日足上限付近からの下げはあるか – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:111.1円 終値:111.5円
先週高値:111.9円 安値:110.9円
先週1時間足チャート型:強含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:124.8円 終値:126.3円
先週高値:126.6円 安値:124.5円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:144.3円 終値:148.2円
先週高値:148.9円 安値:143.7円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:78.2円 終値:79.0円
先週高値:79.2円 安値:77.9円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:1.123ドル 終値:1.132ドル
先週高値:1.134ドル 安値:1.122ドル
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

となっています。


先週は各通貨ペアともに先々週の下降を打ち消す上昇となりました。4時間足では上目線になっているのですが、日足上限付近に近づいていますので、切り返す動きには注意が必要と思います。週足でドル円以外は下目線継続であることを忘れていはいけません。

<今週のドル円>
日足ではまだ上昇トレンドを維持していますが、4時間足では上昇勢いが衰えています。まだ下降転換と言える様子ではないのですが、下げ基調となると、高値切り下げになりますので、直近の下ヒゲ安値111.0円付近、場合によっては110.75円付近までまで調整する可能性があると思います。1時間足ではヘッドアンドショルダーがありますが、サポートライン111.4円付近はなかなか固い水平ラインですので、ここをしっかり下抜けるか、反発するかに注目したいと思います。今週のFOMC後のパウエル議長発言で想像以上にハト派よりの内容になると、下げが加速する可能性もあると思います。

<今週のユーロ円>
4時間足では上昇もみ合いです。もみ合いの上限126.6円付近も下限の126.2円付近も意識される水平線となっていますので、どちらかに抜けてくるのを確認してからエントリー根拠を探りたいと思います。

<今週のポンド円>
4時間足では上昇もみ合いです。もみ合い下限の147.4円付近は支持点も多く、固そうな水平ラインですが、上は上で日足レンジ上限が近づいています。ここは一旦、146.0円付近まで調整してくれるのが健全な感じですが、EU離脱がらみの急変動には引き続き注意が必要なため、超短期以外は様子見でいきたいと思います。

<今週の豪ドル円>
日足レンジが継続しています。先週末の終値付近79.0円付近は固い水平ラインに見えます。まだ上側に少し伸び代が残っていますので、N字上昇で4時間足出の高値切り上げ継続となってほしい感じです。

<今週のユーロドル>
先々週は日足安値を更新したのですが、再び元のレンジました。4時間足では上昇トレンドとなっているのですが、1月10日高値からの下降トレンドライン存在は認識しておきたいと思います。このままいくと1.135ドル付近でぶつかります。流れ的には反転下降すると、再度、安値を更新、下方向の勢いが加速する可能性はあると思います。月足、週足も下げ目線ですからね。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値、直近安値までのロング(買い)、下抜けショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。
4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ユーロドルのショートを狙ってみたいと思います。

先週からアメリカは夏時間となっています。お間違えのないようご注意ください。
欧州は今月末まで冬時間継続です。

今週発表の経済指標、イベントでは、

3/19
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表

3/20
08:50 (日)日銀・金融政策決定会合議事要旨

3/21
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

に注目したいと思います。20日深夜のFOMCは大注目です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

3/18(月)の夜は、

9:00 (欧)貿易収支(季調前、季調済)1月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 3月

3/19(火)の夜は、

18:30 (英)雇用統計 2月
19:00 (欧)建設支出 1月
19:00 (独)ZEW景況感調査 3月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 3月
23:00 (米)製造業新規受注 1月

の経済指標発表、イベントが予定されています。