短期上昇気配だが波の見極めが必要 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

各通貨ペアともに週明けはリスクオンの上昇となりましたが、ドル円は失速して逆V字下降、ユーロ円、豪ドル円は上昇もみ合いの様子です。ポンド円は英EU離脱に関する状況が不透明な中、なかなか強い動きですね。日足で直近高値更新となりましたので、週足高値149.7円付近を目指す可能性はありますが、EU離脱がらみの急変動には注意が必要です。ユーロドルもドルの元気なさから、強含みとなっています。
日曜日に想定したダブルトップやヘッドアンドショルダーは崩れ、やや上昇となっていますが、この動きが継続するかどうかに注目したいと思います。トレンドラインを意識し、長期足の戻り売りには注意したいですね。

注目したいニュースとしては、引き続き、米中貿易協議の進展、イギリスEU離脱の行方などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

2/27(水)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 1月
19:00 (欧)経済信頼感 2月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)2月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
24:00 (米)住宅販売保留指数 1月
24:00 (米)製造業新規受注 12月
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

2/28(木)の夜は、

22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)2月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
22:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 10-12月期
22:30 (米)四半期コアPCE・速報値 10-12月期
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分 前週分
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 2月

3/1(金)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 2月
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
18:30 (英)消費者信用残高 1月
18:30 (英)マネーサプライM4 1月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)2月
19:00 (欧)雇用統計 1月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)2月
22:30 (米)個人消費支出(PCE、デフレータ)1月
22:30 (米)個人所得 1月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 2月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 2月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

2/22の金曜日公表された2/5取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。やや古い情報ですみません。連邦政府機関が閉鎖されていた影響で情報更新が遅れています。
今週も2週間分の更新ですので、そのうち追いつきます。

円/ドル
買い 20,752 (-6,249)
売り 52,162 (-8,184)

ユーロ/ドル
買い 145,480 (-1,145)
売り 197,444 (+4,345)

ポンド/ドル
買い 35,111 (-4,160)
売り 68,855 (-5,612)

豪ドル/ドル
買い 18,997 (-2,115)
売り 54,614 (+1,390)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

常に心がけたい相場格言
– 心構えが勝敗を大きく左右する

もみ合いレンジ抜け待ち – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。
今週より、トレンド、レンジ判断については、高値、安値の切り上げ、切り下げの目線を重視する方法に変更いたします。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:110.4円 終値:110.7円
先週高値:110.9円 安値:110.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:124.7円 終値:125.4円
先週高値:125.9円 安値:124.7円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↑
先週始値:142.4円 終値:144.5円
先週高値:145.0円 安値:142.3円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:78.8円 終値:78.9円
先週高値:79.8円 安値:78.3円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.129ドル 終値:1.133ドル
先週高値:1.137ドル 安値:1.128ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週は各通貨ペアともに週足、日足で意識される水平ラインの近辺でもみ合いとなっています。

<今週のドル円>
週足で意識される水平ライン付近でのもみ合いとなっており方向感がでていません。もみ合いを抜けるまで待ち、111.0円を上抜けたら111.4円、110.2円を下抜けたら109.6円ねらいになるでしょうか。

<今週のユーロ円>
4時間足レンジですが、ダブルトップを形成する可能性が出ています。週足、日足は下降トレンドですので下げt劇たらレンジ下限124.2円付近までの動きを捉えたいところです。ダブルトップを上抜けたら、日足高値127.0円ねらいになるでしょうか。

<今週のポンド円>
4時間足では上昇トレンドですが、ダブルトップを形成する可能性が出ています。週足、日足は下降トレンドですので下げてきたら4時間足直近安値141.0円付近までの動きを捉えたいところです。ダブルトップを上抜けたら、日足高値145.8円ねらいになるでしょうか。

<今週の豪ドル円>
4時間足レンジですが、ヘッドアンドショルダーを形成しそうな動きになっています。現在は右肩付近ですので、ヘッドアンドショルダーを形成しにいくのか、崩れて上に抜けるかに注目したいと思います。

<今週のユーロドル>
週足で意識される水平ライン付近でのもみ合いです。週足、日足が下降トレンドですので、下方向の動きを期待したいところですが、日足下限の1.123ドル付近はかなり強力なラインとなっていますので、跳ね返りには注意が必要です。上に抜けた場合は、1.140ドル付近ねらいになるでしょうか。

今週の5分足、15分足のトレードは、1時間足もみ合い抜けを確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、下抜けショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/28
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期

3/1
17:55 (独)雇用統計 2月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)2月
22:30 (米)個人消費支出(PCE デフレーター)12月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 2月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/25(月)の夜は、

24:00 (米)卸売在庫 12月

2/26(火)の夜は、

16:00 (独)GFK消費者信頼感調査 3月
19:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
22:30 (米)住宅着工件数 12月
22:30 (米)建設許可件数 12月
23:00 (米)住宅価格指数 12月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 12月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)2月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 2月
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

~~~~~~~~~~~~~~~

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?

ポンド円1時間足水平ライン上抜け – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週はドル円が大きな材料もなく110円代後半での調整もみ合い、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルはイギリスの合意無きEU離脱回避の可能性から週前半では上げたものの後半はもみ合いになりました。豪ドル円は中国が豪州産石炭の輸入を禁止にするとの報道から大きく動きましたが、週足ローソクは十字線に近い形になりました。

ファンダメンタル面では、米中通商協議で両国の駆け引き、イギリスのEU離脱をめぐる協議で関係各国外相が合意無き離脱回避を模索していることなども気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は2/19ポンド円の1時間足で強い水平ラインとなっていた143.0円を上抜け、一旦サポートを確認してからの上昇を捉えて買いエントリーするトレードとなります。

その日は夕方に1時間足の強い水平ライン143.0円を力強く上抜ける動きがあり、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、18:30頃と20:40頃に143.0円をサポートとして踏み固める動きの後、21:30に移動平均線25MAをしっかり上抜けるローソク足が確定したタイミングで、買いエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、上昇が継続しましたが、上がっては下げ、上がっては下げの動きとなりました。しかしながら、根拠とした25MAがサポートとして効いてくれて力強い上昇となりました。そして午前0時となり、私としては十分な利幅がとれたことによる満足もあり、決済としました。(チャート内、□の部分)

4時間足レンジ内動きでしたが、強い水平ラインからの上昇をしっかり取れてよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック
– スマホで聴けるFX参考書