ドル円は上昇継続、クロス円は反転下降あるか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:112.4~113.7円
先週終値:113.7円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:131.2~133.1円
先週終値:131.9円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
週取引:146.9~149.1円
先週終値:148.1円
4時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:81.3~82.5円
先週終値:82.1円
4時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.157~1.181ドル
先週終値:1.161ドル
4時間足チャート型:弱含み

となっています。


ドル円は年初来高値を更新して上昇基調となっています。ユーロ円、ポンド円は4時間足で上昇トレンドですが、日足レンジ上限付近です。豪ドル円も4時間足で上昇トレンドですが、9/20頃からもみ合い継続となっています。ユーロドルはドルの強さもあり、4時間足で弱含みとなっています。

<今週のドル円>
日足直近高値を更新し、4時間足でも上昇の強さを感じられます。週足レンジ上限114.5円を目指す可能性があると思います。押し目は拾っていきたい感じですね。週末の大注目経済指標、雇用統計には注意したいと思います。

<今週のユーロ円>
4時間足での上昇トレンドラインを維持していますが、日足レンジ上限付近のもみ合いとなっており、上値が重い感じです。ユーロドルは弱含みとなっているため、その影響も受ける可能性があると思われます。日足25MAや上昇トレンドラインがある130.5円付近までの調整は想定しておきたいです。

<今週のポンド円>
4時間足での上昇トレンドラインを維持していますが、日足200MA、日足レンジ上限付近のもみ合いとなっており、上値が重い感じです。先週の安値146.9円付近までの調整は考えられ、そこを割り込むとトレンド転換の可能性もでてきます。引き続き、EU離脱関連の要人発言による急変動には注意したいと思います。

<今週の豪ドル円>
米中貿易摩擦の影響が高そうなオーストラリア経済ですが、豪ドル円は9月月足陽線となりました。先週は日足100MA付近でもみ合いが続き、上値は重い感じです。現在、日足、4時間足のボリンジャーバンド(期間20)の2σからの反転下降も感じられるので、チャンスがあれば売りで攻めたい感じです。

<今週のユーロドル>
先々週の強含みから一転して先週は弱含みとなりました。ドルの強さはまだ続きそうな気配ですので、今週は更に下げてくる可能性が高いように思われます。4時間足で直近安値の1.1525ドル付近を下抜けてくると、1.13ドル前半を目指す展開があるかもしれません。

今週の5分足、15分足のトレードは、ドル円で押し目を確認してのロング(買い)、その他通貨ペアでは下降勢い根拠の順張りショート(売り)を中心に狙っていきたいと思います。4時間足、日足でもチャンスがあればユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのショートで攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

10/2
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
25:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

10/3
21:15 (米)ADP雇用統計 9月

10/5
21:30 (米)雇用統計 9月

に注目したいと思います。金曜のアメリカ雇用統計は最重要指標ですよ。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

10/1(月)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 9月
17:30 (英)消費者信用残高 8月
17:30 (英)マネーサプライM4 8月
18:00 (欧)雇用統計 8月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 9月
23:00 (米)建設支出 8月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 9月

10/2(火)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 9月
18:00 (欧)生産者物価指数(PPI)8月
25:45 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

紅葉シーズンが迫ってきました。

朝早くから車で紅葉を見に行くのも良いですが、たまにはゆっくり泊まって宿の窓から見える渓流、紅葉、温泉を楽しみたいものです。

精神的にリラックスして、ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。


トレンドラインに近づくポイントで指値エントリー – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、ドル円に上昇勢いがついてついに年初来高値の更新となりました。クロス円は豪ドル円がほぼ横ばいも、ユーロ円、ポンド円が高値を切り下げてきました。ユーロドルはドルの強さの影響で下降基調となっています。

ファンダメンタル面で、FOMC声明に注目が集まりました。利上げ終了の時期は遠くないとの思惑も広がりましたが、現状の主要通貨金利差でも地政学的リスクが大きくならなければドルは買われやすい感じですね。

今週のベストトレード根拠は9/28ユーロ円となります。

今週も、最近少し試している、チャートにできるだけ張りつかないでトレードするIFO注文(「新規ポジションの確保」「利益確定の指値(リミット)」「損切りの逆指値(ストップ)」を同時に発注)でのエントリー根拠となります。

平日の夜に取り組んでいる短期で勢い重視のトレードではなく、15分足、1時間足を見て、ポジション保有半日~1日、いつもより利幅、損切幅を大きく取り、その分ポジションサイズも1/3~1/4としたトレードです。
短期で勢い重視のトレードは私としては勝ちやすいスタイルなのですが、チャートに張りつく必要があるため、時間を取られるのが難点です。疲れますので、できるだけ疲れないで勝てる方法を現在、模索しています。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15MA 黄緑破線:75MA 青破線:300MA ピンク破線:600MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
インジケーター矢印:トレンドレーダーサイン
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

15分足の波はレンジ下限側に来ていたので、上限側に戻るのを待ってエントリーしたいですね。そこで売り指値は、下降トレンドラインより少し下の132.2円、決済指値が131.5円(+70pips)、決済逆指値(損切)が132.6円(-40pips)としてIFO注文したら、あとは放置です。

昼休みにポジションを確認したところ、売り指値は成立しており、ローソク足は思惑通り、下降トレンドライン付近が抵抗になっているように見えました。

その後は、比較的順調に下がってくれたようで、今回は手動決済することなく、19時ごろに指値決済となりました。70pipsゲットでした。

今回のようなまだ緩やかな下降トレンドでは波をしっかり読むことが重要だと思います。安値更新するかしないかのタイミングで売りエントリーしたりすると、反発を食らうことも多いので注意が必要ですね。

放置の場合、決済逆指値は必ず設定してください。どんな方法でも損切は必要だと思います。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX
– その理由とは

全体的に強気な動きも日足レンジ注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

豪ドル円はもみ合いレンジが続いていますが、その他通貨ペアは想定していたより強気な感じです。先週末に合意なきEU離脱で大幅に下げたポンドは、下げ幅の半分程度戻しました。戻り売りが出るかなと思ったのですが、緩やかに上昇しています。但し、いずれにしても日足レンジの上限付近にあることは意識して、1時間足の動きも確認しながら5分足、15分足でのエントリー根拠を見極めたいと思います。

今日の深夜3:00に発表されるFOMCのアメリカ政策金利発表、3:30からのパウエルFRB議長の定例記者会見は要注目です。比較的近い位置に設定した逆指値のストップ狩りにもご注意ください。

注目したいニュースとしては、FOMCの経済見通し、米中貿易摩擦、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/26(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)新築住宅販売件数 8月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

9/27(木)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 8月
17:00 (欧)欧州中央銀行(ECB)月報
18:00 (欧)経済信頼感 9月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 9月
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)4-6月期
21:30 (米)耐久財受注 8月
23:00 (米)住宅販売保留指数 8月
23:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

9/28(金)の夜は、

16:55 (独)雇用統計 9月
17:30 (英)四半期経常収支 4-6月期
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)4-6月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)9月
21:30 (米)個人消費支出(PCE)8月
21:30 (米)個人所得 8月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 9月

が予定されています。水曜深夜のアメリカ政策金利発表、パウエルFRB議長の記者会見は重要イベントです。ポジション持越しの方はご注意ください。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された9/18取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 49,752 (+1,695)
売り 113,507 (+11,564)

ユーロ/ドル
買い 166,468 (+1,829)
売り 164,802 (+11,333)

ポンド/ドル
買い 32,856 (-33,126)
売り 112,114 (-15,047)

豪ドル/ドル
買い 26,231 (-21,999)
売り 94,234 (+1,692)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

初めてのFX Q&A
– 初心者の疑問にお答えします

日足レンジ上限の動きに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:111.3~112.9円
先週終値:112.6円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:130.1~133.1円
先週終値:132.3円
4時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
週取引:146.3~149.7円
先週終値:147.2円
4時間足チャート型:逆V字下降

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:79.8~82.4円
先週終値:82.0円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:1.162~1.180ドル
先週終値:1.175ドル
4時間足チャート型:強含み

となっています。


各通貨ペアともに4時間足で直近高値を更新するなどリスクオンの上昇が継続となっています。しかし週末にイギリスの合意なきEU離脱警戒感から、ポンドが大幅に売られ、相場全体のの上昇傾向に水を差した感じです。各通貨ペアともに日足レンジ上限付近に来ていることを考えると、この上昇傾向が続くのか、反転下降に向かうのかは今週相場の見極めが必要だと思います。

<今週のドル円>
先週末は少し下げて終えたものの4時間足ではしっかりとした上昇基調となっており、25MAの上で推移しています。高値を切り下げる動きが見られるまでは上昇が継続する可能性が高いように思われます。反転上昇が感じられたら、素直に上昇トレンドに乗っていきたいと思います。日足の直近高値113.1円付近での抵抗は想定しておきたいです。

<今週のユーロ円>
4時間足では上昇基調となっており、25MAの上で推移しています。ここ最近、ポンドの動きに影響を受けることが大きかったのですが、先週末はポンド爆下げに対して、大きな下げとはならず、4時間足上昇トレンドをキープしました。イギリスのEU離脱に向けて連動が弱まっていくのかもしれません。4時間足は上昇トレンドなのでドル円同様についていきたいところですが、まだ日足レンジを完全には上抜けていないところが気になります。

<今週のポンド円>
先週末のメイ首相の発言により、合意なきEU離脱への警戒感は一気に高まり大きく下げています。4時間足で25MAと直近安値の下抜けは気になるところです。急激な下げで1時間足でも25MAから下にかなり乖離しているため、自律反発上昇が見られる可能性もあると思いますが、上昇すれば戻り売りの可能性が出てきます。ポンドらしい大きなもみ合いには気をつけたいです。

<今週の豪ドル円>
私がチェックしているクロス円の中では一番上昇する力が弱いと感じていましたが、意外にも上昇基調となっています。しかし、日足下降トレンドライン付近に来ており、反転下降も考えられます。現状の米中貿易摩擦状況を考えると、積極的には買いにくく、売りチャンスがあれば狙ってみたい感じです。

<今週のユーロドル>
4時間足では強含みとなっており、25MAの上で推移しています。ユーロ円同様に上昇を期待したいところですが、日足1.175ドル付近の抵抗が気になります。今週のFOMCでのドル利上げは織込み済みと考えますが、想定以上にタカ派の声明となった場合は、反転下降の注意が必要だと思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足25MAとの位置関係を確認しながら、25MAより上の上昇勢いは順張りロング(買い)、25MAより下の下降勢いは順張りショート(売り)を狙っていきたいと思います。日足でもチャンスがあればユーロ円、ポンド円、豪ドル円のショートで攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

9/24
22:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言

9/26
23:00 (米)新築住宅販売件数 8月

9/27
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 4-6月期

9/28
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)4-6月期

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

9/24(月)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 9月
22:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

9/25(火)の夜は、

22:00 (米)住宅価格指数 7月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 7月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 9月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)9月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

【じゃらん】国内最大級の宿・ホテル予約サイト 国内25,000軒の宿をネットで予約OK! 2%ポイント還元! 家族旅行、出張でポイントたまる!

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんはどのような環境でトレードされていますか。最近はスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

トレードする機器は単独のパソコンか、タブレットにするのがよいと思います。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいです。タブレットはWiFiモデルもいいですが、LTEモデルで格安SIMが使えるものを選ぶと使用場所を選ばず便利です。

私は格安SIMで通信の安定性に定評があるIIJmioを使っていました。1ヶ月3GBあれば仕事が終わった後のトレードに十分使えます。それで月々900円なら助かりますね。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するものと、au回線を使用するものがあります。新たにタブレットを購入する余裕がなく、機種変更などして使っていないスマートフォンが余っている場合は、それをトレード専用にして格安SIMを契約するのもよいと思います。

ドコモで契約していたスマートフォンならドコモ回線の格安SIM、auで契約していたスマートフォンならau回線の格安SIMが使える可能性が高いと思いますので一度確認してみると良いでしょう。au回線なら古めの端末でも対応するマイネオが良いと思います。最近、ソフトバンク回線対応のSIMも出てきて、6ヶ月間333円のキャンペーン価格も魅力的ですね。

私はIPAD2017のauLTE版(中古白ロム購入)でマイネオSIMを使用しています。使い勝手は良好です。