広めレンジの大きい波を見極め – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円は強含み、ユーロドルは弱含みですが、その他クロス円通貨ペアは方向感が弱く、大きい波のもみ合いレンジが続いています。レンジはそれなりの広さがありますので、波をしっかり見極めて、エントリーポイントを探りたいと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易での相互合意なるか、イギリス政局不安、原油先物安などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/28(水)の夜は、

18:00 (欧)マネーサプライM3 10月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:00 (独)GFK消費者信頼感調査 12月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期
24:00 (米)新築住宅販売件数 年率換算件数 10月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 11月

11/29(木)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 11月
18:30 (英)消費者信用残高 10月
18:30 (英)マネーサプライM4 10月
19:00 (欧)経済信頼感 11月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)11月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)11月
22:30 (米)個人消費支出(PCE)10月
22:30 (米)個人所得 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (米)住宅販売保留指数 10月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

11/30(金)の夜は、

19:00 (欧)雇用統計 10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)11月
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 11月

が予定されています。木曜深夜はFOMC議事要旨があります。ポジションを持ち越す方はご注意ください。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された11/20取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 33,462 (-6,730)
売り 133,527 (-8,959)

ユーロ/ドル
買い 157,633 (-4,227)
売り 204,862 (+5,983)

ポンド/ドル
買い 37,710 (-896)
売り 81,188 (-4,525)

豪ドル/ドル
買い 15,968 (-2,832)
売り 75,148 (-3,432)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう

方向感弱いが急変動には要注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:112.3~113.2円
先週終値:112.9円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.8~129.1円
先週終値:127.9円
4時間足チャート型:もみ合い下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
週取引:144.0~145.9円
先週終値:144.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:81.2~82.6円
先週終値:81.6円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.133~1.147ドル
先週終値:1.133ドル
4時間足チャート型:弱含み

となっています。


各通貨ペアともに方向感が乏しくもみ合いとなっています。ユーロ円、ポンド円、ユーロドルはイギリスEU離脱関連や経済指標発表による大きめの変動があったりで、テクニカル分析がややしづらい状況となりました。

<今週のドル円>
4時間足で水平に近い移動平均線25MAのやや上でもみ合いとなっています。今週は米GDP改定値やFOMC議事要旨が予定されていますが、それまではレンジの動きが継続する可能性が高いと思います。イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題など、ユーロ圏のリスクオフ要因による変動にも注意が必要です。

<今週のユーロ円>
4時間足で25MAのやや下でもみ合いとなっていますが、ネガティブ情報に対して大きな下げで反応しやすくなっているように感じます。引き続き、イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題には警戒が必要であること、経済指標が予想を下回った場合、ユーロ圏経済成長鈍化の思惑が広がる可能性もあるので、景況感指数、雇用統計といった指標発表時のポジンション持ち越しは注意しておきたいです。

<今週のポンド円>
4時間足で25MA付近となっており、もみ合いとなっています。EUと合意した離脱草案の議会承認は難しいと見られていますが、英中央銀行は合意なしのEU離脱にも対応できるとの見方を示しています。はたして市場は冷静に動けるのか注目したいと思います。

<今週の豪ドル円>
日足レンジ上限付近のもみ合いから4時間足でやや高値を切り下げる動きとなっています。4時間足25MAを上抜けることができないと、下降トレンドが発生する可能性もあると思います。米中対立の緩和期待が後退していること、原油先物価格の下落が下げ圧力の要因となっていると思われます。

<今週のユーロドル>
日足での下降トレンドが継続しています。イギリスEU離脱問題、イタリア財政問題などがリスクオフ要因のため、日足直近1.12ドル付近までの下げは想定しておきたいと思います。

なかなかテクニカル分析だけでは読みにくい相場ですのでファンダメンタルズを含めた内容になってしまいました。

今週の5分足、15分足のトレードは、レンジの上限と下限を確認しつつ、下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。まだ保有の長いポジンションは持ちたくない感じなので、勢い重視の短期ポジションで急変動リスクは抑えていきます。

今週発表の経済指標、イベントでは、

11/26
18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月

11/28
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期

11/29
17:55 (独)雇用統計 11月

11/30
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
10:00 (中)製造業購買担当者景気指数(PMI)11月
19:00 (欧)雇用統計 10月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

11/26(月)の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月
23:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

11/27(火)の夜は、

23:00 (米)住宅価格指数 9月
23:00 (米)四半期住宅価格指数 7-9月期
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)11月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

少し寒くなりましたね。みなさんは良い睡眠が取れていますか。

寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありですよ。

「まくらる。」は北海道から沖縄まで全国500店舗以上のオーダーメイド枕取扱店を探したり、比較することができます。販売されているチケットはプレゼントにも最適だと思います。



レンジブレイク初期は慎重に – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は全体的にはもみ合いながら、値動きは比較的大きかったように思います。ファンダメンタルズ起因の大陽線、大陰線もありました。金曜日のユーロでは、購買担当者景気指数(PMI)でこんなに下がるのかとちょっとびっくりしました。

ファンダメンタル面では、米利上げ減速見通し、イギリスEU離脱および英議会の動き、イタリア財政問題、原油先物安の報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は11/23ポンド円でレンジブレイクから下降トレンドへの動きを捉えるトレードとなります。今週はポンド円を避けていたのですが、チャートの形がきれいだったのでエントリーしてしまいました。祝日で仕事も休みだったので、ヨーロッパ市場が開くタイミングでトレードすることができました。

ヨーロッパ市場やアメリカ市場が開くタイミングはその他の時間帯より値が動きやすいのでデイトレードには最適だと思います。

ポンド円は朝から約12pipsの狭いレンジで推移していたのですが、14:30頃からレンジを下抜け始めたので注目していました。あまり慣れていない時間帯ですが、方向性はヨーロッパ勢が参加してからはっきりしてくるだろうと考え、しばらく様子見としました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、レンジを下抜けたローソク足が15分足100MAに沿って上昇しましたが、5分足25MAが抵抗になった様子で、頭打ちとなり、16:10頃、長い上ヒゲが発生した後、5分足25MAから落ちてきたので、売りエントリーしました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、やや波打つも25MAをしっかり上抜けることはなく、下降の勢いを加速させていきました。そして、15分足200MA付近でもみ合いとなりましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

レンジブレイクした場合でも、そのブレイクラインが水平ラインとして弱いと再びレンジ内に戻されてしまうことはよくあります。レンジブレイクは慎重な判断が必要です。

やはりポンドの勢いは気持ちがよいです。はやくEU離脱問題を決着して普通にエントリーできるようになって欲しいです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

MT4ツール紹介
– エントリーポイントのサインや自動売買

各通貨ペアともに弱含み – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けから各通貨ペアともに弱含みの動きとなっています。ユーロ円はイタリア財政問題、ポンド円はEU離脱問題などが重石となっているように感じます。豪ドル円も4時間足25MAをキープできずに下降してきました。ユーロドルは4時間足でレンジ上限からの反転下降の動きが感じられます。

注目したいニュースとしては、中国経済鈍化、イギリス政局不安(EU離脱に関する保守党内争い)、イタリア財政問題などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/21(水)の夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)耐久財受注 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 10月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 11月
24:00 (米)中古住宅販売件数 10月

11/22(木)の夜は、

21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)11月

11/23(金)の夜は、

17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)11月

が予定されています。木曜の米小売売上高は要注目経済指標ですよ。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された11/13取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 40,192 (+7,132)
売り 142,486 (+20,304)

ユーロ/ドル
買い 161,860 (+12,887)
売り 198,879 (+3,063)

ポンド/ドル
買い 38,606 (+6,936)
売り 85,713 (-2,756)

豪ドル/ドル
買い 18,800 (-2,025)
売り 78,580 (-8,690)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

インディケーターで楽チントレード
– サインの時だけチャートを見るだけ