ポンド円で上昇トレンドの直近高値抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/29の夜は、
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 11月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 7-9月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/30の夜は、
17:55 (独)失業率(雇用統計) 11月
19:00 (欧)失業率(雇用統計)10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 11月
22:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 10月
22:30 (米)個人所得 前月比 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日は朝方に北朝鮮ミサイル発射がありましたが、周辺国やアメリカは比較的冷静な対応であったこともあり、株価や為替への影響は少なかったですね。

またイギリスはEUとの精算金で合意する見通しで交渉が進展するとの報道があったり、イエレンFRB議長の景気拡大発言など、プラス要因となる情報が多かったように思います。

各チャートを見てみると、ドル円、ユーロ円、ポンド円では上昇トレンドの様子を見せ、トレードしやすい相場になることを期待しながらエントリー根拠を探してみました。

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて22:10頃、3連続の強め陽線で直近高値を上抜いてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

エントリー後も勢いは継続し、22:25頃、リミット指値していた150.0円に達し、決済となりました。ポンドで相場の良いときは今回のように勢いが出やすいです。変動も比較的大きいので、しっかりとチャートを見る必要がありますが、魅力的ですね。

まだ時間はありましたので、押し目なども期待しながらポンド円5分足チャートウォッチを続けました。すると、23:35頃、長めの下ヒゲをつけた後、高値を更新してきましたので、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

エントリー後は、5MAに沿ってじりじり上昇した後、急上昇となるよく見られる展開となりました。時間が0:00となり、収穫は十分と考えましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

上昇トレンドにうまく乗ることができてよかったです。

ビットコインがえらい盛り上がりで高値更新していますが、ポンド円以上に変動が大きいので、ポジションを持ったら精神的な自由が無くなりそうです。耐えられそうにないのでスルーです。ストップ高を連発する新興株みたいですね。博打ならスリルがあっておもしろいかも。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

インディケーター(サインツール)について

レンジ相場ではローソク足に注目 – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/28の夜は、
21:00 (独)GFK消費者信頼感調査 12月
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 9月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 11月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 11月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/29の夜は、
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 11月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 7-9月期
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 10月
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日も前日に引き続き、我慢の相場でした。
それなりの経済指標発表もありましたが、特に大きな動きとはなりませんでした。
冬時間で夏時間より1時間遅いことも、普通の会社員にとってはややつらい条件です。アメリカのパウエル次期米FRB議長の承認公聴会や、FRB幹部らの講演などを見極めたいという動きがあるとの市況ニュースもありました。

どのチャートも動きが小さめのレンジ相場でしたが、ポンド円5分足チャートが21:20頃から、連続した陰線が続いていることに着目し、チャートを見ていました。

そんな中、21:50頃、強めの陰線で直近安値を下抜いてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は少しだけ勢いが持続しましたが、何かニュースがあって下がったわけでもないので、長続きはしませんでした。そして、22:35頃、十時線はさんだ陽線で、移動平均線5MAを上抜けてしまいましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

もう少しだけエントリー機会を求めて、根拠を探そうとしたのですが、もみ合いのとなりましたので、前日に続いて2回目のエントリーは断念しました。

あとで確認すると、0:45頃に、安値更新で大陰線をつけていました。夏時間だったら2回目に取り組めたかもと思い、ちょっと残念でした。

動きの小さなレンジ相場はトレードしにくいですが、丁寧に取り組むことが重要です。根拠が弱い状態でバクチ的トレードをしても勝率が下がり、精神的にもよくありません。ポジションを持ちたい気持ちは抑えて、あせらずに待ちましょう。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4のインストール方法

ボリンジャーバンド反転から5MA、200MA下抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/27の夜は、
24:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 10月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/28の夜は、
21:00 (独)GFK消費者信頼感調査 12月
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 9月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 11月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 11月
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日は月曜日ということもあり、新しい手がかりに乏しく、軟調な展開でした。
その中でもオーストラリアドル円がやや活発な動きでしたが、チャートを見始めたのが、22:00近くになっていたため、エントリータイミングを捕まえることができませんでした。

チャートサーフィン開始すると、ほぼレンジ相場となっていたチャートの中でも、ポンド円5分足チャートのレンジ範囲が広く、レンジ上限から反転しそうになっていたので注目してみました。

そんな中、22:50頃、ボリンジャーバンドσ+2.0に上ヒゲがぶつかった後、強めの陰線が発生し、移動平均線5MAと200MAを下抜け、さらに次の足が下がり始めたたタイミングで、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後はそれなりに下落はしたのですが、下のボリンジャーバンドσ-2.0までは届かず、23:15頃、強めの陽線で、5MAを上抜けしてきたタイミングで決済としました。(チャート内□の部分)

その後、もう少しだけエントリー機会を求めて、根拠を探そうとしたのですが、もみ合いのとなりましたので、2回目のエントリーは断念しました。

限られた時間しかない普通の会社員では、取り組みやすい相場でトレードできる機会は少なめです。昨日のような相場でも、根拠をしっかり確認して、取れる利幅が小さくても丁寧に取り組むことが重要だと思います。チャンスは必ずやってきますので、あせらずに待ちたいですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について

月末の経済指標発表に注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円、オーストラリアドル円の下落は少し落ち着いているように見えます。ユーロ円、ポンド円は直近で上げるも、レンジには変わりありません。ユーロドルはレンジから上昇トレンドです。

先週のドル円は、年内の米税制改革実現に対する懸念は後退したものの、22日に公表された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録で、インフレの伸び悩みが意識されていることが明らかになったため、政策金利の利上げペースが鈍化するとの思惑が発生しているようです。

そのため、今週発表の経済指標が弱い数値だと、ドルの上値が重い状態が続く、またはドル安の流れが再開する相場展開となる可能性があるといったニュースも見られました。4時間足25MAで反転して戻り売りが発生するかどうかも確認したいと思います。

先週のユーロについては、前半にドイツ政府連立協議が決裂した影響により下落しましたが、後半は経済指標の数値が予想よりもよく、ユーロ圏経済の回復期待感から上昇しました。今週も経済指標発表の結果が注目されそうです。また日足ではレンジ相場が続いているので、レンジ上限での反転下落の可能性は意識しておきたいと思います。

先週のポンド円は、EU離脱交渉問題、メイ首相の求心力低下の懸念により下落しましたが、週末近くになって、アメリカ政策金利の利上げペースが鈍化するとの思惑から、対ドルで買われたことなどの影響により、上昇したようです。
今週もEU離脱交渉問題で動きがなければ、もみ合いになる可能性が高いように思います。4時間足では100MAにぶつかっての上ヒゲが発生しており、レンジ内で戻り売りの可能性もあると思います。

先週のオーストラリアドル円は、11/21に発表された準備銀行の金融政策会合議事録で利上げに慎重な姿勢であることが示されたため、上値が重くなった感じです。
今週もレンジ相場のもみ合いが続く可能性が高いですが、日足では200MAを割り込んでいることもあり、更なる下げには警戒が必要だと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週の注目すべき経済指標は11/27 24:00 アメリカ新築住宅販売件数、11/28 21:00 ドイツGFK消費者信頼感調査、11/29 22:00 ドイツ消費者物価指数(CPI、速報値)、22:30 アメリカ実質GDP(改定値)、11/30 19:00 ユーロ圏雇用統計などです。

月末ということもあり、経済指標の発表は多くあります。その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

日曜日ですので落ち着いた気分で悠々自適時間の妄想をしたいと思います。

寒い日が続くと暖かさを求めて南の国に行きたくなります。飛行機に乗り、現地の空港に着いて、外に出るともわっとしたなま暖かい空気が空気が体を包みます。青空でさんさんと降りそそぐ太陽の光を浴びると、キターッって感じですね。

空港からリゾート地へ向かうリムジンバスの中でも、ワクワクが続きます。ホテルに着いたらゆっくりして、今晩は何を食べようか、明日はどんなアクティビティを楽しもうかって妄想が膨らみます。ホテルは静かな青い海が見えるオーシャンビューで、ベッドルームとリビングが分かれている2部屋タイプがいいなあ。できれば1ヶ月は滞在したいです。

普通の会社員ではせいぜい数日の滞在ですが、世界最大規模のバケーションレンタル案件数を誇るホームアウェイなら、短い滞在でもセレブな気分を味わえるプランに出会うことができます。

月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ユーロドル上昇トレンドで直近高値上抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/24の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月
の発表がありました。エントリー前には確認しておきましょう。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日はドルが相変わらず上値の重い状況でしたが、ユーロに関しては18:00発表のドイツIFO企業景況感指数が予想よりよかったこともあり、ユーロ円、ユーロドルが久しぶりの上昇トレンドとなりました。レンジ相場、特に値幅の狭いチャートは見ていてもあまり面白くないですが、トレンドが発生すると楽しくなりますね。ということで、ユーロ円、ユーロドルにしぼってエントリータイミングを見計らいました。

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:10頃、IFO企業景況感指数発表直後につけた直近高値を上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足の移動平均線が上から25MA、100MA、200MAと並ぶ、上昇トレンドサインであったこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は、比較的短いローソク足が移動平均線5MAの少し上を進む理想的な展開で、特に大きな経済指標発表、イベントをも予定されていませんでしたので、落ち着いた気持ちでチャートを見ることができました。そして私のトレード終了時間0:00が近づいてきましたので、1.9250ドルにリミット指値をして間もなく、0:00頃、ほぼ終了時間で指値実行決済となりました。

毎日がこのようなチャートなら楽なのですが、なかなかそのようにはなりません。あせらず、レンジ相場では小さくコツコツと、トレンド相場では恐れることなく、利を伸ばせるように取り組んでいきたいと思います。

今日は良い天気なので、これから写真を撮りに出かけてきます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識 はこちら