EU離脱がらみでポンド大荒れ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

全体的に先週の大きな下降に対する反発の動きとなっています。1時間足や15分足では上昇トレンドですが、大きく狙わずに、効いている水平ラインをしっかり確認して小幅に取っていくのがよいと思います。ポンド円はEU離脱がらみの報道で大荒れですね。喜平はポンドのアグレッシブな動きは好きですが、近寄りがたい感じです。

注目したいニュースとしては、引き続き、イギリスEU離脱の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>
今週からアメリカは夏時間です。

3/13(水)の夜は、

19:00 (欧)鉱工業生産 1月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)生産者物価指数(PPI)2月
21:30 (米)耐久財受注 1月
23:00 (米)建設支出 1月

3/14(木)の夜は、

21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
21:30 (米)輸出入物価指数 2月
23:00 (米)新築住宅販売件数 1月

3/15(金)の夜は、

19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)2月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 3月
22:15 (米)鉱工業生産 2月
22:15 (米)設備稼働率 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 3月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

3/8の金曜日公表された3/5取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。連邦政府機関が閉鎖されていた影響で情報更新が遅れていましたが、やっと追いつきました。

円/ドル
買い 33,421 (+6,056)
売り 84,727 (+17,708)

ユーロ/ドル
買い 155,922 (+12,075)
売り 234,088 (+17,786)

ポンド/ドル
買い 34,620 (-5,123)
売り 69,549 (-9,457)

豪ドル/ドル
買い 22,597 (+3,795)
売り 63,338 (+8,793)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買