リスクオン継続か 日足レンジ上限に注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

先週からのリスクオンが継続しています。4時間足で各通貨ペアともに25MAが右上がりの勾配となっており、特にユーロ円、ポンド円の1時間足は移動平均線が上から、25MA、100MA、200MAと並び、はっきりとした上昇トレンドの形となっており、かつ25MAより上側で波打つ理想的なチャートです。

米中ともに追加関税を発表し貿易摩擦の深刻化は進んでいますが、市場が慣れてきたのか当初ほどの警戒感は薄れ、大きなリスクオフには発展していませんね。

ただし、日足ではまだもみ合いレンジから上抜けているわけではありません。日足の波はいずれも上限が近い状態に来ていますので、反転の様子が見られた場合は深追い禁物です。

1時間足の25MAより上で波が25MAから上に離れていくタイミングを見計らいたいと思います。25MAを下抜けると様子見になります。

注目したいニュースとしては引き続き、米中貿易摩擦、新興国通貨安、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/19(水)の夜は、

17:00 (欧)経常収支 7月
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)8月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)8月
17:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)8月
18:00 (欧)建設支出 7月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期経常収支 4-6月期
21:30 (米)住宅着工件数 8月
21:30 (米)建設許可件数 8月

9/20(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高指数 8月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 9月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 9月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 8月
23:00 (米)中古住宅販売件数 8月

9/21(金)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月

が予定されています。木曜は要注目です。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された9/11取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 48,057 (+485)
売り 101,943 (+2,439)

ユーロ/ドル
買い 164,639 (-8,696)
売り 153,469 (-11,903)

ポンド/ドル
買い 65,982 (+1,942)
売り 127,161 (-6,492)

豪ドル/ドル
買い 48,230 (+16,458)
売り 92,542 (+16,739)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増