ユーロドル4時間足25MAからの戻り売り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の週足はドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル共に陰線でした。いずれも2週連続の陰線です。

ドル円は月足三角保ち合いの上限112.4円付近に上ヒゲではじかれ強く下降となっています。

ユーロ円、ポンド円、豪ドル円はほぼ連動した動きになりました。4時間足の上昇トレンドラインを下抜けて、日足レンジの下限付近まで下降してきています。

ユーロドルは1.12ドルを下抜けて日足の直近安値を更新しています。下降基調でほぼ1年間週足の25MAをしっかり上抜けることができていません。

ファンダメンタル面では、米四半期GDPが予想外のポジティブサプライズで瞬間的にドル買いとなるも失速となりドル売りなどが気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は4/23ユーロドルで、先週の急落からの反発戻り売りタイミングを狙って、売りエントリーするトレードとなります。

先週4/18の急落から緩やかな戻りとなっていましたが、4時間足25MAを上抜けることができずに、もみ合いとなっていました。1時間足で見てもダブルトップが形成されていましたので注目していました。


 


赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、21:35頃、直近のもみ合いレンジを下抜けてきましたので、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

損切りは4時間足25MAの少し上、1.126ドルで逆指値です。

エントリー後は、5MAに沿ってきれいに下降してくれました。そして、日足レンジ下限が近づき、長めの下ヒゲが出ましたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

ユーロドルは週足、日足で下目線ですので、今回のような4時間足の流れだと5分足でのエントリータイミングはとりやすいように思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事ですよ。

明日4/28~5/6は悠々自適時間でのんびり休むため、トレードはせず、ブログもお休みとさせていただきます。

ブログ再開は5/8「トレンドですか?レンジですか?」の予定です。

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう