記者会見イベント前のレンジは待ち – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/25木曜日のユーロ円5分足チャートです。21:45に発表のあった欧州中央銀行(ECB)の政策金利は予想通り0.00%という結果でしたので、特に市場の反応はなく、22:30のドラギ総裁定例記者会見待ちでもみ合いが続いていました。各移動平均線がほぼ水平に近く、互いに近い状態で、上に動くのか、下に動くのか、1分足チャートも合わせて注目していました。

そんな中、22:30になり、会見が開始されましたが、個人トレーダーではリアルタイムに内容を把握することができません。そこで1分足チャートの反応で様子を伺います。22:34頃、上向きの反応があり、22:35の足では下ヒゲを付けました、そして移動平均線の束を上抜け、22:38頃、陽線上昇タイミングで、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

このような大きなイベントで大陽線、大陰線が発生する場合、5分足ではエントリータイミングを計ることが難しいため、1分足で確認しています。そして、買いエントリーはローソク足の上昇タイミングで入れます。1分足の5MAを大きく抜けた場合は手仕舞いです。

エントリー後は、5分足の5MAにサポートされる感じで上昇が継続しました。しばらくして5MAの勢いがなくなり、30分以上もみ合いが続いた23:35頃、決済としました。(チャート内□の部分)

大きなイベントで移動平均線の束を大陽線で上抜けるタイミングをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

寒い日が続きますね。初めてユニクロの極暖を買いました。普通のヒートテックより暖かくて助かります。

FX凄腕名人紹介

ドルは貿易摩擦懸念やロシア疑惑で軟調 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

通貨ペアによって傾向がはっきりしています。ドル円は、下降トレンド、ポンド円、ユーロドルは上昇トレンド、ユーロ円、オーストラリアドル円はもみ合いレンジとなっています。

ドルは貿易摩擦懸念やロシア疑惑などドル安を誘うニュースばかりで弱さが目立ち、底がまだよくわかりません。ユーロ円はレンジですが、ドルの弱さのために、ユーロドルは堅調で高値更新が続いています。とりあえずの天井がどこにくるのかよくわかりません。ポンド円も堅調ですが、4時間足で直近高値付近のため、反転下降には注意したいと思います。オーストラリアドル円はレンジの上限、下限を確認していきます。

長いトレンドが発生している場合は、一つ上の時間足でも抵抗やサポートを確認しつつ、直近高値&安値抜けよりも、堅実にトレンドラインからトレンド方向の動きでエントリ根拠を探したいと思います。

ユーロ円、ユーロドルは、今日の欧州中央銀行(ECB)政策金利発表、ドラギ総裁の定例記者会見が要注意です。

本日1/25の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 1月
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁定例記者会見
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 12月
24:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 12月

明日1/26の夜は、
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP 速報値)前期比 10-12月期
22:30 (米)耐久財受注 前月比 12月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP 速報値)前期比年率 10-12月期

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

最強寒波が来ていますね。東京都心で最低気温がマイナス4度は48年ぶりだそうです。強烈な寒さ、雪にご注意ください。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

MT4ツール紹介

もみ合いから抜けるタイミングの見極め – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/22月曜日のトレード根拠です。先週末の底打ちからどの通貨ペアも上昇傾向となっていました。その中でも、ポンド円とオーストラリアドル円は15分足チャートでの波の形が素直でわかりやすくなっていましたので注目してみました。

そんな中、22:40頃、ポンド円5分足チャートにおいて、緩やかな上昇途中でもみ合いが続いた後、抵抗となっていた154.00円の節目から、強めの陽線でレンジをを上抜けましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線の5MA〜600MAまでお互いに近づいた状況で狭いレンジでの動きになっていましたので、上、下のどちらかに抜ければ、勢いがつく可能性が高いという思惑もありました。

エントリー後は、やや勢いを抑えるような調整がありましたが、移動平均線15MA(15分足5MA)にサポートされる形で上昇していきました。そして、0:00を過ぎたところでタイムリミットの決済としました。(チャート内□の部分)

チャート的にはまだ伸びる感じでしたが、雪の中の帰宅で疲れもあり、月曜日ということで無理もせず利益確定しました。あとからチャートを見ると、155.2円近くまで上げていましたので、もったいなかったなという気持ちもありますが、利益はコツコツと積み重ねることが大事ですので、よしとしておきます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日1/24夜は、

18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI 速報値) 1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI 速報値) 1月
18:30 (英)雇用統計 12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 11月
24:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 12月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

インディケーター(サインツール)について

1時間足はどの通貨ペアもレンジ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円、ユーロ円、ユーロドルはどの時間足でもほぼレンジとなっています。ポンド円、オーストラリアドル円は4時間足で先週から引き続き上昇トレンドとなっていますが、日足ではレンジの様子です。1時間足はどの通貨ペアにおいてもレンジのため、1時間足ボリンジャーバンドの上限付近か、下限付近か、25MA付近かをチェックした上で、5分足、15分足のトレード根拠を見極めたいと思います。

本日1/23の夜は、

19:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 1月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 1月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 1月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

雪の影響はいかがですか?横浜市内も見た目で15cm以上積もってます。喜平は昨日、早めに帰宅したのですが、結構時間がかかりました。今日も出勤が大変そうです。雪が積もった地域の皆さま、足元にお気を付けてお出掛けください。

MT4について