三角保ち合い傾向でもみ合いか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:109.7円 終値:110.4円
先週高値:111.1円 安値:109.7円
先週1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:124.2円 終値:124.7円
先週高値:125.5円 安値:124.2円
先週1時間足チャート型:逆V字下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:141.8円 終値:142.3円
先週高値:143.3円 安値:141.0円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:77.7円 終値:78.8円
先週高値:79.2円 安値:77.7円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:1.132ドル 終値:1.129ドル
先週高値:1.134ドル 安値:1.123ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週はドル円が110円の抵抗がしっかり上抜けて111円に達しましたが、その後は押しが発生しました。ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は週前半は上昇となったものの、後半は伸び悩み、下降戻りの状況です。ユーロドルは日足レンジ下限付近のもみ合いでした。
ファンダメンタルズは不透明な部分が多くなっているので、純粋にテクニカルだけで今週の見通しをまとめてみます。

<今週のドル円>
4時間足で移動平均線25MAや上昇トレンドラインを少しだけ下抜けています。もう少し下がるとヘッドアンドショルダーが形成され、110.3円付近のネックラインを下抜けてくると深めの調整になる可能性もあると思われます。

<今週のユーロ円>
4時間足で三角保ち合いの様子です。水平ライン124.8円付近をしっかり上抜けてくると三角保ち合い上限125.2円付近まで上げてくる可能性もあると思われます。

<今週のポンド円>
4時間足で1月下旬からの緩やかな下降できれいな下降トレンドラインが出ています。現在、直近下限141.0円付近からの上昇となっているので、トレンドラインまで達する可能性もあると思いますが、142.5円付近にも強めの水平ラインがあるので、そのあたりで下降反転してしまうことも考えられます。

<今週の豪ドル円>
4時間足で三角保ち合いの様子です。三角保ち合い上限は79.0円付近となりますが、先週終値の78.8円付近も強い水平ラインがあるので、ここから下げてくるとヘッドアンドショルダー形成の可能性もあり、下向き目線が強くなるかもしれません。

<今週のユーロドル>
日足レンジ下限付近ですが、1.125ドル付近はなかなか強力な水平ラインですので、下抜けにはそれなりのパワーが必要となりそうです。日足で三尊さんも形成されていますので、下抜けには注目したいと思いますが、もみ合いが継続する可能性のほうが高そうに感じます。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きも確認して、水平ライン、トレンドラインもみ合いからの上抜けロング(買い)、下抜けショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ドル円、ポンド円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/19
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
18:30 (英)雇用統計 1月

2/21
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
09:30 (豪)雇用統計 1月
16:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)1月
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

2/22
16:00 (独)国内総生産(GDP、改定値)10-12月期
24:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/18(月)の夜は、特に経済指標発表、イベントは予定されていません。

アメリカ市場はプレジデントデーの休場です。

2/19(火)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前、季調済)12月
18:30 (英)雇用統計 1月
19:00 (欧)建設支出 12月
19:00 (独)ZEW景況感調査 2月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 2月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 2月

の経済指標発表、イベントが予定されています。