ダブルトップからのN字下降 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

10月から不定期で再開した新ベストトレード根拠です。

8月まで投稿していたベストトレード根拠は、5分足チャートだけしか載せていなかったので、そこでエントリーした背景がいまいちお伝えできていませんでした。

新ベストトレード根拠では、週足~日足で相場背景の確認、4時間足~1分足でトレードポイント、エントリータイミングなどを説明していきます。

チャートは全てクリックで拡大できます。

今日は11/7、ユーロドルのトレード紹介です。

ますは週足の確認です。前回とあまり変わっていませんが下目線です。


赤実線:移動平均線5MA
黄緑実線:移動平均線25EMA

下値余地は十分にあるので売りを狙っていく環境があります。

次に日足です。日足では強い水平ラインを認識しておきます。こちらも前回と大きくは変わっていません。

直近の日足高値が日足で意識される強い水平ラインが効いています。この強いラインの下側にあり、直近でダブルトップの様子が見られる4時間足以下のチャートを見ていきます。


 

先週のトレード準備と独り言でも触れましたが、4時間足で見るとダブルトップがはっきりと確認できます。

きれいなダブルトップです。そしてネックライン付近で少しもみ合いが発生しました。

ネックラインを少し抜けたところでのエントリーは避けた方がよいです。ダマシで上昇していくことがありますので、少し見極める必要があります。

1時間足の確認です。

ネックライン付近のもみ合いで、反発が見られるも直近高値で抑えられています。25MAとも絡んでいい感じです。


 

続いて、15分足でエントリーポイントを探っていきます。

今回は15分足チャートで売りエントリー根拠が集まったので詳細を書き込みました。

ネックラインからの反発が抑えられ、N字下降で反発上昇のトレンドラインを下抜け、移動平均線25MAを下抜け、さらにネックラインを下抜けてきたところで売りエントリーです。

いつもの短期ポジションと、少し大きな動きを見すえた中期ポジション(ロット数は短期の1/4)です。

短期ポジションの損切りは1.1085ドル(すみません画像の方は数値を間違えました)、中期ポジションの損切りは1.1115ドルとしました。

エントリー後は、下げの勢いが出てくれました。

そして、長い下ヒゲがでたところで短期ポジションは裁量決済、中期ポジションはまだキープしています。

ユーロドルは売りでスワップが付くので売りポジションはキープしやすいですね。

中期ポジションは1.09ドルくらいまでキープできたらと思っています。

ユーロドルは短期ポジションでまだまだ狙えるタイミングが出ることを祈って注目しています。

ベストトレード根拠は今後も気が向いたときに不定期で投稿したいと思います。

よろしくお願いします。

おすすめ FX本 – トレードの必読本、バイブルを紹介