英議会EU離脱案否決 大きな波のレンジ続く – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

年明け暴落の影響は薄れつつあります。各通貨ペアともにほぼレンジとなっていますが、波が大きくなっていますので、エントリー前に1時間足、4時間足のレンジ位置確認は必要です。大陰線、大陽線が出た時はあわてて乗らずに、ニュースを確認してよく見極めるか、次のチャンスを待つのが無難です。
ポンド円はEU離脱がらみで大荒れ。議会採決結果による政局不安懸念で137円代前半まで下落した後、日本時間早朝に賛成202、反対432の大差でEU離脱案が否決されると、140円台まで高騰しました。

注目したいニュースとしては、イギリスのEU離脱議会採決大敗でメイ政権の対応、世界経済減速懸念などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/16(水)の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI)12月
18:30 (英)小売物価指数(RPI)12月
18:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)小売売上高 12月
22:30 (米)輸入物価指数 12月
22:30 (米)輸出物価指数 12月
24:00 (米)企業在庫 11月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 1月

1/17(木)の夜は、

19:00 (欧)建設支出 11月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、コア指数 改定値)12月
22:30 (米)住宅着工件数 12月
22:30 (米)建設許可件数 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

1/18(金)の夜は、

18:30 (英)小売売上高 12月
23:15 (米)鉱工業生産 12月
23:15 (米)設備稼働率 12月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 1月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

12/21の金曜日公表された12/18取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。少し古い情報ですみません。アメリカの米商品先物取引委員会(CFTC)元データがまだ更新されていないのです。

円/ドル
買い 26,957 (+1,462)
売り 129,728 (+6,627)

ユーロ/ドル
買い 147,654 (+1,572)
売り 200,778 (-1,591)

ポンド/ドル
買い 29,162 (-18,487)
売り 89,885 (-183)

豪ドル/ドル
買い 17,970 (+3,450)
売り 53,039 (-7,012)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

世にも恐ろしいスイスフランショック
– 資金管理の大切さ

4時間足もみ合いからのレンジブレイクはあるか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:107.8~109.1円
先週終値:108.6円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週取引:123.4~125.1円
先週終値:124.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
週取引:137.4~139.5円
先週終値:139.4円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:77.0~78.3円
先週終値:78.3円
4時間足チャート型:やや強含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:1.139~1.157ドル
先週終値:1.146ドル
4時間足チャート型:上昇押し

となっています。


ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は、日足で1/3の暴落の影響が残っていますが、4時間足ではほぼもみ合い状態です。ユーロドルは4時間足で直近高値更新となりましたが押しが発生しています。

<今週のドル円>
直近の動きは4時間足はもみ合いですが、12月中旬から続いている日足下降基調は途切れていないと思われます。但し、暴落が長い下ヒゲになっていることで調整上昇となることも考えられますので、先週のレンジ107.8~109.1円をどちらにブレイクするのかに注目したいと思います。

<今週のユーロ円>
直近の動きは4時間足はもみ合いですが、日足の下降トレンドラインが抵抗になっているように感じられ、連続陰線となりました。陰線が更に継続すると、戻り売りが発生する可能性もありますが、もう少し様子を見ていきたいと思います。

<今週のポンド円>
先週末はEU離脱延期の一部報道があり急伸しましたが、その後政府当局者の否定発言がありました。今年もEU離脱に関する発言、ニュースによる急変動は健在ですね。ポンド円はドル円、ユーロ円と同様の動きですので、先週のレンジ137.4~139.5円をブレイクするかに注目しますが、先週終値がほぼレンジ上限ですので、上抜けるか、レンジ内に戻されるかを確認したいと思います。

<今週の豪ドル円>
米中通商協議の進展期待からクロス円の中ではもっとも強い戻りになっています。12/26の日足高値78.6円付近をしっかり上抜けられるかどうかに注目したいと思います。

<今週のユーロドル>
4時間足の押しが移動平均線25MA日足を下抜けています。反転して再び25MAを上抜けて上昇基調を回復できるかに注目したいと思います。反転せずに下降が続くようであれば、日足のレンジ(下限1.12ドル付近)がもう少し継続する可能性が高いと感じます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、レンジブレイクを警戒しつつ、レンジ下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、クロス円のショート、ユーロドルのロングを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

1/14
未定 (中)貿易収支 12月

1/16
18:30 (英)消費者物価指数(CPI)12月
22:30 (米)小売売上高 12月
22:30 (米)輸1出入物価指数 12月

1/18
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)12月
18:30 (英)小売売上高 12月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

1/14(月)の夜は、

19:00 (欧)鉱工業生産 11月

1/15(火)の夜は、

19:00 (欧)貿易収支(季調前、季調済)11月
22:30 (米)生産者物価指数(PPI)12月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 1月
24:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ヨーロッパにいくならここをチェック★リーズナブルだけど安心の日本旅行 海外ツアー♪

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんはどのような環境でトレードされていますか。最近はスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

トレードする機器は単独のパソコンか、タブレットにするのがよいと思います。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいです。タブレットはWiFiモデルもいいですが、LTEモデルで格安SIMが使えるものを選ぶと使用場所を選ばず便利です。

1ヶ月3GBあれば仕事が終わった後のトレードに十分使えます。それで月々900円なら助かりますね。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するものと、au回線を使用するものがあります。新たにタブレットを購入する余裕がなく、機種変更などして使っていないスマートフォンが余っている場合は、それをトレード専用にして格安SIMを契約するのもよいと思います。

ドコモで契約していたスマートフォンならドコモ回線の格安SIM、auで契約していたスマートフォンならau回線の格安SIMが使える可能性が高いと思いますので一度確認してみると良いでしょう。au回線なら古めの端末でも対応するマイネオが良いと思います。



私は以前、機種変更して使わなくなったドコモ端末にIIJmioのSIMを刺して使っていましたが、使い勝手はよかったです。今はIPAD2017のauLTE版を白ロムで購入しましたので、マイネオSIMに変更しました。平日の昼休み時間帯は通信速度が落ちるようですが、夜のトレードでは問題ありません。

高値切り下げの調整下降波を切り取り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は1/3の暴落からの戻り勢いが衰えてきて戻り売りがあるかなと思いきや、レンジで踏みとどまっています。ドル円、ユーロ円、ポンド円は高値を切り下げた状態ですが、豪ドル円は暴落前の価格レンジまで戻りました。ユーロドルは4時間足で安値切り上げ高値更新となっています。

ファンダメンタル面では、米中貿易摩擦解消への動き、FOMC議事録で利上げに対するメンバーの慎重な姿勢を確認、イギリスのEU離脱延期の思惑などの報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は1/8ポンド円で5分足の高値切り下げに合わせて順張りで売りエントリーするトレードとなります。久しぶりに2連続の下降波を切り取ることができました。

その日は暴落からの戻り上昇の勢いが衰える中、ヨーロッパ市場が開く16時頃、1時間足で長い上ヒゲが発生し、その後、高値を切り下げる様子が見られたため注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、20:55頃、15分足25MAが抵抗となり再び高値を切り下げる動きとなり、21:10、5MAを下抜けるローソク足が確定したタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)①

エントリー後は、ややもみ合いが発生するも下がってくれましたが、下降初期ということもあり、直近の安値付近から下ヒゲで反発が見られたため、一旦、決済としました。(チャート内、□の部分)

暴落からの反発とはいえ結構な値幅を戻してきているので、調整の売りがもう少し続くことは考えられるので、チャート分析は継続です。

すると、23:40頃、再び上ヒゲが15分足25MAにぶつかって戻されてきたので、次の足が下がり始めたタイミングで、2回目の売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)②
2回目は、安値を更新したところで期待していた強め陰線が発生してくれましたが、その後はもみ合いの様子が感じられたこと、0時をまわっていることもあり、決済としました。(チャート内、□の部分)

分割とはいえ、年明けの早々のトレードで利幅が取れてよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

心(メンタル)のコントロール
– FXで一番大切なこと