週明け下げは落ち着くも方向感なし – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

今週はもみ合いからやや下げ程度を予想していたのですが、月曜日からズドンと下げました。ドル円、クロス円ともに上値が重い感じでしたので、下げる根拠には反応しやすいですね。イタリア10年債利回りの上昇や株安が下げる根拠となったようです。

大きく下げましたが戻りは弱く、下降もみ合いの様子で、方向感は弱いです。通貨別ではややユーロの弱さを感じます。豪ドルは思っているより底堅い動きで1時間足の25MAが下降から水平に近づいてきています。

月曜日は祝日にもかかわらず出勤日でしたので、大きな下げがあったことを知ったのは18時を過ぎてからでした。普通の会社員にとってヨーロッパ時間は手を出しにくいので、勢い重視のトレードはあきらめていますが、4時間足以上の波をとらえるトレードでは、今回のような下げも取れるようになりたいです。

注目したいニュースとしては、アメリカ長期金利、米中貿易摩擦、イタリア債務問題、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

10/10(水)の夜は、

17:30 (英)貿易収支 8月
17:30 (英)鉱工業生産指数 8月
17:30 (英)製造業生産指数 8月
17:30 (英)月次国内総生産(GDP)8月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)生産者物価指数(PPI)9月
23:00 (米)卸売売上高 8月
23:00 (米)卸売在庫 8月

10/11(木)の夜は、

21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)9月

10/12(金)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 8月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 9月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 10月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された10/2取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 56,074 (+8,821)
売り 170,120 (+38,148)

ユーロ/ドル
買い 164,738 (-7,688)
売り 171,839 (+3,109)

ポンド/ドル
買い 30,786 (-3,982)
売り 90,126 (-11,720)

豪ドル/ドル
買い 20,470 (-1,418)
売り 92,188 (-1,761)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

トレードするためのPC&モバイル環境
– トレード専用端末がおすすめ