レンジ相場で長い時間足での位置も確認 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、5/23のアジア時間でトルコリラが急落したことをきっかけに相場全体にリスクオフが広がりました。そしてトランプ大統領が中国との通商交渉に満足していないと発言したこと、米朝首脳会談が行われない可能性にも言及したこと、ユーロ圏、イギリスの経済指標が弱かったことなどから、売りが売りを呼ぶ展開となり、各通貨ペアともに大幅な下落となりました。

その後、FOMC議事要旨で、インフレの上昇から年4回の利上げ見通し期待もあり、反発も見られましたが、内容に目新しさが無く、FOMCが利上げを急いでいないことが再確認されると、再び売りが強くなり、下降もみ合いの様子となりました。

5/24にはホワイトハウスが6/12に予定されていた米朝首脳会談の中止を発表しましたが、北朝鮮が態度を軟化させたことにより、トランプ大統領は予定通りに首脳会談が開催される可能性を示唆しました。

ユーロ、ポンドはイタリア、スペインの政局不安を背景に一段安となりました。

今回のベストトレード根拠は5/24ポンド円となります。
その日は、各通貨ペアともに弱気な流れのもみ合いとなっていましたので、レンジ相場対応の取り組みとして、反転下落の動きに注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:40頃、ボリンジャーバンド上限に対して長めの上ヒゲで接触し、その後、連続陰線で移動平均線5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足、1時間足で見てもボリンジャーバンド上限から下側に離れていく様子であったこともエントリー根拠となります。

エントリー直後は、連続陰線で下降勢いがつき、きれいな形で移動平均線5MAにサポートされて、想定以上に下がってくれました。そして、22:35頃、強めの陽線で5MAと.50節目の146.5円を上抜けてきましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

その後、2回目のエントリーも狙っていたのですが、動きが激しくて乗ることはできませんでした (^^;

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)
– 発表時間は事前にチェック

サポートライン下抜けを見極める – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

アメリカは対中関税の実施の先送りし、中国は自動車の輸入関税を従来の25%から15%に引き下げるとの報道があり、米中貿易摩擦は米朝首脳会談を控え、緩和しているように感じます。

今週のFOMC議事要旨は注目されますが、インフレの上昇から、年4回の利上げ期待も強まりつつあり、ドル高の傾向は継続しそうです。しかし、北朝鮮リスクの影響もあるのか、ドルの上値は重たそうですね。

ユーロ円、ポンド円はやや回復の動きが見られるものの、レンジもみ合いの様子です。

私がチャートを見始めたのは20:00頃ですが、ちょうどユーロ円とポンド円で直近のサポートラインが破られそうな気配がありましたので注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、20:20頃、直近サポートライン131.05円付近を下抜けたのですが、節目の131.00円が近かったため、1回目はスルーしました。そして、長めの上ヒゲのある陰線が発生した直後、20:45頃、再び131.00円を下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は移動平均線5MAに沿って下降を続け、移動平均線300MA(15分足100MA)を下抜けたところから急加速し、直近もみ合い付近として指値しておいた130.70円で決済となりました。

急な下降だったので、指値をしておいてよかったです。

1回目のサポートライン下抜けですぐに飛びつくと、反転上昇を喰らうことも多いので注意が必要ですよ。

ポンド円も同じような動きでしたが、15MA(15分足5MA)の勾配に勢いが感じられましたのでユーロ円でのエントリーとしました。

米朝首脳会談は開催が微妙になってきましたね。こちらも目が離せません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/23夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 4月
17:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 4月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 4月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 5月
深夜ですが、
5/24 03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

損小利大のための決済ポイント
– 利大は相場で使い分け

イタリア政局不安でユーロ売り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、ドル円が堅調に111円を目指す動きの中、ユーロ円はもみ合い、ポンド円はやや弱いながらも上昇基調、オーストラリアドル円は資源先高観を背景に上昇、ユーロドルは下降もみ合いの相場でした。

ファンダメンタルズとしては、北朝鮮が米朝首脳会談を前に駆け引きの動きから、アメリカはそれに配慮する姿勢、米中通商協議による今後の貿易摩擦への警戒感、イタリアではポピュリスト政権が誕生し、ユーロ離脱の可能性など、政局不安が注目されました。

今回のベストトレード根拠は5/18ユーロ円となります。ユーロ円は約2ヶ月ぶりの公開です。
その日は18:00過ぎから、イタリア新政権が欧州連合(EU)とは方向性の異なる政策をとるのではないかという警戒感から売りが強くなり、もみ合いレンジを大きく下抜けてきました。私がチャートを見始めたのは、20:00を過ぎていましたが、戻り売りに乗れそうな感じがしましたので、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:30頃、一度直近安値を下抜けた後、少し戻しましたが、21:40に上ひげの長い短い陰線が発生し、さらに強めの陰線が伸びてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、反発するシーンもありましたが、移動平均線5MAを大きく上抜けることも無く、思惑通りに下がってくれました。そして、23:00頃の安値更新で下降勢いが弱く下ヒゲが発生し、週末ということもあり、もみ合いになることを想定しましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ファンダメンタルズで気にするべき情報が多くなっています。経済指標以外にも要人発言による急変には警戒したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

月曜は堅く攻めて波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は5/14月曜日のポンド円5分足チャートです。週明けから米中貿易協議の再開による貿易摩擦緩和への期待、仏中銀総裁がECBの資産購入プログラムへ向けた動きに言及したことなどにより、各通貨ペアともに堅調な動きとなっていました。私がチャートを見始めた20:00頃は上昇が落ち着き、一服状況となっており、移動平均線25MAをはさんだレンジの動きとなっていましたので、レンジ反転のエントリータイミングを見極めるために注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:50頃、ボリンジャーバンド下限域からの連続陽線による反転で5MAをしっかり上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は少し緩みましたが、何とか5MAのサポートを受けて上昇してくれました。25MAは強めの陽線で抜けてくれましたが、連続した勢いが感じられず、ボリンジャーバンド上限に到達後、長めの上ヒゲ付き陰線がでましたので、23:00頃、もみ合う動きを確認して、決済としました。(チャート内□の部分)

月曜日はその週のよい流れをつかみたいので、大きく狙わず、小さな波を捕らえるのがおすすめです。

ドル円は110円をしっかり超えてきました。次の目標は日足200MAでしょうか。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/16夜は、

18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 4月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 4月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 4月
22:15 (米)設備稼働率 4月

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX会社について
– 自分にあった会社で取引口座開設

上ヒゲと連続陰線で5MA下抜け – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、トランプ米大統領のイラン核合意離脱のあと、私としては想定外のリスクオンの円売りとなりましたが、その後は上値が重く、もみ合いとなりました。ポンドは5/10に英中銀がインフレやGDP予想を引き下げたことで利上げ観測が後退し、急激に売られましたが、その後はやや落ち着いています。

今回のベストトレード根拠は5/10ユーロドルとなります。その日は21:30に発表されたアメリカの4月消費者物価指数が予想を下回ったことでドルが売られました。ユーロドルは急上昇となりましたが、上昇が継続するほどの内容でもないと思いましたので、反転調整のタイミングが現われないか注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:30頃、上昇していたローソク足に勢いの衰えが感じられ、上ヒゲが長くなりました。その後、2連続陰線で2つ目の陰線に勢いがあり、移動平均線5MAを力強く下抜けましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、思惑通り5MAの下側に沿って下落していきました。利益確定の目安は75MA(15分足25MA)、急上昇を開始した1.189ドルあたりと考えましたが、まずは.00節目でサポートがあると思いましたので、1.190ドルにリミット指値注文しておいたところ、23:20頃、あっさり決済実行となりました。

このところ、ユーロドルでのエントリーが多くなっています。しかも売り(ショート)ポジションばっかり。シカゴIMMユーロ買い持ちが依然過去最高付近で売り圧力が出やすいことも一つの要因かもしれません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

世にも恐ろしいスイスフランショック
– 資金管理の大切さ