もみ合いレンジ継続中 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

各通貨ペアともほぼもみ合いレンジとなっています。次の動きを待ちたいですね。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、1時間足レンジ内で108.25~109.25円の動きとなっています。レンジブレイク、そしてN字の動きまで波をよく見極めていきたいです。

ユーロ円は、4時間足でレンジを切り下げていますが、すぐに落ちるような気配は感じられません。119.6~120.6円暖レンジをさらに切り下げる動きを待ちたいと思います。

ポンド円は、しぶとく4時間足レンジが続いています。4時間足ボリンジャーバンド20MA(σ2.0)のバンド内反転を狙える可能性はあると思います。

豪ドル円も、やはりレンジです。73.5~74.3円のレンジから下抜けのブレイクがあればN字で付いていきたいと思います。

ユーロドルは、日足ダブルトップのネックライン1.108ドル付近から良い感じで下げてきたのですが、1.100ドル手前でのもみ合いとなっています。こちらも何とかレンジ下抜けの動きを期待したいですね。

注目したいニュースとしては、引き続き米中通商協議の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/27(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
22:30 (米)四半期GDP個人消費・改定値 前期比 7-9月期
22:30 (米)四半期コアPCE・改定値 7-9月期
22:30 (米)耐久財受注 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 11月
00:00 (米)住宅販売保留指数 10月
00:00 (米)個人所得 10月
00:00 (米)個人消費支出(PCE/コア・デフレーター)10月

11/28(木)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 10月
19:00 (欧)経済信頼感 11月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)11月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)11月
※アメリカ休場

11/29(金)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 11月
18:30 (英)消費者信用残高 10月
18:30 (英)マネーサプライM4 10月
19:00 (欧)雇用統計 10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、速報値)11月
19:00 (日)外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
22:30 (加)四半期国内総生産(GDP)7-9月期

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/22の金曜日公表された11/19取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ポジションはあまり動いていません。

円/ドル
買い 45,423 (+1,459)
売り 80,454 (+1,493)

ユーロ/ドル
買い 163,898 (-6,352)
売り 226,401 (-1,518)

ポンド/ドル
買い 39,205 (-1,143)
売り 71,108 (+2,627)

豪ドル/ドル
買い 43,871 (+2,610)
売り 91,111 (+9,041)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは気にせず、10回のトレードトータルで想定範囲内の勝率、利益となっているかを確認しましょう。

MT4について
– 自動売買も可能な大人気の取引ツール

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


4時間足トレンド発生を期待 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、豪ドル円線、ポンド円、ユーロドルの全てが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:108.8円 終値:108.6円
先週高値:109.1円 安値:108.3円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:120.2円 終値:119.7円
先週高値:120.7円 安値:119.6円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:140.6円 終値:139.4円
先週高値:141.6円 安値:139.2円
先週1時間足チャート型:弱含み

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:74.1円 終値:73.7円
先週高値:74.3円 安値:73.5円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.105ドル 終値:1.102ドル
先週高値:1.100ドル 安値:1.101ドル
先週1時間足チャート型:弱含み

となっています。


<今週のドル円>

108円台のレンジになっていて攻めにくい感じです。このような相場では勝ったり、負けたりになりやすいので、109.0円をしっかり上抜けてくるか、108.2円をしっかり下抜けてくるタイミングを待ちたいと思います。

<今週のユーロ円>

もみ合いレンジの切り下げになっています。サポートとして働いていた120.5円付近の水平ラインが抵抗として効いています。目先では4時間足の直近安値119.25円の水平ラインと、その少し下にある日足の短期上昇トレンドラインに対してどのような反発をするかに注目です。

<今週のポンド円>

4時間足のレンジがまだ継続しています。先週末で日足25MAにかかってきましたので、次につながる動きがあるかもしれません。4時間足もみ合いレンジでは下限に来ていますので、反発上昇のになれば買いエントリー、139.0円下抜ける動きがあれば、N字の売りエントリーポイントを探りたいと思います。

<今週の豪ドル円>

11/15に反発が見られた日足の短期上昇トレンドラインからの反発が長く続かず、再び上昇トレンドラインにかかってきました。73.9円付近は日足でも意識される水平ラインなので、これが効いていると、下値を探る動きになるのかもしれません。

<今週のユーロドル>

日足、4時間足で確認できるダブルトップのネックライン1.107ドル付近が抵抗として働き、下降してきました。4時間足で大陰線が発生しましたので少々反発の動きが出るかもしれませんが、戻り売りが出たらタイミングを見てついていきたいと思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値までのロング(買い)、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ユーロドルのショートを狙ってみたいです。

そろそろ4時間足のトレンド発生を期待したいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

11/26
09:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

11/27
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
24:00 (米)個人消費支出(PCE)10月

11/29
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)11月
22:30 (加)四半期国内総生産(GDP)7-9月期

に注目したいと思います。

11/28(木)はアメリカが感謝祭で休場です。

11/25(月)の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月

11/26(火)の夜は、

23:00 (米)四半期住宅価格指数 7-9月期
23:00 (米)住宅価格指数 9月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 11月
24:00 (米)新築住宅販売件数 10月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)11月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

たまには海外旅行で悠々自適時間を楽しもう


材料乏しくもみ合いレンジ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

各通貨ペアともほぼもみ合いレンジとなっています。次の動きを待ちたいですね。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、4時間足でもみ合いレンジになりました。この価格帯は日足をさかのぼってももみ合いが多く発生しています。レンジブレイクまでは1時間足の波をよく見極めていきたいです。

ユーロ円は、日足レンジ上限付近のもみ合いから、一度下抜けてから戻ってきました。ここで再度、4時間足25MAを下抜けてくると直近安値の119.25円付近までを狙っていきたいですね。

ポンド円は、4時間足レンジが続いています。141.5円を少しだけ上抜けましたが、上ヒゲで戻され、4時間足25MAを下抜けてきています。やはりレンジ下限の139.4円付近を目指す展開となるのでしょうか。

豪ドル円は、直近日足の上昇トレンドラインで2回サポートされていますが、上限は74.3円くらいで抑えられています。三角保ち合い上昇の形を作るのでしょうか。この上昇トレンドラインのサポートか、水平ライン74.3円の抵抗ラインのどちらかをブレイクしてからN字の動きを狙っていきたいです。

ユーロドルは、日足ダブルトップのネックライン付近までの戻りとなりました。4時間足25MAをしっかり下抜けてくるとタイミングを見て売ってみたいです。

注目したいニュースとしては、引き続き米中通商協議の行方などです。進展期待はやや後退しています。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/20(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

11/21(木)の夜は、

21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 11月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 10月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)11月
24:00 (米)中古住宅販売件数 10月

11/22(金)の夜は、

16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
17:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 11月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/15の金曜日公表された11/12取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。豪ドルの売り越しがやや多い結果となっています。

円/ドル
買い 43,964 (-32)
売り 78,961 (+8,360)

ユーロ/ドル
買い 170,250 (+6,067)
売り 227,919 (+2,990)

ポンド/ドル
買い 40,348 (-636)
売り 68,481 (-1,538)

豪ドル/ドル
買い 41,261 (-8,571)
売り 82,070 (+5,444)

ルール通りにトレードできているなら、1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは気にする必要がありません。

10回のトレードトータルで想定範囲内の勝率、利益となっているかを確認し、想定通りの結果にならない場合は、ルールを見直しましょう。

常に心がけたい相場格言
– 心構えが勝敗を大きく左右する

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼