ユーロ円、ポンド円は日足上昇転換なるか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。
先週より、トレンド、レンジ判断については、高値、安値の切り上げ、切り下げの目線を重視する方法に変更しています。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:110.6円 終値:111.9円
先週高値:112.1円 安値:110.4円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:125.4円 終値:127.2円
先週高値:127.5円 安値:125.3円
先週1時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:144.6円 終値:147.9円
先週高値:148.6円 安値:144.3円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:78.9円 終値:79.3円
先週高値:79.8円 安値:78.9円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:1.133ドル 終値:1.136ドル
先週高値:1.142ドル 安値:1.133ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週はドル円、ユーロ円、ポンド円で日足の高値や下降トレンドラインを上抜けるリスクオンの動きが見られ、ユーロ円、ポンド円では週足、日足で上向いてくる可能性が感じられます。豪ドル円はもみ合いですが、日足チャートの形はユーロ円と似ており、米中通商協議がリスク回避方向に進展すれば、上向き傾向に変わってくるように思われます。ユーロドルはまだ方向性も明確でなくもみ合い継続です。

<今週のドル円>
好調な四半期GDPを背景にした強いドル買いは勢いが4時間足で衰えてきています。108.5円付近から大きな調整もなく上げてきていますが、週足、日足ではそれなりに勢いはあるので、なにかネガティブな情報が入るまでは、やや上昇~もみ合いになる可能性が高いかもしれません。週足でここ2年ほど動きを見ると、112.0円は意識されている水平ラインですので、買い方、売り方の攻防を見極めたいと思います。

<今週のユーロ円>
126円台ってローソク足の滞在期間が短いエリアですね。今回も簡単に上抜けて127円台まで来ました。しっかり上げてきているので、127.0円前後ででサポートされると、底堅い上昇で128.0円を目指す可能性もあると思います。個人的には25MAでの反発を期待です。

<今週のポンド円>
先週は週足の下降トレンドラインを上抜けました。不透明感が続くEU離脱問題ですが、市場は楽観的な見方なのでしょうか。2月中旬くらいから8円近く上がりました。日足エリオット第3波の勢いは感じられますので、日足高値の149.5円付近~150円を目指す可能性はあると思います。しかし変動の大きさも予測されるので、飛び乗り高値つかみで損切りならないよう注意したいと思います。

<今週の豪ドル円>
4時間足で79.8円付近を上限とした三角保ちあいとなっています。少し目に付くのは逆ヘッドアンドショルダーですが、80円台にしっかり乗せて日足でも上昇トレンドの勢いがついて欲しいところです。

<今週のユーロドル>
方向感の出ないもみ合いがが継続していますので、あまり注意しては見ていないのですが、4時間足では長めの上ヒゲも出ており、ヘッドアンドショルダー型から短期の売りタイミングはあるかもしれません。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、下抜けショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のロングを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

3/5
12:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

3/6
09:30 (豪)四半期国内総生産(GDP)10-12月期
22:15 (米)ADP雇用統計 2月

3/7
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)10-12月期
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

3/8
未定 (中)貿易収支 2月
22:30 (米)雇用統計 2月

に注目したいと思います。金曜日は米雇用統計の発表ですよ。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

3/4(月)の夜は、

18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)2月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI)1月
24:00 (米)建設支出 12月

3/5(火)の夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 2月
19:00 (欧)小売売上高 1月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)2月
24:00 (米)新築住宅販売件数 12月
24:35 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。