欧州ネガティブ情報によるリスクオフ注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:109.5円 終値:109.7円
先週高値:110.2円 安値:109.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:125.4円 終値:124.3円
先週高値:125.9円 安値:124.2円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:143.0円 終値:142.0円
先週高値:144.2円 安値:141.1円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:79.3円 終値:77.8円
先週高値:79.8円 安値:77.4円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.145ドル 終値:1.132ドル
先週高値:1.146ドル 安値:1.132ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週はドル円が110円の抵抗がしっかり超えられずもみ合い、ユーロ円、ユーロドルは下降基調、ポンド円、豪ドル円が下降もみ合いですが、4時間足以上では、特にトレンドは出ていません。まだ4時間足~日足レンジ継続です。

<今週のドル円>
米中貿易摩擦の改善期待が後退していますが、ユーロ圏経済の減速やイギリスの合意なきEU離脱への警戒感もあり、ドル円は先週と同レンジでもみ合い継続する可能性が高いと思われます。

<今週のユーロ円>
日足では4連続陰線となっていますが、レンジ下限域にきていますので、多少の反発も想定されます。しかし、2/14のドイツ、ユーロ圏GDP四半期速報値が予想を下回ったり、2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、下降基調再開で、レンジ下抜けの可能性も考えられます。

<今週のポンド円>
4時間足で1月下旬からの緩やかな下降と高値切り下げが継続しています。2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、急変動の可能性は留意しておきたいと思います。140.0円が重要な水平ラインと考えられますので、ここで踏ん張れるか、下抜けてしまうとかなり下げる展開も想定されます。

<今週の豪ドル円>
ロウ豪準備銀行総裁の金利見通し発言で急激な下げとなりましたが、先週後半は少し落ち着きました。しかし、戻りは弱く、レンジ下限付近となっています。米中貿易摩擦の改善期待が後退していることもあり、上値は重くなることが考えられ、2/15の中国消費者物価指数が予想よりも悪い場合、更なる下値を探る展開も考えられます。

<今週のユーロドル>
日足、4時間足の三角保ち合いは下側に抜けました。しかし、レンジ継続で下限域ですので、多少の反発も想定されます。2/14のドイツ、ユーロ圏GDP四半期速報値が予想を下回ったり、2/14に予定されるEU離脱修正案議会採決で否決となり、合意なきEU離脱の警戒もいっそう強まると、下降基調再開で、レンジ下抜けの可能性も考えられます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、レンジ、トレンドライン下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/11
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)10-12月期

2/13
18:30 (英)消費者物価指数(CPI)1月
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)1月

2/14
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
16:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)10-12月期
22:30 (米)小売売上高 12月

2/15
10:30 (中)消費者物価指数(CPI)1月
23:15 (米)鉱工業生産 1月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/11(月)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)12月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)10-12月期
18:30 (英)貿易収支 12月
18:30 (英)鉱工業生産指数 12月
18:30 (英)製造業生産指数 12月

2/12(火)の夜は、

22:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
26:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。