ポンド円、ネガティブ情報で下降トレンド – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日11/8の夜は、
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日11/9の夜は、
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は久しぶりにポンド円がトレンド相場となりました。夕方くらいからイギリス国債の利回り低下、BOE(イングランド銀行)の投資伸び鈍化の報告書などEU離脱に関するネガティブ情報が続き、継続的な下落トレンド相場となりましたので、ポンド円5分足チャートでエントリーチャンスを待ちました。

そんな中、20:30頃、移動平均線25MAが抵抗として働いた感じから3連続陰線での5MAを下抜けてきたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は若干横ばいするも5MAはなだらかに下落が継続しました。そして22:10頃、3連続の陽線で移動平均線5MAを上抜けしてきたところで決済としました。(チャート内□の部分)

前日は0時越えのトレードでしたので昨日は粘らずに1回で終了としました。体調を整えることも勝ちトレードのために必要なことだと思います。

トランプ大統領のアジア歴訪が続いています。今のところ、北朝鮮はおとなしくしているように思えますが、何かあればすぐにリスク回避の円高になる可能性があるので注意はしています。このような状況での円高方向トレンドはありがたいです。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4自動売買企画プログラム検証記事を追加しました。
もしも同じ時間に買い続けたら2017年10月
さてどうなったのか?

MT4について