豪ドル円、レンジ下限からの反発に注目 – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日12/1の夜は、
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 11月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月
24:00 (米)建設支出 前月比 10月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日は特に大きな経済指標発表のない金曜日ということもあり、普通の会社員トレード時間前半では、ユーロの下落も一段落したように見えていました。全体的に移動平均線が互いに近い、または狭い値幅で動くレンジ相場でした。

ユーロ円、ポンド円はあまり動きがなさそうな気配でしたので、15分足チャートレンジ下限から反発上昇を想定して、ユーロドル、オーストラリアドル円を中心にチャートウォッチをしていました。

そんな中、オーストラリアドル円5分足チャートにおいて、21:30頃から反転上昇の気配を見せていましたが、移動平均線100MA付近でもみ合った後、22:30頃、強い陽線で5MAを上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

それほど意識はしていなかったのですが、トレード対象には入れていないカナダのGDPと雇用統計が良かったことに対する反応だったようです。

前日のトレード同様、水平に近い移動平均線が束なったところを、急角度で抜けたということもエントリーの根拠となります。

エントリー後は、金曜日のこの時間帯としては珍しく、勢いが継続しました。そして、23:50頃、リミット指値しておいた85.5円で決済実行となりました。

ISM製造業景況指数はたまに大きな影響があるので、それまでに決済しておきたいという気持ちもありました。

私のトレード終了後となりますが、前大統領補佐官のフリン氏が偽証の有罪答弁で、ロシアとの接触をトランプ大統領から指示されたと証言すると報道されたことにより、急激なリスクオフ相場となりました。ドル円でも1円以上下落しました。ドル円トレードでもストップ逆指値は必要ですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック はこちら

連続陽線で移動平均線の束を上抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/30の夜は、
17:55 (独)失業率(雇用統計) 11月
19:00 (欧)失業率(雇用統計)10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 11月
22:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 10月
22:30 (米)個人所得 前月比 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。

今日12/1の夜は、
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 11月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月
24:00 (米)建設支出 前月比 10月
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日も全体的に移動平均線が互いに近い、または狭い値幅で動くレンジ相場でしたが、22:30に発表されたアメリカの経済指標で流れが変わったように感じられました。

それぞれの指標は予想と同程度か少し良いくらいでした。しかしながら、ドルはじり安、ユーロはじり高の展開となりました。ニュースでも特に大きな話題も無かったように感じましたので、一般トレーダーにとっては単純にチャート分析して取り組む以外にありません。

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、23:00頃、連続の陽線で1.185ドルくらいに集まっていた移動平均線の束を上抜け、さらに強め陽線に勢いが感じられましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線が束なったところは、それなりに抵抗が強くブレイクしにくいのですが、今回はその抵抗線を急角度で抜けたということもエントリーの根拠となります。

エントリー後も、ほとんど陰線がでず、移動平均線5MAに沿ってじり高が継続となりました。そして、私がトレード終了時刻としてる0:00が過ぎましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

抵抗線を抜ける5MAの角度は勢いを示しますので、重要な注目ポイントですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ FX本 はこちら

ポンド円で上昇トレンドの直近高値抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/29の夜は、
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 11月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 7-9月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/30の夜は、
17:55 (独)失業率(雇用統計) 11月
19:00 (欧)失業率(雇用統計)10月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 11月
22:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 10月
22:30 (米)個人所得 前月比 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日は朝方に北朝鮮ミサイル発射がありましたが、周辺国やアメリカは比較的冷静な対応であったこともあり、株価や為替への影響は少なかったですね。

またイギリスはEUとの精算金で合意する見通しで交渉が進展するとの報道があったり、イエレンFRB議長の景気拡大発言など、プラス要因となる情報が多かったように思います。

各チャートを見てみると、ドル円、ユーロ円、ポンド円では上昇トレンドの様子を見せ、トレードしやすい相場になることを期待しながらエントリー根拠を探してみました。

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて22:10頃、3連続の強め陽線で直近高値を上抜いてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

エントリー後も勢いは継続し、22:25頃、リミット指値していた150.0円に達し、決済となりました。ポンドで相場の良いときは今回のように勢いが出やすいです。変動も比較的大きいので、しっかりとチャートを見る必要がありますが、魅力的ですね。

まだ時間はありましたので、押し目なども期待しながらポンド円5分足チャートウォッチを続けました。すると、23:35頃、長めの下ヒゲをつけた後、高値を更新してきましたので、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

エントリー後は、5MAに沿ってじりじり上昇した後、急上昇となるよく見られる展開となりました。時間が0:00となり、収穫は十分と考えましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

上昇トレンドにうまく乗ることができてよかったです。

ビットコインがえらい盛り上がりで高値更新していますが、ポンド円以上に変動が大きいので、ポジションを持ったら精神的な自由が無くなりそうです。耐えられそうにないのでスルーです。ストップ高を連発する新興株みたいですね。博打ならスリルがあっておもしろいかも。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

インディケーター(サインツール)について

レンジ相場ではローソク足に注目 – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/28の夜は、
21:00 (独)GFK消費者信頼感調査 12月
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 9月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 11月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 11月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/29の夜は、
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 11月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 7-9月期
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 10月
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日も前日に引き続き、我慢の相場でした。
それなりの経済指標発表もありましたが、特に大きな動きとはなりませんでした。
冬時間で夏時間より1時間遅いことも、普通の会社員にとってはややつらい条件です。アメリカのパウエル次期米FRB議長の承認公聴会や、FRB幹部らの講演などを見極めたいという動きがあるとの市況ニュースもありました。

どのチャートも動きが小さめのレンジ相場でしたが、ポンド円5分足チャートが21:20頃から、連続した陰線が続いていることに着目し、チャートを見ていました。

そんな中、21:50頃、強めの陰線で直近安値を下抜いてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は少しだけ勢いが持続しましたが、何かニュースがあって下がったわけでもないので、長続きはしませんでした。そして、22:35頃、十時線はさんだ陽線で、移動平均線5MAを上抜けてしまいましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

もう少しだけエントリー機会を求めて、根拠を探そうとしたのですが、もみ合いのとなりましたので、前日に続いて2回目のエントリーは断念しました。

あとで確認すると、0:45頃に、安値更新で大陰線をつけていました。夏時間だったら2回目に取り組めたかもと思い、ちょっと残念でした。

動きの小さなレンジ相場はトレードしにくいですが、丁寧に取り組むことが重要です。根拠が弱い状態でバクチ的トレードをしても勝率が下がり、精神的にもよくありません。ポジションを持ちたい気持ちは抑えて、あせらずに待ちましょう。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4のインストール方法

ボリンジャーバンド反転から5MA、200MA下抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/27の夜は、
24:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 10月
の発表がありました。
エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/28の夜は、
21:00 (独)GFK消費者信頼感調査 12月
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 9月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 11月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 11月
予定されています。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日は月曜日ということもあり、新しい手がかりに乏しく、軟調な展開でした。
その中でもオーストラリアドル円がやや活発な動きでしたが、チャートを見始めたのが、22:00近くになっていたため、エントリータイミングを捕まえることができませんでした。

チャートサーフィン開始すると、ほぼレンジ相場となっていたチャートの中でも、ポンド円5分足チャートのレンジ範囲が広く、レンジ上限から反転しそうになっていたので注目してみました。

そんな中、22:50頃、ボリンジャーバンドσ+2.0に上ヒゲがぶつかった後、強めの陰線が発生し、移動平均線5MAと200MAを下抜け、さらに次の足が下がり始めたたタイミングで、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後はそれなりに下落はしたのですが、下のボリンジャーバンドσ-2.0までは届かず、23:15頃、強めの陽線で、5MAを上抜けしてきたタイミングで決済としました。(チャート内□の部分)

その後、もう少しだけエントリー機会を求めて、根拠を探そうとしたのですが、もみ合いのとなりましたので、2回目のエントリーは断念しました。

限られた時間しかない普通の会社員では、取り組みやすい相場でトレードできる機会は少なめです。昨日のような相場でも、根拠をしっかり確認して、取れる利幅が小さくても丁寧に取り組むことが重要だと思います。チャンスは必ずやってきますので、あせらずに待ちたいですね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について