年末年始経済指標のお知らせ – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてブログに残していきたいと思います。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。



しかしながら、欧米が、クリスマス休暇、聖ステファノの日などで休場のため動きが弱く、この2日間で明確な根拠を見つけることができませんでした。

明確な根拠が見つからない場合はトレードしないのがルールですので、ベストトレード根拠は無しとなります。

今日と明日はチャートチェックをする予定なので、根拠が見つかればエントリーしたいと思います。

今日で今年のブログ投稿納めとなります。

自分自身が初心を忘れないため、ルールと根拠をしっかり確認するため、そしてFX初心者の方、なかなか思うようにいかない方にとって少しでも参考になればと思って始めたブログも100記事を超え、ぼちぼち軌道に乗ってきました。

来年も悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

まだまだ未熟な出来栄えですが、来年もよろしくお願いいたします。

今日から年明けまでの主な経済指標、イベント予定だけお知らせしておきます。

12/27
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 12月
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 11月

12/28
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

12/29
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 12月

1/2
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 12月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 12月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 12月

1/3
17:55 (独)失業者数 前月比 12月
17:55 (独)失業率 12月
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
00:00 (米)建設支出 前月比 11月
00:00 (米)ISM製造業景況指数 12月

1/4
04:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 12月
21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 前年比 12月
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

1/5
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI) 前月比 11月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI) 前年同月比 11月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 12月
22:30 (米)雇用統計(非農業部門雇用者数変化、失業率、平均時給)
22:30 (米)貿易収支 11月
24:00 (米)製造業新規受注 前月比 11月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)12月

年明けは1/6(土)を投稿始めにしたいと思います。

みなさま、よいお年をお迎えください。

欧米クリスマス休暇で動きなし – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。(月曜日は欧米がクリスマス休場のためアジア時間終了後の確認結果)

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円、ユーロドル、いずれもレンジ相場というよりほぼ動きがありません。月曜日は私もノートレードですが、火曜にチャンスが現れるかどうか微妙です。根拠が見つからなければ連続ノートレードになるので、水曜日のベストトレード根拠は延期にするかもしれません。

本日12/26の夜は、

23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 10月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 12月

が予定されています。ユーロ圏、イギリス、オーストラリアは休場です。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ FX本 はこちら