今週も大波に注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:110.0円 終値:110.8円
先週高値:110.9円 安値:109.7円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:124.2円 終値:124.3円
先週高値:125.0円 安値:123.7円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:145.3円 終値:144.4円
先週高値:146.5円 安値:143.8円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:77.9円 終値:78.7円
先週高値:79.0円 安値:77.5円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.129ドル 終値:1.122ドル
先週高値:1.133ドル 安値:1.121ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週は各通貨まちまちの動きでした。

イギリスEU離脱問題、アメリカ金利先安、ユーロ圏経済減速、米中通商摩擦などのニュースで波の大きな相場となり、ドル円は上昇基調、ユーロ円はもみ合い、ポンド円はしっかり下降、豪ドル円は上昇もみ合い、ユーロ円は下降基調でした。

但し、日足レベルではほぼレンジ継続です。

<今週のドル円>

日足で意識される水平ライン109.9円付近から反発上昇となっています。111.0円をしっかり超えてくると、111.5円付近を目指す展開になる可能性は考えられます。

週足高値は切り下がってきていますのでそれ以上は重くなると思われます。111円を超えられない場合も110円台のレンジになる可能性が高いと思います。

<今週のユーロ円>

年初急落後の日足レンジの下限付近でで踏みとどまっている感じです。ユーロ圏の景気減速懸念などから123.5円を下抜ける展開になると下げが加速する可能性には留意が必要です。

ユーロが上昇できる可能性は低いように思いますが、上限は先週4時間足のヒゲで止められた125.0円付近でしょうか。

<今週のポンド円>

一時はメイ首相のEU離脱修正案が議会承認される雰囲気がありましたが、結局3度目の議会採決でも否決となり、合意無きEU離脱の可能性が高まっています。

ポンドの売り圧力は高まっていると考えられますので、ポンド円は、4時間足安値143.6円付近を下抜けてくると、一気に141.0円が視野に入りますのでご注意ください。

乱高下も考えられますのでエントリーを控えた方が無難です。

<今週の豪ドル円>

4時間足で三角保ち合いの様子が見られます。先週は上昇となっていますが、もみ合いの波の様子からは今週は下げでしょうか。

4/2豪準備銀行(RBA)理事会の政策金利発表が予定されており、利下げ方向への転換が示唆された場合は、下げ圧力の高まりに注意が必要です。

<今週のユーロドル>

日足レンジの下限付近でで踏みとどまっている感じです。1.12ドル付近のサポートはなかなか強力なので簡単には下抜けられないと考えます。

ネガティブサプライズが無い限りは、1.12~1.13ドルを中心としたレンジで動くように思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

欧州は今週から夏時間です。2021年から夏時間は廃止とのことですが。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/1
21:30 (米)小売売上高 2月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 3月

4/2
12:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

4/3
21:15 (米)ADP雇用統計 3月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)3月

4/4
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

4/5
15:00 (独)鉱工業生産 2月
21:30 (米)雇用統計 3月

に注目したいと思います。金曜日は大注目のアメリカ雇用統計です。
引き続き、ユーロ圏経済指標としてドイツ鉱工業生産は要注意です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

4/1(月)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)3月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)3月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)3月
18:00 (欧)雇用統計 2月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)3月
21:30 (米)小売売上高 2月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)3月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 3月
23:00 (米)建設支出 2月
23:00 (米)企業在庫 1月

4/2(火)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)3月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI)2月
21:30 (米)耐久財受注 2月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ポイントバケーションリロのリゾート体験宿泊
お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


25MAサポートからの上昇をとらえる – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は先週の下げからの動きが各通貨まちまちでした。ドル円は少し落ち込む場面もありましたが上昇、ユーロ円はもみ合いでしたが振れ幅は大きかったです。ポンド円はやはりEU離脱がらみの急変動が発生し、週を通してではしっかり下降、豪ドル円は上昇もみ合い、ユーロ円は下降基調でした。各通貨ペアともに波は大きかったので、損切り幅を大きめにして、その分、ロットを小さくする資金管理ができれば、振り落とされないで、トレードできたのではないでしょうか。エントリーのタイミングはやや難しかったかもしれません。

ファンダメンタル面では、米中通商協議、イギリスEU離脱関連が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は3/28ドル円で、日足で意識された110.0円付近から上昇開始後、25MAにサポートされる動きを確認して、買いエントリーするトレードとなります。

その日は夕方に、直近もみ合いレンジ上限と25MA上抜けてきていましたので、N字エントリーのできるポイントが来ないか注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25EMA 青実線:100MA
ピンク実線:200MA
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」
サインツール:直近高値&安値更新インジケーター
MT4サインツールのサンプルプログラム参照

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、25MAから乖離して上昇したローソク足が失速し、25MAまで落ちた後、しばらくは25MAにサポートされる動きが続いていました。一瞬、25MAを下抜けて5分足で意識された水平ラインからの跳ね返りがあり、その後、再び25MAから上放たれる様子が見られましたので、買いエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、少し下がる場面もありましたが、5分足で意識された水平ラインを下抜けることは無く、再び上昇勢いが出ると5MAにサポートされて、思惑通り伸びてくれました。そして、ローソク足が5MAを完全に下抜け、次の足が下げ始めたので、決済としました。(チャート内、□の部分)

25MAサポートからの上昇は好きな動きで、今回のように5MAの上を維持している限りは、ついていくようにしています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増

そろそろ戻り売り警戒か – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は今週はユーロドルを除き、先週の下落に対して反発でスタートしました。ドル円、ユーロ円、ポンド円は4時間足で上ヒゲ発生などで上昇勢いは弱くなってきていますのでどこで折り返しの波を作るのか確認して方向性を見極めていきたいところです。豪ドル円は急激な戻しで先週の下降分を完全に取り戻しました。しかし、ここから上は重たくなりますので一旦、調整となるかもしれません。ユーロドルは4時間足25MA付近からもう落ちてきています。3/7の安値1.1175ドル付近を下抜けてくる可能性もあると思います。

注目したいニュースとしては、米10年債利回り下げ止まり?、メイ首相のEU離脱協定案の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>
アメリカは夏時間です。ユーロ圏も来週から夏時間です。

3/27(水)の夜は、

17:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)貿易収支 1月
23:00 (米)四半期経常収支 10-12月期

3/28(木)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 2月
19:00 (欧)経済信頼感 3月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)10-12月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・確定値 10-12月期
21:30 (米)四半期コアPCE・確定値 10-12月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)3月
23:00 (米)住宅販売保留指数 2月

3/29(金)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 3月
18:30 (英)消費者信用残高 2月
18:30 (英)マネーサプライM4 2月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)10-12月期
18:30 (英)四半期経常収支 10-12月期
21:30 (米)個人所得 2月
21:30 (米)個人消費支出(PCE)1月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 3月
23:00 (米)新築住宅販売件数 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 3月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

3/22の金曜日公表された3/19取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけてみています。

円/ドル
買い 20,081 (-2,063)
売り 79,302 (-1,623)

ユーロ/ドル
買い 141,700 (-10,157)
売り 219,404 (-8,198)

ポンド/ドル
買い 30,157 (+230)
売り 43,931 (-22,692)

豪ドル/ドル
買い 20,513 (-4,927)
売り 72,415 (+3,276)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

XMのゼロカットシステム
– 相場急変でも追証の発生なし