まだレンジ傾向、反転の見極めが重要 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円、豪ドル円は15分足で上昇基調となっていますが、まだ4時間足もみ合いレンジを抜け切れているわけではありません。しかも上限付近なので、反転下降に注意が必要です。ユーロ円、ポンド円は、4時間足で下降トレンドとなっていますが、1時間足ではもみ合いとなっており、踊り場の様子です。ユーロドルはいずれの足も直近安値付近です。踏ん張って反発があるのか、下抜けて一段安となるのか注目ですね。

まだレンジ傾向は続くと感じます。15分足で押し目と思っても、1時間足、4時間足のレンジ反転になる可能性もあります。各時間足でレンジのどの辺りにきているのか確認して、エントリー根拠、決済根拠を明確にしていきたいと思います。

注目したいニュースとしては、米中貿易摩擦、米株式市場、イギリスEU離脱などです。11/1発表の英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨、11/2発表の米雇用統計は要注目です。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/31(水)の夜は、

19:00 (欧)雇用統計 9月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)10月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 10月
21:30 (米)四半期雇用コスト指数 前期比 7-9月期
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 10月

11/1(木)の夜は、

18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI)10月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 10月
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
21:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・速報値 7-9月期
21:30 (米)四半期単位労働コスト・速報値 7-9月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
23:00 (米)建設支出 前月比 9月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 10月

11/2(金)の夜は、

17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)10月
21:30 (米)貿易収支 9月
21:30 (米)雇用統計 10月
23:00 (米)製造業新規受注 9月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された10/23取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 29,922 (-174)
売り 122,726 (-7,991)

ユーロ/ドル
買い 149,585 (+8,768)
売り 179,889 (+9,728)

ポンド/ドル
買い 33,299 (+1,146)
売り 80,296 (-2,210)

豪ドル/ドル
買い 20,207 (+358)
売り 90,575 (-765)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

損小利大のための決済ポイント
– 利大は相場で使い分け 

4時間足下降だが日足レンジ下限注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:111.4~112.9円
先週終値:111.9円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:126.6~130.2円
先週終値:127.6円
4時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
週取引:142.8~147.6円
先週終値:143.5円
4時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:78.5~80.3円
先週終値:79.3円
4時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週取引:1.133~1.155ドル
先週終値:1.140ドル
4時間足チャート型:下降基調

となっています。


先週は各通貨ペアともに日足ではほぼレンジながら、4時間足ではドル円がもみ合いながらやや下降、その他は下降基調となりました。NY株価が軟調であることを背景にリスクオフが進行している感じです。

<今週のドル円>
日足25MAの傾きも水平からやや下降になりかけていますが、先週金曜日には長い下ヒゲが発生しました。日足75MA(111.9円付近)から日足25MA(112.8円付近)あたりでのもみ合いとなる可能性が高いと思われます。中国経済の先行き懸念や米中貿易摩擦の長期化による米国企業の業績悪化懸念はかんたんには解消しないと思いますので、調整局面は長引くかもしれません。

<今週のユーロ円>
4時間足で下降の加速感が出ています。イタリア財政問題やECBの利上げ時期が先送りの可能性などネガティブなニュースが多く、日足レンジ下限126.0円付近を目指す展開があるかもしれません。

<今週のポンド円>
ユーロ円同様、4時間足で下降の加速感が出ています。英国内で政治的分裂で合意なきEU離脱の可能性も高まっていることから、日足直近安値140.0円付近を目指す展開があるかもしれません。11/1の英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨で、利上げ継続の方針が明確に示されなかった場合、下降が更に加速する可能性は留意しておきたいです。

<今週の豪ドル円>
4時間足で大きな波の動きとなっています。高値切り下げ、安値更新が続いていますが、先週末は日足直近安値付近で反発上昇して長い下ヒゲが発生しています。この下ヒゲが効けば、日足レンジ内の上昇が見られるかもしれません。4時間足では25MAでひっかかりが感じられますので見極めていきたいですね。

<今週のユーロドル>
先週末は日足レンジ下限近くからの反発上昇となりましたが、4時間足では25MAの手前で勢いを失っています。現状のユーロの弱さを考えると25MAで戻り売りが発生する可能性も高いと思われますが、しっかり見極めてからエントリー判断したいと思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足25MAの下で推移するならショート(売り)、25MAを上抜ける動きが見られたら、レンジ上限、下限からの反転狙い(ロング(買い)&ショート(売り))で考えたいと思います。

4時間足、日足でもチャンスがあればユーロ円、ポンド円のショートを攻めたいですね。

今週発表の経済指標、イベントでは、

10/30
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)7-9月期

10/31
21:15 (米)ADP雇用統計 10月

11/1
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

11/2
09:30 (豪)小売売上高 9月
21:30 (米)貿易収支 9月
21:30 (米)雇用統計 10月

に注目したいと思います。
今週よりヨーロッパが冬時間となり、各発表時間が1時間遅くなりますのでご注意ください。アメリカは1週間遅く、来週の日曜日に冬時間への切り替えとなります。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

10/29(月)の夜は、

18:30 (英)消費者信用残高 9月
18:30 (英)マネーサプライM4 9月
21:30 (米)個人消費支出(PCE)9月
21:30 (米)個人所得 9月

10/30(火)の夜は、

17:55 (独)雇用統計 10月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)7-9月期
19:00 (欧)経済信頼感 10月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)10月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)10月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 8月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)10月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさん、ワインはお好きですか。私は大好きです。ビールよりも少しリッチな感じになりますし、おつまみもちょっと良いものを選んでしまいます。特に生ハム、ソーセージ、チーズは最高に合うと思います。

紹介させていただくグルメソムリエは、世界各地の美味しいワイン、生ハム、ソーセージ、チーズなどを扱う専門店です。

食べ物となると品質や健康も気になりますが、直輸入の無添加生ハム原木やオーガニックワイン(BIOワイン)、世界コンクール金賞受賞のチーズ、また、抗生剤・ホルモン剤不使用にこだわったニュージーランド産の羊肉ラム肉など、安心していただけるものばかりです。

生ハム原木の輸入直販では国内最高の品揃えで目移りしてしまいますね。

毎月25日から29日までを「29の日感謝デー」となっており、特別な商品販売やサービスが魅力だと思います。新規会員登録時にすぐにお使いいただけるポイント500円のプレゼントもありますので一度試されてはいかがでしょうか。

高品質なワイン、美味しいおつまみは悠々自適時間にとって無くてはならないものだと思います(笑)





損切りドテンは福の神? – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、ドル円、豪ドル円がレンジながら安値を更新する展開、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルは下降基調という展開、さらに週末金曜日はリスクオフが一気に進み、どうなるかと思いましたが、深夜にはそれなりに反発上昇しました。

ファンダメンタル面では、米中貿易摩擦の長期化による米企業の業績悪化懸念、欧州中央銀行(ECB)が利上げ開始時期を先送りする可能性、英国内政治的分裂で合意なきEU離脱の可能性の報道が気になるニュースでした。

今週のベストトレード根拠は10/26ドル円で勢い重視の短期トレードとなります。

ドル円は1時間足でレンジ下限付近から上昇の気配を見せていましたので注目していました。しかし、米GDP速報値という重要経済指標発表があったため、その結果を見てからのエントリー判断です。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:30の米GDP速報値発表時間の後、上昇の気配が感じられましたので、買いエントリーしました。(チャート内○の部分)

しかしながら、200MA手前でローソク足の勢いはなくなり、反転下降です。サポートと考えていた25MAでの反発を期待したのですが、22:15頃、残念ながら勢いよく下抜けてしまったので損切りとしました。

継続して他の通貨ペアの動きも合わせて確認していると、ドル円同様に弱気な動きとなっており、22:30頃、NYダウ平均が大幅に下げて始まったのを確認しましたので、112.0円を下抜けてきたタイミングでドテン売りエントリーしました。(チャート内△の部分)

再エントリー後は、もみ合う場面もありましたが、NYダウ平均も続落傾向が続いていましたので、リスクオフ相場は持続すると考え、ポジションキープです。そして、私がトレード終了時刻としている0時を回り、ドル円としては比較的大きな利幅がとれましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

週末のため、ポジションの持ち越しは考えませんでしたが、決済後はNYダウ平均も少し持ち直し、ドル円も急速に反発上昇したようで冷や汗。運がよかっただけですね。「利食いドデンは愚の骨頂。損切りドテンは福の神。」という相場格言があります。今回の場合は、たいした損切りではないので、格言にはあてはまりませんが、福の神に助けられたと思っておきます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ

4時間足25MA攻防は売り方やや優勢か – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

4時間足25MAの攻防では売り方(ベア)がやや優勢で各通貨ペアともにローソク足は25MAの下側に来ています。今週だけで見ると、全体的にリスクオフ相場で下降もみ合い~下降戻りです。しかし、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドルは4時間足、1時間足のレンジ下限付近で、反発上昇の動きも見られます。ポンド円だけちょっと元気ないですね。4時間足で見ても、高値切り下げ、安値更新が続いています。火曜日もニュースで瞬間的に急上昇しましたが、すぐに打ち消されました。

まだレンジ傾向は続くと感じます。4時間足、1時間足でレンジのどの辺りにきているのか確認して、エントリー根拠を明確にしていきたいと思います。

注目したいニュースとしては、引き続き、アメリカ長期金利、米中貿易摩擦、イギリスEU離脱などです。明日25日夜のドラギECB総裁定例記者会見、26日金曜夜の米GDP速報値は要注意です。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/24(水)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
17:00 (欧)マネーサプライM3 9月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (米)住宅価格指数 8月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)10月
23:00 (米)新築住宅販売件数 9月

10/25(木)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 10月
20:00 (トルコ)トルコ中銀、政策金利
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)耐久財受注 9月
23:00 (米)住宅販売保留指数 9月

10/26(金)の夜は、

21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)7-9月期
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 10月
23:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された10/16取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 30,096 (-16,938)
売り 130,717 (-31,518)

ユーロ/ドル
買い 140,817 (-21,498)
売り 170,161 (-8,296)

ポンド/ドル
買い 32,153 (+1,967)
売り 82,506 (-8,187)

豪ドル/ドル
買い 19,849 (-5,747)
売り 91,340 (-7,540)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ