下値余地は十分にあるので売りを狙っていく環境があります。

次に日足です。日足では強い水平ラインを認識しておきます。こちらも前回と大きくは変わっていません。

直近の日足高値が日足で意識される強い水平ラインが効いています。この強いラインの下側にあり、直近でダブルトップの様子が見られる4時間足以下のチャートを見ていきます。


 

先週のトレード準備と独り言でも触れましたが、4時間足で見るとダブルトップがはっきりと確認できます。

きれいなダブルトップです。そしてネックライン付近で少しもみ合いが発生しました。

ネックラインを少し抜けたところでのエントリーは避けた方がよいです。ダマシで上昇していくことがありますので、少し見極める必要があります。

1時間足の確認です。

ネックライン付近のもみ合いで、反発が見られるも直近高値で抑えられています。25MAとも絡んでいい感じです。


 

続いて、15分足でエントリーポイントを探っていきます。

今回は15分足チャートで売りエントリー根拠が集まったので詳細を書き込みました。

ネックラインからの反発が抑えられ、N字下降で反発上昇のトレンドラインを下抜け、移動平均線25MAを下抜け、さらにネックラインを下抜けてきたところで売りエントリーです。

いつもの短期ポジションと、少し大きな動きを見すえた中期ポジション(ロット数は短期の1/4)です。

短期ポジションの損切りは1.1085ドル(すみません画像の方は数値を間違えました)、中期ポジションの損切りは1.1115ドルとしました。

エントリー後は、下げの勢いが出てくれました。

そして、長い下ヒゲがでたところで短期ポジションは裁量決済、中期ポジションはまだキープしています。

ユーロドルは売りでスワップが付くので売りポジションはキープしやすいですね。

中期ポジションは1.09ドルくらいまでキープできたらと思っています。

ユーロドルは短期ポジションでまだまだ狙えるタイミングが出ることを祈って注目しています。

ベストトレード根拠は今後も気が向いたときに不定期で投稿したいと思います。

よろしくお願いします。

おすすめ FX本 – トレードの必読本、バイブルを紹介