もみ合いレンジ抜け待ち – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。
今週より、トレンド、レンジ判断については、高値、安値の切り上げ、切り下げの目線を重視する方法に変更いたします。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:110.4円 終値:110.7円
先週高値:110.9円 安値:110.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:124.7円 終値:125.4円
先週高値:125.9円 安値:124.7円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↑
先週始値:142.4円 終値:144.5円
先週高値:145.0円 安値:142.3円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:78.8円 終値:78.9円
先週高値:79.8円 安値:78.3円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.129ドル 終値:1.133ドル
先週高値:1.137ドル 安値:1.128ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


先週は各通貨ペアともに週足、日足で意識される水平ラインの近辺でもみ合いとなっています。

<今週のドル円>
週足で意識される水平ライン付近でのもみ合いとなっており方向感がでていません。もみ合いを抜けるまで待ち、111.0円を上抜けたら111.4円、110.2円を下抜けたら109.6円ねらいになるでしょうか。

<今週のユーロ円>
4時間足レンジですが、ダブルトップを形成する可能性が出ています。週足、日足は下降トレンドですので下げt劇たらレンジ下限124.2円付近までの動きを捉えたいところです。ダブルトップを上抜けたら、日足高値127.0円ねらいになるでしょうか。

<今週のポンド円>
4時間足では上昇トレンドですが、ダブルトップを形成する可能性が出ています。週足、日足は下降トレンドですので下げてきたら4時間足直近安値141.0円付近までの動きを捉えたいところです。ダブルトップを上抜けたら、日足高値145.8円ねらいになるでしょうか。

<今週の豪ドル円>
4時間足レンジですが、ヘッドアンドショルダーを形成しそうな動きになっています。現在は右肩付近ですので、ヘッドアンドショルダーを形成しにいくのか、崩れて上に抜けるかに注目したいと思います。

<今週のユーロドル>
週足で意識される水平ライン付近でのもみ合いです。週足、日足が下降トレンドですので、下方向の動きを期待したいところですが、日足下限の1.123ドル付近はかなり強力なラインとなっていますので、跳ね返りには注意が必要です。上に抜けた場合は、1.140ドル付近ねらいになるでしょうか。

今週の5分足、15分足のトレードは、1時間足もみ合い抜けを確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、下抜けショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

2/28
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期

3/1
17:55 (独)雇用統計 2月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)2月
22:30 (米)個人消費支出(PCE デフレーター)12月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 2月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

2/25(月)の夜は、

24:00 (米)卸売在庫 12月

2/26(火)の夜は、

16:00 (独)GFK消費者信頼感調査 3月
19:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
22:30 (米)住宅着工件数 12月
22:30 (米)建設許可件数 12月
23:00 (米)住宅価格指数 12月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 12月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)2月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 2月
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。