FXの基礎知識 – 用語を覚えてブログの理解を深めよう

FX取引に関する基礎的な知識は比較的簡単に学ぶことができます。本もたくさん出ていますし、ダイヤモンド社から出版されている「ZAI」(ザイ)などの雑誌も有効な知識を得ることができますのでおすすめです。チャートの見方については株と共通する部分も多いので、家に株取引の本があれば読んでみると良いと思います。

私のブログではあまり難しい言葉は使わないように、初心者にもわかりやすく書くことを心がけていますが、ブログを理解するための基礎知識についてまとめておきます。

<トレードスタイル>

・スイングトレード
数日以上ポジションをキープするスタイルです。狙う利幅は50~300pips以上。損切り位置も長い時間足で判断するため、エントリー価格から離れて設定することが多く、必要な資金は数百万円以上となります。主に見る時間足は4時間足、日足、週足です。

・デイトレード
ポジションをキープするのは数分から数時間です。基本的に1日(24時間)以内に決済します。狙う利幅は20~50pips程度。損切り位置は見ている時間足の抵抗ライン、サポートラインがブレイクしたところ、または狙う利幅と同じくらいにすることが多いです。資金は10万円以上は欲しいところです。主に見る時間足は15分足、1時間足、4時間足です。

・スキャルピング
ポジションをキープするのは数秒から長くて1時間くらいだと思います。狙う利幅は5~20pips程度。損切り位置も狙う利幅と同じくらいにすることが多いです。資金は最低数万円となります。小額取引のためには、1000通貨以下から取引可能なFX会社を選ぶ必要があります。主に見る時間足は1分足、5分足、15分足です。
FX会社によっては、10分で数回以上のエントリーと決済を繰り返すようなスキャルピングはシステムに負荷がかかるという建前から禁止されているところもあります。FX会社の「よくある質問」ページなどで確認しましょう。

・ゾーン
恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、ルールを守って淡々とトレードし、ただその瞬間に「するだけ」の境地のこと。トレードスタイルに関係なく、トレーダーが目指すメンタルの目標到達点です。ルールに沿ってエントリー根拠が確定したら、コインを入れてスロットマシーンを回すような。決して「777」がそろう事を期待せず、興奮もせず、淡々とトレードする。トータルで利益を出す為には、1回のトレードで次に何が起こるか知る必要はありません。ゾーンでコツコツドカンは起こりえません。

・コツコツドカン
利益がでたらすぐに決済し小さな利益をコツコツ積み重ねる。損失が出たら決済せずに放置し、結局ドカンと損失が出る。FXで負けてしまう典型的トレードスタイル。
絶対してはいけないのですが、人間の「損をするのはイヤ」「損をしたら取り戻したい」という本能で流されてしまうのです。損切りなど自分が決めたルールをしっかりと守る固い意思が必要です。


<基礎用語>

・通貨ペア
FXは通貨の売買であり、通貨ペアとは、通貨と通貨の組み合わせをいいます。ドル円は1ドル当たり何円の価値か、ユーロ円は1ユーロ当たり何円の価値か、ユーロドルは1ユーロ当たり何ドルの価値かを表しています。このブログでは喜平が売買している通貨ペア、ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円(豪ドル円)、ユーロドルに関する記事を書いています。その他にもトルコリラ円、南アフリカランド円など、多くの通貨ペアがありますが、初心者のうちは世界的に多く取引されていて、急変動の可能性が低い上記通貨ペアで売買することをお勧めします。

・エントリー
売買してポジション(ドル円やユーロ円などの通貨ペアを買ったり売ったりしている状態)を持つこと。
ポジションを持ったら損切りの逆指値注文を入れる習慣をつけましょう。

・損切り
エントリーしたポジションであらかじめルールとして決めた損失がでたら、決済して損失額を確定させること。
損切りが重要であることは、ほとんどの人が頭ではわかっています。でもたまに魔が差すというか、できないことってあるんですよね。そんな時に限って、損失が膨らんでしまい大きく負けてしまいます。
魔が差す正体は何か。それは本能なんです。人間は負けを認めたくない、損は取り返したいという本能があるので、損切りする理性が本能に負けてしまうのと損切りできなくなるのです。しかも、損失額が大きくなるにしたがって痛みが和らぐという性質もあるので大きな負けにつながりやすいのです。本能に負けないため、一に損切り、二に損切りと心に言い聞かせてください。

・ロット
FXトレードでの取引通貨量の単位です。国内FX会社では1ロット=1万通貨(ドル円の場合は1万ドル)、0.1ロット=1000通貨(ドル円の場合は1000ドル)です。トレードツールMT4や海外FX会社では1ロット=10万通貨となりますので注意が必要です。

・トレンド
値動きが上昇か下降かがはっきりしている相場。上昇の場合は上昇トレンド、下降の場合は下降トレンドといいます。トレンドはトレンド初期(上がり始め、下がり始め)なのか、トレンド終盤(もうかなり上がってきてそろそろ反転するなど)なのかを見ることも大事です。
また、メインで見ている時間足だけでなく、1つ、2つ上位足のチャート(5分足メインなら、15分足と1時間足)でも見るようにしましょう。

・レンジ
値動きが上昇か下降かがはっきりせず一定の範囲で上昇、下降を繰り返す相場。相場全体の70%がレンジといわれています。トレンド相場なのか、レンジ相場なのかを把握することはとても重要です。どの時間足でも上昇トレンドや下降トレンドなることは少なく、5分足では上昇トレンド、1時間足ではレンジになっていることも多いですので、いろいろな時間足で判断しましょう。

・レンジブレイク
レンジで動いていた相場が、その範囲を上抜けたり、下抜けたりすること。そのレンジが継続した時間が長いほど、大きく上昇、下降する傾向があります。

・押し目
上昇トレンド相場でトレンド方向に上昇する中、調整のため一時的に下がり、再びトレンド方向に上昇するポイント。押し目での買いエントリーを押し目買いといいます。押し目ならいつでも買いというわけではありません。「初押しは買い」といって、上昇トレンド初期の押しは買いエントリーで成功する可能性が高いですが、上昇トレンド終盤の押しは、荒波になったり、そのまま下降トレンドに転換してしまうこともあるので注意が必要です。

・戻り
下降トレンドで相場でトレンド方向に下降する中、調整のために一時的に上がること。戻った後、再びトレンド方向に下降するポイントで売りエントリーすることを戻り売りといいます。下降トレンドで陰線が連続して急下降している時に売りエントリーすると、急反発の戻りにより、上昇することがあります。そんな時は、戻り売りを待ってエントリーする方が勝率が上がりますよ。


・高値切り上げ、安値切り上げ
上昇トレンドが発生すると最初に起こるのが、レンジ上抜け(レンジブレイク)ですが、それが連続的に発生し、チャートの波が高値を切り上げ、安値をを切り上げながら、上を目指します。そんな時は、チャートの波で押し目を確認してから買いエントリーしましょう。

・高値切り下げ、安値切り下げ
下降トレンドが発生すると最初に起こるのが、レンジ下抜け(レンジブレイク)ですが、それが連続的に発生し、チャートの波が高値を切り下げ、安値をを切り下げながら、下を目指します。そんな時は、チャートの波で戻りを確認してから売りエントリーしましょう。

・高値切り下げ、安値切り上げ
上と似たような用語ですが、状況が全く異なります。レンジ相場で、高値切り下げ、安値切り上げでその価格帯が徐々に狭くなっていくになっていく状態です。三角保ち合いとも言います。
そんな時は、エントリーは控えて、上か下かどちらかにブレイクする、そしてそのブレイクラインがサポートとなって上昇するか、抵抗となって下降するような状況まで待ってください。
ブレイクしてすぐに飛び乗りエントリーするとしっぺ返しを喰らうことがあります。

・買い目線/売り目線
週足、日足での相場の大きな流れで、高値切り上げ、安値切り上げが続いていて移動平均線25MAが上向きであれば買い目線、高値切り下げ、安値切り下げが続いていて移動平均線25MAが下向きであれば、売り目線となります。相場環境を確認する時にとても重要です。

・強い水平ライン
水平ラインとはチャートの波で高値、安値が多く止められていて、小さなもみ合いも発生している価格を水平に引いた線です。4時間足以上で引ける水平ラインは、多くの相場参加者が注目しているため、サポートや抵抗として働きやすく、強い水平ラインと考えてください。目線方向で、強い水平ラインを背にしたエントリーはスイングポジションで利益を得られる可能性が高いです。


・チャネル
上昇トレンドにおいては、ローソク足の安値を直線で結んだトレンドラインと高値を直線で結んだチャネルライン(レジスタンスライン)にはさまれた領域のこと。下降トレンドにおいては、ローソク足の高値を直線で結んだトレンドラインとローソク足の安値を直線で結んだチャネルライン(サポートライン)にはさまれた領域のこと。ローソク足はこのチャネル領域で動くことが多いです。

・ロング
買いエントリーのこと。決済は売りとなります。株の信用取引や先物取引でも使用されます。言葉の由来としては、買いは仕込がから決済までが長くなることからきているようですが、FXではその感覚は当てはまらないと思います。

・ショート
売りエントリーのことでロングの反対語になります。決済は買いとなります。言葉の由来としては、売りは仕込がから決済までが短くなることからきているようです。FXではそうでもないですが、株の信用取引や先物取引では、値上がりは相場の建設、値下がりは相場の破壊となるため、その感覚は当てはまります。

・順張り
トレンド方向に価格が動くことを期待して、トレンド方向にエントリーすること。トレンド相場やレンジブレイクした時にで有効なエントリー方法です。かならずN字エントリーで攻めましょう。

・逆張り
トレンドが反転することを期待して、トレンドとは反対方向にエントリーすること。レンジ相場でその上限や下限付近で有効なエントリー方法です。

・N字エントリー
順張りで、上昇中に飛び乗り買いエントリーしたり、下降中に飛び乗り売りエントリーすると、急に反転して大きな損失が出ることがあります。それを防止するために、飛び乗りは我慢して押しや戻りが発生するのを待ってからエントリーしてください。ダマシにあいにくくなります。

・ローソク足
各時間足(5分足、15分足など)チャートの中で始値、終値、高値、安値を表す縦長のローソク状の図形のこと。

・陽線
終値が始値に対して高い場合のローソク足のこと。上昇トレンドでは連続陽線が出やすくなります。

・陰線
終値が始値に対して安い場合のローソク足のこと。下降トレンドでは連続陰線が出やすくなります。


・pip(ピップ)
値幅を表す単位で、通貨ペアの最少単位の「100分の1」を表します。ドル円の場合は0.01円(1銭)、ユーロドルの場合は0.01セントです。pips(ピップス)は複数形で「20pips取れた」といった使い方をします。ドル円を1万通貨のポジションで20pips取れた場合、0.01円×1万通貨×20pips=2,000円の利益となります。

・リミット(注文)・指値(注文)
現在価格より利益が出る方向の注文で、利益を確保するためにあらかじめ出しておく注文です。レンジ相場ではレンジ上限付近でリミットを入れておきましょう。

・ストップ(注文)・逆指値(注文)
現在価格よりが損失出る方向の注文で、損失を限定するためにあらかじめ出しておく注文です。トレンド相場では抵抗となりそうな価格の少し下にストップを入れることが多いです。

・移動平均線
チャートの中で上記ローソク足の主に終値平均値を結んだ線。
例えば25MAとは直近25本のローソク足終値の平均値を結んでいきます。ローソク足だけ見た場合、高値、安値のバラツキによりジグザグの動きとなりますが、終値の移動のみに注目することにより相場がトレンドかレンジかを判断する材料となります。
よく使われるのが、5MA、25MA、100MA、200MAなどですが、特に25MAは注目されていて、トレンド発生時に、サポートや抵抗として働くことが多いです。

・ボリンジャーバンド
ボリンジャーさんが考えたテクニカル指標。上記移動平均線の高値側、安値側に統計上、想定されるバラツキの範囲を表したもの。例えば2σ(シグマ)では統計から約95.5%がその範囲内に入るとされます。レンジ相場で反転ポイントを判断する材料となります。
ローソク足と反対方向にバンドが大きく開いた時は、トレンドにつながることが多いので逆張りしてはいけません。


・証拠金
FX取引をするための担保となるお金のこと。国内FX会社レバレッジ25倍で1万ドルの取引をする場合、1万ドル÷25倍=約4万円の証拠金が必要となります。海外FX会社レバレッジ100倍で1万ドルの取引をする場合、1万ドル÷100倍=約1万円の証拠金が必要となります。レバレッジの高い方が少ない証拠金しか必要が無いため、大きなトレードをすることが可能です。

・レバレッジ
FX会社の口座に入金したお金を証拠金として、証拠金の数倍~数百倍の通貨を取引することができます。この倍率がレバレッジです。
レバレッジ25倍、100倍といった使い方をします。25倍の場合、資金の25倍まで取引することができます(資金10万円なら250万円)。

・スプレッド
FXで通貨ペアを売買する場合、買うときと売るときの価格差のことです。例えばドル円で買値が105.003円、売値は105.000円であった場合、この差額 0.003円(0.3銭)がスプレッドです。このスプレッドがあるため、1ロット1万通貨を買った瞬間にそのポジションはマイナス30円(0.003円×1万)から始まります。また、経済指標の発表前には、このスプレッドが広がり、通常0.3銭のところ、20銭になったりすることがありますので注意してください。

・スワップポイント
保有しているポジションの通貨ペアで、それぞれの通貨の政策金利差で発生するお金です。例えばドル円の場合、ドルを円建てで取引することですから、ドルの政策金利が年率3%、円の金利が年率0%とすると、ドル円を買うことによりプラスのスワップポイント、売ることによりマイナスのスワップポイントがつくことになります。ドル円買いでは、ドル建外貨預金で利子がつく仕組みと同じです。外貨預金では預金した期間に対して利子がつきますが、FXでは日計り(1日単位)でスワップポイントがもらえたり、差し引かれたりします。

・ロスカット
含み損が大きくなりすぎて資金がマイナスになることを防ぐために自動的に行われる強制決済のこと。資金の残高が必要な証拠金の20~30%となった場合に強制的に行われるFX会社が多いようです。ロスカットは資金がマイナスになることを防止する手段なのですが、あまりにも変動が大きいと、ロスカットが間に合わず、資金がマイナスになることがあります。国内FX会社の場合、資金がマイナスになるとマイナス分の入金を求められます。過去には世にも恐ろしいスイスフランショックで、数百万円の追加証拠金を請求されたトレーダーもいます。手持ち資金めいっぱいで取引することはとてもリスクが大きいことを覚えておきましょう。

基礎知識をしっかり覚えて、初心者卒業を目指しましょう。



ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る