FOMC声明、イエレン議長発言に大注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

週足ではほぼレンジが継続しています。ドル円は日足レンジ内上昇中ですが、もうすぐ日足天井に到達しそうです。ユーロ円は日足での動きが読みにくい状況で、4時間足でまもなくレンジ上限付近です。ポンド円はレンジ内上限付近でもみ合いから下落です。オーストラリアドル円は日足、4時間足で弱い下降トレンドとなっており、25MAでの戻り売りの可能性があります。ユーロドルは日足でレンジ内下落中ですが、4時間足では200MAでサポートされる様子もあります。

先週のドル円は、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定して大使館を移転する方針を表明したことから、リスク回避のドル売り、円買いが一時強まりましたが、税制改革法案の年内成立への期待から米長期金利は下げ渋り、ドルを買い戻す動きが広がりました。

今週のドル円は、連邦準備制度理事会(FRB)が今週開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げすることは確実視されていますが、FOMC会合後に発表される声明やイエレン議長の発言で、2018年以降の利上げペース鈍化する可能性を示唆するような内容があった場合、ドルが売られる可能性もあるようです。今週のFOMCは大注目です。
引き続き、北朝鮮問題、中東情勢悪化懸念は消えていませんので、急変動に備えたストップ逆指値は入れていきたいと思います。
12/13まではチャートの流れでもう少し上昇、12/14以降はFOMCの声明次第で、もみ合いから下落になる展開も予想されます。

先週のユーロ円は、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定して大使館を移転する方針を表明したことから、リスク回避のユーロ売り、円買いが一時強まりましたが、アメリカの税制改革法案の年内成立への期待が高まったことの影響で、再び全体的にリスク選好となりユーロが上昇したように感じました。

今週のユーロ円は、イギリスのEU離脱交渉が進んでいりこと、経済指標も比較的良い結果が改善が続いていること、ドイツの政局も安定化する見込みがあることなどから、4時間足レンジ上限でもみ合いとなるか、ブレイクにつながるのか注目したいと思います。

先週のポンド円は、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定して大使館を移転する方針を表明したことから、リスク回避のポンド売り、円買いが一時強まりましたが、EU離脱交渉で離脱条件をめぐる協議でEUと基本合意したことが好感され、ポンド買い進んだようです。

今週のポンド円は、ここしばらくの懸念事項となっていたEU離脱交渉が進展していることから、ポンド買いが進む可能性があると思います。12/8の直近高値を超えてくると上昇トレンドが発生するかもしれません。

先週のオーストラリアドル円は、豪準備銀行(中央銀行)の声明でインフレ見通しが変更されなかったことから、買いが一時優勢になりましたが、GDPが予想を下回る結果となったことなどにより弱含みの展開となっています。

今週のオーストラリアドル円は、11月雇用統計が注目されますが、チャートでは売りがやや優勢になりそうです。

先週のユーロドルは、ドイツの与党が連立協議開始で合意して、ユーロ買いが一時優勢となりましたが、アメリカの税制改革法案の年内成立への期待が高まったことの影響が強く、ユーロは弱含みとなりました。

今週のユーロドルは、ドルの展開次第と思われます。ユーロもイギリスのEU離脱交渉が進んでいりこと、経済指標も比較的良い結果が改善が続いていること、ドイツの政局も安定化する見込みがあることなどから、比較的落ち着いてきており、ユーロが強く売られる環境ではなくなってきています。4時間足200MAがサポートとして機能するかどうかに注目です。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週の注目すべき経済指標発表、イベントは12/13 18:30 (英)雇用統計、12/14 04:00 (米)FOMC政策金利発表、04:30 (米)イエレンFRB議長定例記者会見、21:00 (英)英中銀政策金利発表、21:45 (欧)ECB政策金利発表、22:30 (米)小売売上高です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日12/11の夜は、
重要経済指標の発表、イベント
は予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

寒い日が続くと、よくラーメンが食べたくなります。血圧が高くなるので、塩分は控えなければならないのですが、ついついスープも多めに飲んでしまいます。

ラーメンもいろいろな種類がありますが、熊本ラーメンは焦がしにんにく、マー油(にんにくを揚げた油)がアクセントとなっていて結構、クセになります。豚骨スープをベースに鶏がらを加えたマイルドスープとマー油が、硬めにゆでるストレートの中太麺にからみつき、たまりません。

「熊本ラーメン専門店」黒亭はそんなおいしいラーメンを自宅用として世に送り出しています。味はお店で食べるのとほぼ変わりなく、「わざわざお店まで行かなくていいんじゃないの。」と思える仕上がりです。しかも1食あたり375円と本店の半額! 是非、一度お試しください。とんこつスープ好きならファンになること間違い無しです。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

勢いのある陰線でもみ合いレンジ下抜け – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてブログに残していきたいと思います。

今週から週の前半と後半に分けて、それぞれのベストトレード根拠を公開していきたいと思います。今回はその後半として、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

12/8金曜日のトレード根拠です。今週はドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円ともに週初めからの下落が水曜日頃に底を打つ形となり、週後半は上昇トレンドとなりました。しかし、もう金曜日には天井の様子をみせていました。

チャートウォッチを始めたのは20:00頃ですが、ポンド円15分足チャートにおいて、上昇トレンドならサポートとなる25MAでの反発が弱く、徐々に下がってきていることに注目していました。

そんな中、20:35頃、ポンド円5分足チャートにおいて、強めの陰線で直近のもみ合いレンジを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線5MAとローソク足が25MAの下で推移し、弱い下降トレンドの様子を見せていたこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は、弱いながらも下落が続く形となり、直近安値を下抜けるときは強い陰線が出たのですが、その後は、続けて長めの下ヒゲが発生し、さらに3連続陽線で5MAを上抜ける形になりましたので、21:30頃、決済としました。(チャート内□の部分)

その後も続けて下落のサインはありましたが、22:30に大イベントのアメリカ雇用統計の発表を控えていて、大きな動きにはならないと考えて様子見としました。

上昇トレンド調整下降の初期を捕まえることができた良いトレードだったと思います。判断が早いと元のレンジに戻ってしまうこともありますが、損切り幅は小さくて済みます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

政治的なファンダメンタルズも気になるニュースが増えてきました。通常の経済指標発表だけでなく、要人の発言なども気をつけてチェックしていきたいと思います。

急に寒くなりましたね。体調を崩すと良いトレードができなくなります。暖かくして風邪など引かれないようお過ごしください。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

心のコントロール(FXで一番大切なこと)

全体的にレンジだが明日の米雇用統計に注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

今週から火曜日と木曜日はトレンドチェックをしたいと思います。FXを始めた頃は、相場が常にトレンド方向に動くと思ってエントリーしていましたが、当然ながらレンジ相場ではうまくいきません。この記事では4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

判断基準としては、下記のようにしました。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓

となっています。(木曜日0:00頃の確認結果)

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

4時間足チャートでは全体的に上昇トレンドが落ち着き、レンジとなっています。1時間足チャートでは下降トレンドとなっていますが、15分足チャートでは下降トレンドからレンジに移りつつあります。

本日12/7の夜は、
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値) 前期比 7-9月期
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
が予定されています。

明日12/8の夜は、
18:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 10月
18:30 (英)製造業生産指数 前月比 10月
18:30 (英)貿易収支 10月
22:30 (米)雇用統計 11月
24:00 (米)卸売在庫 前月比 10月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 12月
が予定されています。雇用統計は特に注目しましょう。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?

25MA、75MAが水平に近いレンジの取り組み – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてブログに残していきたいと思います。

今週から週の前半と後半に分けて、それぞれのベストトレード根拠を公開していきたいと思います。今回はその初回として、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

12/4月曜日のトレード根拠です。週明けの月曜日で20pips程度の取り組みやすいレンジ相場となっていたドル円5分足チャートに注目していました。

レンジ相場の切り取り幅は10~20pipsと考えていますので、スプレッドの低いドル円で20pipsくらい値幅はねらい目です。

22:25頃、ボリンジャーバンド下限σ-2.0で、反転した後、移動平均線5MAを上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

移動平均線25MAと75MAが近く、ほぼ水平ということもレンジ反転を捕まえるための良い形で、トレード根拠となります。

エントリー後は、もみ合う場面もありましたが、23:35頃、前のレンジ上限付近、113.04円に置いたリミット指値が実行されました。

ここで上ひげが出ましたので、もう一度、反転を狙いたくなりますね。そして、強めの陰線で5MAを下抜けてきましたので、2回目のエントリーしてみました。(チャート内○の部分)②

エントリー後は、振れ幅が大きくなる場面もありましたが、0:10頃、前のレンジ下限付近、112.85円に置いたリミット指値が実行されました。

私自身が初心者のころ、レンジの下で更に下がると思って売り、レンジの上で更に上がると思って買った結果、連続で負ける往復ビンタをよく食らいました。今回は食らわす側でしたので、よいトレードができたと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

<USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベント>

今日12/6夜は、

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 11月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性指数 改定値 前期比 7-9月期

が予定されています。エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

初めてのFX Q&A