弱いユーロの下降波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は5/9火曜日のユーロドル5分足チャートです。ユーロは先々週あたりから、ECBが量的緩和政策(QE)の時期を言及しない状況で売りが強くなっており、下降基調が続いていました。昨日も夕方頃から5分足チャートでも弱含み状態になっていましたので、エントリータイミングを見極めるために注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、21:50頃、上値を切り下げるような動きの後、移動平均線5MAと25MAに押さえ込まれるような形で強めの陰線が現れましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

同時刻でドル円5分足チャートを見た時、ローソク足が5MAにサポートされながらの上昇となっていたこともエントリー根拠となります。

エントリー後は、こちらもローソク足が5MAの下側に沿って下降するよい形となりました。そして、23:10頃、大陰線の後のもみ合いで、下ヒゲが長いローソクが2本続き、すぐに再下降する気配も弱かったため、決済としました。(チャート内□の部分)

それほど大きな波ではありませんが、ユーロドルの下降波にうまく乗れました。

今朝方にトランプ米大統領が予想通り、イラン核合意からの離脱を発表しました。中東でのアメリカ、ロシア、関係諸国の対立構図がさらに激しくなる可能性から、中東の地政学的リスクが高まることは必至です。相場はリスクオフの円買いが発生しやすい環境になるかもしれません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/9夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)生産者物価指数(PPI) 前月比 4月

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX
– その理由とは

ドラギ総裁、QE終了の言及無くユーロ軟調 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、ドル円が109円台を維持し強さを見せた反面、ユーロ、ポンドは軟調な展開となりました。

ユーロは4/26発表の政策金利据え置きは予想通りで、ECBドラギ総裁が定例記者会見で量的緩和政策(QE)を年内終了を示唆するかなどに注目が集まっていましたが、言及されることはなく、「インフレに対する自信は変わっていない」との発言で一時的には買われましたが、その後、大幅な調整となりました。

ポンドは4/27発表のイギリスGDPが予想より弱い結果となり、大幅に売られました。

今回のベストトレード根拠は4/26ユーロドルとなります。その日はもみ合いが続いていたユーロがイベント通過でどのように動くか注目していました。
20:45の政策金利発表は予想通りであったため、一時的な下げはありましたが、すぐに戻しました。そして21:30、注目のドラギ総裁の記者会見が始まると、上昇してきました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、エントリー根拠が見つからないか、ローソク足の動きを見ていると、ボリンジャーバンド上限、移動平均線600MA(15分足200MA)付近で長い上ヒゲなどが発生しましたので、反転下落する可能性を考慮し、さらに注目しました。すると15MA(15分足5MA)を下抜け、22:50頃、直近の下ヒゲ安値と、25MAも下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後から下落勢いは加速し、23:05頃、1.215ドルのリミット指値が実行され、あっという間の決済となりました。
記者会見直後の長い下ヒゲを見せられていましたので、.50節目のリミットセットをしていましたが、結果的に見ると、かなりの勢いで下がっている途中だったので、裁量でいけば良かったかなとも思います。しかし、短時間ではそこまで検討できませんでしたし、普通の利幅は取れたのでヨシとします。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

来週はゴールデンウィークでプチ悠々自適時間を過ごすため、4/30~5/5の間、トレードとブログはお休みの予定です。

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増

もみ合いレンジからの強め陽線 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は4/24火曜日のドル円5分足チャートです。4/23月曜日に10年債利回りの上昇とともに108円を突破したドル円は、早朝から108.8円前後の狭い範囲でもみ合いが続いていました。もみ合いが長く続いた時、次はそれなりの幅で上がるか下がるかの動きとなりやすいため、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:30頃、4連続の小さな陽線のあと、勢いがついて、直近のもみ合いレンジを上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、伸びすぎてやや押し込まれる場面もありましたが、思惑通り移動平均線5MAに沿って上がってくれました。そして109.1円付近でやや勢いが衰え、5MAがほぼ水平になり、私が効率的なドル円の利益確定幅と考える20pipsも確保できていましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ドル円はなかなかの勢いで気持ちよいです。さすがに一気に上がりすぎの感から、108円半ばまで調整しましたが、まだまだ強い感じです。

アメリカ10年債利回りは3%を超え、2014年1月以来の高水準となりましたが、この水準がどこまで維持できるのかが気になりますね。トランプ大統領の発言は落ち着いていますが、貿易摩擦再燃の懸念は残っているようなので、ポジンション保有リスク低減のため、勢い重視で攻めたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日4/25夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介
– 同じトレードスタイルの名人を探そう

米10年債金利上昇で強いドル – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

日米首脳会談でトランプ大統領から円安をけん制する発言がなく、為替摩擦に対する警戒感が弱まる中、メスター米クリーブランド連銀総裁が「今年と来年の一段の利上げが適切」と発言したことから、ドル買い円売りが優勢になりました。

昨日は米10年債利回りが上昇する中、ドルはユーロ、ポンド、オーストラリアドルなどに対して強含みとなり、クロス円も売られていました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、21:45頃、ユーロドル5分足チャートにおいて、直近のもみ合いレンジと00節目の1.230ドルを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、思惑通り移動平均線5MAに沿ってきれいに下がってくれました。そして、23:05頃、ローソク足が5MAを上抜けてきましたので、調整局面に入る可能性と週末ということもあり、欲張らずに決済としました。(チャート内□の部分)

まっすぐに下降する5MAに沿った動きは安心感がありました。

ダウ平均と金先物はドル金利高で下がりましたね。

個人的に好きなポンドは3月小売売上高で売られ、武田薬品工業のアイルランドの製薬会社シャイアー買収打診で買われ、そして4/19に英中銀(BOE)カーニー総裁が「ブレグジットが利上げを遅らせる可能性もある」と発言したことで再び売り込まれました。5月利上げ観測は薄れ、1時間足で下降基調となっています。大きく動くタイミングとチャートを見るタイミングがあわず、チャンスがつかめません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

インディケーターで楽チントレード
– サインの時だけチャートを見るだけ