MT4自動売買 もしも同じ時間に買い続けたら2018年1月~12月

MT4の自動売買プログラム(EA)を使用しての企画もの検証です。

MT4の自動売買プログラムは安定して利益が得られるロジックを考えるのが本来の使い方ですが、一定のルールで売買を行ったらどうなるかという好奇心の検証に使うのもおもしろいと思います。

本当はもっとこのような検証をやってみたいのですが、ネタも時間もなく、久しぶりの投稿がリピートネタですみませんが、2017年9月~11月 もしも同じ時間に買い続けたらの記事の関心が高いようなので続編として2018年1年間検証をまとめたいと思います。

決まった時間に買いエントリーして2時間後に決済するいう条件をMT4自動売買プログラムに組み込み、MT4の機能であるストラテジーテスターをつかって15分足チャートでの検証をしてみました。アメリカは夏時間と冬時間がありますが、アメリカ時間を基準でプログラムを書いていますので、夏時間と冬時間は日本時間で1時間ずれが発生します。

1万ドルを資金とし、1ロット10万通貨のトレードを行った場合の結果をグラフで示します。

期間:2018年1月1日~12月31日
ドル円<買いエントリーのみ>

日本時間6~8時(アメリカ冬時間は7~9時)

勝率 53.1% 損益 -32.8%

日本時間8~10時(アメリカ冬時間は9~11時)

勝率 48.7% 損益 -32.8%

日本時間10~12時(アメリカ冬時間は11~13時)

勝率 49.0% 損益 -8.8%

日本時間12~14時(アメリカ冬時間は13~15時)

勝率 53.9% 損益 +18.5%

日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)

勝率 55.0% 損益 +20.0%

日本時間16~18時(アメリカ冬時間は17~19時)

勝率 45.7% 損益 -52.6%

日本時間18~20時(アメリカ冬時間は19~21時)

勝率 51.2% 損益 +13.3%

日本時間20~22時(アメリカ冬時間は21~23時)

勝率 47.7% 損益 -11.7%

日本時間22~24時(アメリカ冬時間は23~1時)

勝率 48.1% 損益 -24.3%

日本時間0~2時(アメリカ冬時間は1~3時)

勝率 52.7% 損益 +2.7%

日本時間2~4時(アメリカ冬時間は3~5時)

勝率 55.4% 損益 +12.0%

日本時間4~6時(アメリカ冬時間は5~7時)

勝率 43.3% 損益 -2.0%

2018年のドル円年足は始値:112.6円、終値:109.6円、高値:114.5円、安値:104.6円の陰線でしたので、平均すれば全体的にマイナスになると予測していました。

そんな中で、12~14時、14~16時の時間帯は勝率高め、収益も高くなりました。この時間帯は前回の検証でも収益はプラスでした。年足が陰線の中、なかなかよい結果だったと思います。この時間帯はヨーロッパ市場の開く少し前ですね。

反対に朝の8~10時は前回プラス収益だったのに32.8%マイナス収益となり、16~18時は-52.6%、22~24時は-24.3%と大きなマイナスでした。これらは、それぞれ東京市場、ヨーロッパ市場、アメリカ市場の開く時間帯で、市場が開くとドルが売られた傾向があったようです。

前回の検証はここまででしたが、今回は更に突っ込んで、じゃあ、結果のよかった14~16時の時間帯で、買いだけではなく、移動平均線が上昇時は買い、下降時は売りにすると更に収益がよくなるのかということを追加検証します。

日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)
移動平均線5MAが上昇なら買い、下降なら売り

勝率 53.5%(買:58.7% 売:53.5%) 損益 +7.7%

日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)
移動平均線25MAが上昇なら買い、下降なら売り

勝率 48.5%(買:54.0% 売:42.2%) 損益 +8.2%

日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)
移動平均線75MAが上昇なら買い、下降なら売り

勝率 50.4%(買:55.2% 売:45.1%) 損益 +4.7%

なんと、いずれも買いエントリーだけよりも悪くなりました。売りエントリー時の勝率が下がっています。この時間帯は常に買い圧力が強くなるのかもしれませんね。

更に検証を進めます。売りエントリーはしないで、移動平均線上昇の時だけ、買いエントリーした場合は、

日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)
移動平均線5MAが上昇なら買い

勝率 53.9% 損益 +8.5%

日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)
移動平均線25MAが上昇なら買い

勝率 54.7% 損益 +19.3%

日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)
移動平均線75MAが上昇なら買い

勝率 55.6% 損益 +15.7%

という結果でした。収益としては移動平均線の傾きに関係なく、買いエントリーの場合が一番よかったですが、どれを選ぶかというと、ドローダウンの小さい、日本時間14~16時(アメリカ冬時間は15~17時)、移動平均線25MAが上昇なら買いの条件になるでしょうか。

相場の再現性はありませんが、参考にしてトレードすることはできるかもしれません。

MT4が使えるFX会社


XM


FXTF


外為ファイネスト

MT4自動売買 企画プログラム検証一覧 に戻る

ブログ内トピックス一覧 に戻る

カテゴリーMT4