下目線の波をしっかり確認 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ユーロドルが陽線、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:108.0円 終値:106.9円
先週高値:108.5円 安値:106.5円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:118.1円 終値:117.4円
先週高値:118.2円 安値:117.0円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:132.6円 終値:131.9円
先週高値:133.3円 安値:131.3円
先週1時間足チャート型:もみ合い下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:73.0円 終値:72.3円
先週高値:73.4円 安値:71.7円
先週1時間足チャート型:下降戻り

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.094ドル 終値:1.098ドル
先週高値:1.100ドル 安値:1.088ドル
先週1時間足チャート型:強含み

となっています。


<今週のドル円>

4時間足で確認できるダブルトップのネックライン107.05円付近を下抜けて、106.5円付近まで落ちた後、ネックライン付近まで戻しましたが、少しはね返されています。日足で確認できる逆三尊の形成に失敗しているので、それなりに下向きの圧力がかかってくると感じます。目先では107.25円をしっかり上抜けられないことを確認できれば、売りタイミングを探りたいです。

<今週のユーロ円>

4時間足25MAに抑えられながら下降継続しています。週足でも下降トレンドラインに抑えられたあと、3週連続陰線となりました。117.75円付近はやや強めの水平ラインになっていますので、少しもみ合いになるかもしれませんが、波のタイミングを確認して売りで攻めてみたいです。

<今週のポンド円>

4時間足でややもみ合いとなっています。25MAが近づいてきていますので、ぶつかって下の流れが確認できたら、ついて行きたいと思います。

<今週の豪ドル円>

下目線継続の中、4時間足で少し戻りとなっています。72.5円または、72.7円付近のラインから戻り売りとなるような流れを期待したいです。

<今週のユーロドル>

日足25MAと1.10ドルの水平ラインが抵抗として効いているように見えます。4時間足25AMを再び下抜けるタイミングを待ちたいですね。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル、どの通貨ペアでもショートを狙ってみたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

10/8
13:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

10/9
02:50 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
23:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

10/10
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
17:30 (英)月次国内総生産(GDP)8月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)9月

に注目したいと思います。

指標発表、要人の発言予定はトレード前には必ず確認してくださいね。

10/7(月)の夜は、指標発表、イベントの予定はありません。

10/8(火)の夜は、

21:30 (米)生産者物価指数(PPI/コア指数、食品・エネルギー除く)9月
26:50 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
家族旅行、出張でポイントがたまります!

FXトレードの待ち時間はウクレレでリラックス