今週も大波に注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:110.0円 終値:110.8円
先週高値:110.9円 安値:109.7円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:124.2円 終値:124.3円
先週高値:125.0円 安値:123.7円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:145.3円 終値:144.4円
先週高値:146.5円 安値:143.8円
先週1時間足チャート型:しっかり下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:77.9円 終値:78.7円
先週高値:79.0円 安値:77.5円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.129ドル 終値:1.122ドル
先週高値:1.133ドル 安値:1.121ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週は各通貨まちまちの動きでした。

イギリスEU離脱問題、アメリカ金利先安、ユーロ圏経済減速、米中通商摩擦などのニュースで波の大きな相場となり、ドル円は上昇基調、ユーロ円はもみ合い、ポンド円はしっかり下降、豪ドル円は上昇もみ合い、ユーロ円は下降基調でした。

但し、日足レベルではほぼレンジ継続です。

<今週のドル円>

日足で意識される水平ライン109.9円付近から反発上昇となっています。111.0円をしっかり超えてくると、111.5円付近を目指す展開になる可能性は考えられます。

週足高値は切り下がってきていますのでそれ以上は重くなると思われます。111円を超えられない場合も110円台のレンジになる可能性が高いと思います。

<今週のユーロ円>

年初急落後の日足レンジの下限付近でで踏みとどまっている感じです。ユーロ圏の景気減速懸念などから123.5円を下抜ける展開になると下げが加速する可能性には留意が必要です。

ユーロが上昇できる可能性は低いように思いますが、上限は先週4時間足のヒゲで止められた125.0円付近でしょうか。

<今週のポンド円>

一時はメイ首相のEU離脱修正案が議会承認される雰囲気がありましたが、結局3度目の議会採決でも否決となり、合意無きEU離脱の可能性が高まっています。

ポンドの売り圧力は高まっていると考えられますので、ポンド円は、4時間足安値143.6円付近を下抜けてくると、一気に141.0円が視野に入りますのでご注意ください。

乱高下も考えられますのでエントリーを控えた方が無難です。

<今週の豪ドル円>

4時間足で三角保ち合いの様子が見られます。先週は上昇となっていますが、もみ合いの波の様子からは今週は下げでしょうか。

4/2豪準備銀行(RBA)理事会の政策金利発表が予定されており、利下げ方向への転換が示唆された場合は、下げ圧力の高まりに注意が必要です。

<今週のユーロドル>

日足レンジの下限付近でで踏みとどまっている感じです。1.12ドル付近のサポートはなかなか強力なので簡単には下抜けられないと考えます。

ネガティブサプライズが無い限りは、1.12~1.13ドルを中心としたレンジで動くように思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、ショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

欧州は今週から夏時間です。2021年から夏時間は廃止とのことですが。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/1
21:30 (米)小売売上高 2月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 3月

4/2
12:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

4/3
21:15 (米)ADP雇用統計 3月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)3月

4/4
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

4/5
15:00 (独)鉱工業生産 2月
21:30 (米)雇用統計 3月

に注目したいと思います。金曜日は大注目のアメリカ雇用統計です。
引き続き、ユーロ圏経済指標としてドイツ鉱工業生産は要注意です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

4/1(月)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)3月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)3月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)3月
18:00 (欧)雇用統計 2月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)3月
21:30 (米)小売売上高 2月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)3月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 3月
23:00 (米)建設支出 2月
23:00 (米)企業在庫 1月

4/2(火)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)3月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI)2月
21:30 (米)耐久財受注 2月

の経済指標発表、イベントが予定されています。