上位足下降中のもみ合いレンジ切り下げ狙い – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は全体的にリスクオフとなり、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は弱含みから下降基調、ユーロドルは上昇押しとなりました。NYダウも週足で約1600ドルの下落となり、直近安値を更新する動きとなっています。来年は米ドル利上げも頭打ちになりそうですし、ファンダメンタルズでネガティブ情報が多くなっているような感じがします。来年はどうなるかわかりませんが、ドル円、クロス円の週足が下降トレンド入りすることも想定しておきたいです。

ファンダメンタル面では、FOMC今後の利上げ予測、マティス米国防長官の辞任にる地政学的リスク増大懸念、NYダウ大幅下落、原油先物続落などの報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は12/19ポンド円で5分足のもみ合いレンジ崩れの下降波に乗るトレードとなります。今年の最終は好きなポンド円で締めたいと思います。

ポンド円は4時間足で下降基調ながら5分足から15分足ではもみ合いレンジとなっていました。17:00頃からレンジ上限からの下落が、18:30頃に少しだけもみ合いレンジを下抜けてきましたが、その後の反発で25MAをしっかり越えることができず、レンジ切り下げの動きを感じましたので注目していました。


 

赤実線:5MA (黄緑実線:25MA)表示忘れ 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、20:00前後に、25MA付近で2回上ヒゲの長いローソク足となり、20:15に25MAを下抜ける陰線が確定したタイミングで、売りエントリーしました。(チャート内、○の部分)

エントリー後は、少し下がるもまだもみ合いが残っており、反発が見られましたが、25MAをしっかり上抜けてくることはなく、高値を切り下げる様子で再び、下降が始まりました。
節目の142.0円を下抜けてからは勢いも増し、思惑通り下げてくれました。そして22:35長い下ヒゲが確定したところで、決済としました。(チャート内、□の部分)
141.5円くらいまでの下げを期待していましたが、12/12頃の安値が早めに意識されたような感じでした。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

本日で今年の最終ブログ投稿とさせていただきます。
来週は欧米がクリスマス休暇に入り相場の動きも悪くなりますので喜平はトレードをお休みします。

今年もプチ悠々自適時間は持てましたが、来年はさらにゆとりある精神的自由、経済的自由、時間的自由の獲得を目指して、がんばってトレードしていきたいと思います。

年明けは1/6トレード準備と独り言をブログ初めにしたいと思います。

皆さまもよき新年を迎え、ともに勝ち組トレーダーとなれるようお祈りいたしております。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

初めてのFX Q&A
– 初心者の疑問にお答えします

ドル円下降も4時間足レンジ内の動き – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

今回の投稿からワードプレス5.0の新エディターで書こうと思ったのですが、使いにくすぎてわかりません(笑)
仕方がないので、プラグインのClassic Editorをインストールして書きます。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は週明けから1時間足で下降基調が続いています。ユーロ円、ポンド円は一旦上げたのですが、その後は軟調な展開です。豪ドル円は原油先物安の影響もあり弱含み。ユーロドルは上昇基調です。但し、4時間足ではいずれの通貨ペアもレンジ範囲内の動きですので、4時間足レンジで上限付近、中間付近、下限付近といった位置を確認してトレードしたいと思います。

注目したいニュースとしては、米トランプ大統領のFRB批判、FOMC利上げ、米長期金利低下、原油先物安などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

12/19(水)の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI)11月
18:30 (英)小売物価指数(RPI)11月
18:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)11月
18:30 (英)消費者物価指数(CPIコア指数)11月
19:00 (欧)建設支出 10月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)四半期経常収支 7-9月期
24:00 (米)中古住宅販売件数 11月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
28:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

12/20(木)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前、季調済) 10月
18:30 (英)小売売上高 11月
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 11月

12/21(金)の夜は、

18:30 (英)四半期経常収支 7-9月期
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)7-9月期
22:30 (米)耐久財受注 11月
22:30 (米)四半期GDP個人消費・確定値 7-9月期
22:30 (米)四半期コアPCE・確定値 7-9月期
24:00 (米)個人消費支出(PCE)11月
24:00 (米)個人所得 11月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)12月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 12月

が予定されています。水曜日の深夜にFOMC政策金利発表、パウエルFRB議長定例記者会見は大注目です。
ポジションの持ち越しはご注意ください。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された12/11取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 25,495 (-7,222)
売り 123,101 (-19,382)

ユーロ/ドル
買い 146,082 (+1,223)
売り 202,369 (-3,266)

ポンド/ドル
買い 47,649 (+3,714)
売り 90,068 (+6,383)

豪ドル/ドル
買い 14,520 (-2,223)
売り 60,051 (-7,447)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

喜平は12/24~1/4までトレードをお休みの予定です。そのため、年内ブログは12/22ベストトレード根拠を最終とし、年明けは1/6トレード準備と独り言をブログ初めにしたいと思います。

FXとは
– 外貨預金との違い

FOMC利上げでドル買いは? – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週取引:112.2~113.7円
先週終値:113.4円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:128.0~129.2円
先週終値:128.2円
4時間足チャート型:弱含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
週取引:141.1~143.9円
先週終値:143.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:80.7~82.2円
先週終値:81.3円
4時間足チャート型:上昇押し

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.127~1.144ドル
先週終値:1.130ドル
4時間足チャート型:弱含み

となっています。


先週も大きな波の多いもみ合いが継続している感じでした。ただドル円は日足200MAが上昇、その他ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルは、日足200MAが下降する中でのもみ合いとなっています。

<今週のドル円>
日足で安値切り上げ、高値切り下げの両方が発生していますが、日足100MAは上昇しています。今週のFOMC利上げは既に織り込まれていると思われますが、利上げ継続期待が抑えられると、週足高値レジスタンス114.5円を超えてくるのは難しいかもしれません。まずは4時間足レンジ内の位置を確認していきたいと思います。

<今週のユーロ円>
先週末にECBドラギ総裁が低調な経済指標に警戒感を示したことで、ユーロ円は大きく下げましたが、4時間足ではレンジ内の動きです。日足で見ても大きく崩れるような気配も出ていないので、4時間足レンジ下限127.6円付近を大きくした抜けない限り、レンジ内反転の動きに注目したいと思います。

<今週のポンド円>
4時間足で高値を切り下げて、安値を更新する下降トレンドとなっています。英メイ首相は退陣を免れましたが、国内政局流動化、EU離脱の先行きは不透明なっており、引き続き、上値が重く、下値を探ろうとする展開が続くのかも知れません。

<今週の豪ドル円>
先々週の大きな下落は落ち着きましたが、日足25MAを上抜けることができませんでした。4時間足の下降が押しなのか、戻り売りかの判断が難しい状況ですので、もう少しローソク足が進んで、見極めがついてから上昇狙いか、下降狙いかを判断したいと思います。

<今週のユーロドル>
日足では下降トレンドが続いています。日足直近安値1.121ドル付近を下抜けてくる展開になると、FOMCの利上げにより金利差は更に拡大する影響もあり、1.10ドルを目指すかもしれません。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認しつつ、レンジ下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。4時間足、日足では、チャンスがあれば、豪ドル円のロング、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

12/19
18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 11月

12/20
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
04:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
09:30 (豪)雇用統計 11月
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

12/21
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)7-9月期
22:30 (米)耐久財受注 11月
22:30 (米)四半期GDP個人消費・確定値 7-9月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

12/17(月)の夜は、

19:00 (欧)貿易収支(季調前、季調済) 10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、コア指数、改定値)11月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 12月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 12月

12/18(火)の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 12月
22:30 (米)住宅着工件数 11月
22:30 (米)建設許可件数 11月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

喜平は12/24~1/4までトレードをお休みの予定です。そのため、年内ブログは12/22ベストトレード根拠を最終とし、年明けは1/6トレード準備と独り言をブログ初めにしたいと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさん、ワインはお好きですか。私は大好きです。ビールよりも少しリッチな感じになりますし、おつまみもちょっと良いものを選んでしまいます。特に生ハム、ソーセージ、チーズは最高に合うと思います。

紹介させていただくグルメソムリエは、世界各地の美味しいワイン、生ハム、ソーセージ、チーズなどを扱う専門店です。

食べ物となると品質や健康も気になりますが、直輸入の無添加生ハム原木やオーガニックワイン(BIOワイン)、世界コンクール金賞受賞のチーズ、また、抗生剤・ホルモン剤不使用にこだわったニュージーランド産の羊肉ラム肉など、安心していただけるものばかりです。

生ハム原木の輸入直販では国内最高の品揃えで目移りしてしまいますね。

毎月25日から29日までを「29の日感謝デー」となっており、特別な商品販売やサービスが魅力だと思います。新規会員登録時にすぐにお使いいただけるポイント500円のプレゼントもありますので一度試されてはいかがでしょうか。

高品質なワイン、美味しいおつまみは悠々自適時間にとって無くてはならないものだと思います(笑)