英EU離脱議会採決は要注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週取引:112.2~113.8円
先週終値:112.7円
4時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.6~129.1円
先週終値:128.5円
4時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
週取引:142.8~145.5円
先週終値:143.5円
4時間足チャート型:下降もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:80.6~83.9円
先週終値:81.1円
4時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.131~1.142ドル
先週終値:1.140ドル
4時間足チャート型:もみ合い

となっています。


全体的に大きな波の多いもみ合いが継続している感じです。豪ドル円だけは、週明けからほぼ1本調子で下げました。世界経済減速懸念からかリスクオフ相場の様子となっています。

<今週のドル円>
日足で高値を切り下げてきています。4時間足でレンジ内ながら、現状の下げがレンジ下限112.25円付近で踏みとどまり、反転上昇があるのか、下抜けて次の下値を探るのかに注目したいと思います。

<今週のユーロ円>
4時間足でもみ合いレンジが継続しています。5分足、15分足の小さな波だけでなく、4時間足レンジでの位置も確認していきたいと思います。

<今週のポンド円>
4時間足で大きなもみ合いながら高値を切り下げてきています。今週11日火曜日にメイ政権のEU離脱案承認採決が予定されていますが、否決される可能性が高そうです。採決結果判明後は政局の不安定懸念から大きな変動が発生する可能性は留意しておきたいと思います。

<今週の豪ドル円>
日足レンジ上限83.9円付近からの反転の下落となっています。下落のきっかけとなった米中貿易摩擦解消の停滞懸念、ファーウェイCFO逮捕による対立激化懸念はすぐに収まりそうにもありません。先週の安値80.9円付近をしっかり下抜けてくれば、日足レンジ下限を目指す展開になり、80円を割り込んでくる可能性も考えられます。

<今週のユーロドル>
4時間足レンジの上限1.142ドル付近への上ヒゲ多くなっていることが気になります。反転下降の動きになれば、先週と同様、大きな波のもみ合いが続く可能性が高いと思われます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認しつつ、レンジ下限反転からのロング(買い)、上限反転からのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。12/11はイギリスEU離脱議会採決が予定されていますので、その結果による急変動を避けるため、火曜日はエントリー無しにするかもしれません。

今週発表の経済指標、イベントでは、

12/11
18:30 (英)雇用統計 11月
19:00 (独)ZEW景況感調査 12月

12/12
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)11月

12/13
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

12/14
22:30 (米)小売売上高 11月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

12/10(月)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)10月
18:30 (英)鉱工業生産指数 10月
18:30 (英)製造業生産指数 10月
18:30 (英)貿易収支 10月

12/11(火)の夜は、

18:30 (英)雇用統計 11月
19:00 (独)ZEW景況感調査 12月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 12月
22:30 (米)卸売物価指数(PPI)11月

の経済指標発表、イベントが予定されています。