ポンドとユーロは政策金利発表前のレンジ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。(木曜日7:00頃の確認結果)

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、25MAが右上がり、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、25MAが右下がり、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、25MAが水平に近く、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

アメリカは今朝にFOMC政策金利と声明発表があり、予定通り金利が上がり、来年3回の利上げ目標が示されましたが、2名の連銀総裁が反対票を投じたことなどにより、利上げ回数が少なくなる憶測があるようです。そのため、ドルは下降に転じています。ユーロドルは上昇となりました。
ドル以外の各通貨ペアともにほぼレンジで、政策金利発表前の様子見の状況です。ポンドとユーロの政策金利発表は今晩です。

本日12/14の夜は、
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 12月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 12月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 12月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 12月
18:30 (英)小売売上高指数 前月比 11月
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)輸入物価指数 前月比 11月
22:30 (米)小売売上高 前月比 11月
24:00 (米)企業在庫 前月比 10月
が予定されています。ポンド、ユーロの政策金利、アメリカ小売売上高は要注目です。

明日12/15の夜は、
19:00 (欧)貿易収支 10月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 12月
23:15 (米)鉱工業生産 前月比 11月
23:15 (米)設備稼働率 11月
が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境