ポンド円、レンジの抵抗に注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

ドル円、ポンド円、オーストラリアドル円は1時間足チャートで直近高値を上抜けてきました。ユーロ円はまだ1時間足で直近高値を抜けることができていませんが、対円相場全体的に上昇の兆しが見えています。このまま上昇トレンドになることを期待したいです。

今回は3/8木曜日のポンド円5分足チャートです。木曜日のチャートを見ていた時間帯はレンジ相場となっており、ボリンジャーバンド下限から上昇するもボリンジャーバンド上限付近で抑えられました。しばらくもみ合いが続くも移動平均線200MAも強い抵抗として働いている様子でした。
そして23:35頃、一旦上昇を試みるも強い勢いで200MA以下まで戻され、長い上ヒゲ状態となりましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足チャートでもボリンジャーバンド上限、1時間足でも抵抗として働いているように見えた移動平均線200MAにぶつかっての上ヒゲをつけた下落であったこともエントリー根拠となります。

エントリー後は、チャネルを幅広く変動するローソク足が多かったものの、確実にローソク足本体の重心(センター)を切り下げるように下降してくれました。そして24:00頃、直近安値付近として指値注文していた147.05円にかかり、決済となりました。

私のトレード時間ギリギリで決済確認ができました。来週からアメリカ夏時間となりますので、全体的に冬時間より早い時間帯でのトレード機会が多くなると思われます。早めに寝ることができることを期待したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

FX会社について

トランプ大統領の高関税発言による下げ一服 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

トランプ大統領の鉄鋼、アルミ製品への高い関税措置発言による下げも一段落して反発上昇の兆しです。ユーロドルを除き、週足、日足ではまだ下降トレンドから抜けられませんが、15分足の移動平均線100MAが右上がりになっています。

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、移動平均線300MA(15分足100MA)付近でもみ合いが続いた後、19:40頃、強めの陽線が見られました。そしてさらに20:00頃、また強めの陽線で75MA(15分足25MA)を上抜いてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後はビックリするぐらい勢いが出て一気に上昇しました。そして、20:30頃、長い上ヒゲが発生して、次の足も含めて1分足で見るともみ合いになっていましたので、利益確定としました。(チャート内□の部分)

昨日は早めの帰宅でチャートを見ることができたのがラッキーでした。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日3/7夜は、

19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値) 前期比 10-12月期
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 2月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性(改定値) 前期比 10-12月期
22:30 (米)貿易収支 1月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

昨日の日中まではわりと暖かかったですが、また寒くなってきましたね。会社では梅が咲いていますが、桜も待ち遠しいです。

XMのゼロカットシステム とは

ポンド円で直近安値を下抜け – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円で下降トレンドが継続しています。今週も金利先高感からのユーロ円、ポンド円の反転上昇の動きに注目していましたが、その兆しはまだ見えません。

そんな中、2/28水曜日のポンド円5分足チャートで、しばらくもみ合いが続き、緩やかな下降が見られた後、一度、移動平均線25MA付近で頭打ちになりました。
そして20:40頃、強めの陰線で直近安値を下に抜けてきたタイミングで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線の並びが上から200MA、100MA、25MAと下降トレンドになっていたこともエントリー根拠となります。

エントリー後は、思惑通り5MAに沿ってポンドらしく下降してくれました。そして21:45頃、下降勢いが弱まり反発の様子(左の陰線とあわせると下ヒゲが長い)も現れたので決済としました。(チャート内□の部分)

私のトレード時間で、早めの時間帯でそこそこの利幅が確保できたのでこの日は手仕舞いとしました。私の場合、大きめの利益確定に気をよくして続けていると、エントリー根拠の確認が甘くなることがあるので欲を出しすぎないよう注意しています。おかげさまで早く寝ることができてよかったです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

心(メンタル)のコントロール -FXで一番大切なこと

ポンド円の上ヒゲと包み線に注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

ベストトレード根拠の記事にしてから、初めてのノートレードとなりました。月曜日は仕事で帰宅が23時くらい。火曜日は21時くらいからはチャートを見ることができたのですが、パウエルFRB新議長の発言と多めの経済指標発表を前に明確なエントリー根拠がつかめませんでした。

ということで、この2日間で取りたかった妄想トレードです。

2/26月曜日のポンド円5分足チャートです。今週のポンド円は窓を開けて高く始まり、一度下がってから再び上昇し、夜にはその勢いが衰えてレンジに突入しました。1時間足で見ても149円台のレンジ形成で上限近くに来ているように見えていました。22:20頃、5分足チャートでもレンジ上限付近で長めの上ヒゲが見られ、その次に包み線が発生し、更に5MAを下抜けたタイミングで売りエントリーしたかったです。(チャート内○の部分)

その後は、ポンドらしく勢いがついて下落しました。そして移動平均線300MA(15分足100MA)付近でもみ合ったあたりで決済したかったですね(チャート内□の部分)。リアルにチャートを見た時は、既にこの辺でした(泣)

良いトレードのイメージトレーニングって大事だと思います。単にエントリーだけでなく、利益確定、損切りのポイントも含めてイメージしていると、本番でも役に立つと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日2/28夜は、

17:55 (独)雇用統計 2月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 2月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 10-12月期
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 2月
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 1月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

初めてのFX Q&A

移動平均線5MAから強めの陰線に注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

今週は金利先高感からのユーロ円、ポンド円の反転上昇の動きが見られないかなと思っていたのですが、その兆しはまだ見えません。2/21に発表されたイギリス雇用統計(失業率)は予想より悪く、2/22に発表された欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨で「依然弱いインフレで、忍耐と粘り強さが必要」、「フォワードガイダンスの調整はまだ早い」との見解が示され、市場の早期金利回復期待に水を差す感じになり、弱含みが継続しました。

そんな中、2/22木曜日のユーロ円5分足チャートで、21:40頃、欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨発表に対する失望売りの様子が見られ、移動平均線5MAから強めの陰線で下がり始めましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

もし5MAを完全に上抜けたり、直近安値を更新できずレンジ反転の動きが見られた場合は手仕舞いと考えます。

エントリー後は、思惑通り5MAに沿って勢いよく下降してくれました。そして22:00頃、下降勢いが弱まり下ヒゲも現れたので決済としました。(チャート内□の部分)

失望売りといっても大きなサプライズというほどでもないので下値は限定的と考えました。他のクロス円の動きもチェックしつつ、よいタイミングで決済ができたトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック