ドル円は一般教書演説が想定内でレンジ継続 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円はトランプ大統領の一般教書演説が想定内の内容であったことにより大きな動くにはならず、先週末からの下落一服でレンジが継続しています。ユーロ円は現在は1時間足、15分足で上昇トレンドとなっていますが、4時間足レンジの上限が近づいています。ポンド円はユーロ円に近いチャートなのですが、ポンドらしい勢いが無いように感じます。オーストラリアドル円は、15分足で上昇トレンドですが、1時間足、4時間足ではレンジ状態です。ユーロドルは緩やかな勾配の上昇となっています。

本日2/1の夜は、
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 1月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 1月
21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 前年比 1月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性 速報値 前期比 10-12月期
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (米)建設支出 前月比 12月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 1月

明日2/2の夜は、
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 1月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI) 前月比 12月
22:30 (米)非農業部門雇用者数変化 前月比 1月
22:30 (米)失業率 1月
22:30 (米)平均時給 前月比 1月
24:00 (米)製造業新規受注 前月比 12月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 1月

が予定されています。22:30雇用統計は大注目ですよ。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

トレードするためのPC&モバイル環境

相場の流れに乗るタイミング – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/29月曜日のトレード根拠です。先週末の大きな下落の影響でドル円、ユーロ円、ポンド円はもみ合うも上値の重い展開が続いていました。その中でユーロ円は、夕方ぐらいから緩やかな下落となっていましたので注目してみました。ドル円、ポンド円も下落だったのですが、やや勢いがあったためか、私がチャートを見始めた20:30頃は、やや下げ止まり感が感じられました。

そんな中、22:05頃、ユーロ円5分足チャートにおいて、一旦上昇するもボリンジャーバンド上限にぶつかって強めの陰線が出ました。そして3つ目の陰線が下がり始め、移動平均線5MA、25MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線25MA、100MA、200MAの並びが下降トレンドの特徴になりつつあったこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は、直近安値を下抜けたあたりから加速し、わりときれいに下がってくれたと思います。そして、23:35頃、前の2つの陰線を包む陽線(包み足)が発生して5MAを上抜け、次の足の陽線が伸びてきそうな勢いだったので決済としました。(チャート内□の部分)

下降トレンド中の戻り売りをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日1/31夜は、

19:00 (欧)失業率 12月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 1月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 1月
22:30 (米)四半期雇用コスト指数 前期比 10-12月期
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 1月
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 12月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

日中ですが11:00過ぎに予定されているトランプ大統領の一般教書演説も注目ですね。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック

ドル円は1時間足で下落一服のレンジ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↓ 15分足:↓
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円は1時間足で下落一服のレンジとなっていますが、4時間足ではまだ下向きの勢いは残っています。抵抗になりやすい週足の直近安値も近いので良く見極めたいと思います。ユーロ円は先週末からの下落に対して反発を試みるも、1時間足25MAを超えられず戻り売り状態です。ポンド円もユーロ円に近い動きですが、調整の範囲と考えて反発上昇を期待したいです。オーストラリアドル円はどの時間足でもみ合いが続いていますので、レンジの上限、下限を確認しておきたいです。ユーロドルは4時間足では25MAの上昇を維持するも、調整局面に見えます。

本日1/30の夜は、

19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値) 前期比 10-12月期
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 1月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 1月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 11月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 1月
24:30 (英)中央銀行(BOE)カーニー総裁、発言

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

そろそろ寒波が収まりそうな気配ですが、関東地方は木曜、金曜にはまた雪が降るそうです。建物の北側はまだ先週の雪というか、氷が残っていますので、その上に積もるのは怖い感じです。歩幅を小さくして転ばないように注意したいと思います。

MT4自動売買 企画プログラム検証

要人発言による相場の急変動に要注意 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は下落傾向が続いています。25日のトランプ大統領の強いドル発言で一時的に上昇しましたが、黒田日銀総裁の発言で戻り売りとなりました。まだ底の見極めは難しい状況です。ユーロ円とポンド円は似たような傾向になっていますが、ユーロは上昇下降の変動が大きいのに対して、ポンド円のほうが堅実に上昇しているように見えます。オーストラリアドル円は4時間足のレンジが続いている感じです。ユーロドルはドルの弱さから上昇となっています。4時間足では上昇一服のもみ合いレンジになっていますが、今後のドルの状況により上抜けするかもしれません。

今週のドル円は、先週のムニューシン財務長官によるドル安容認発言と、トランプ大統領による強いドル発言と正反対の発言があったことに対して、トランプ政権の次の発言、動きに左右されそうです。1/30のトランプ大統領による一般教書演説、1/30、31に実施される連邦公開市場委員会(FOMC)の声明は注目したいと思います。チャート分析では週足のボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限と、直近安値(9/3 107.3円付近)を意識しておきたいと思います。

今週のユーロ円は、1/25欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁記者会見で、ユーロ高に強い懸念を示さなかったことから、欧州経済回復、金利正常化に向けてのユーロ買いは継続し、堅調な動きになるかもしれません。1/30の四半期GDP速報値は注目したいと思います。チャート分析では4時間足ボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限、移動平均線200MAからの反発は注目しておきたいです。

今週のポンド円は、ユーロの金利正常化に向けての動きから、イングランド中央銀行(BOE)による早期利上げ期待が続いているとのことで、引き続き緩やかに上昇する可能性があると思います。チャート分析では4時間足ボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限、移動平均線100MA、日足25MAを期待したいです。

今週のオーストラリアドル円は、原油高による資源価格連れ高のにより底堅い動きになる可能性が高いと思われますが、先週のように中国経済に影響が出るアメリカの貿易政策に関するニュースが流れるともみ合いになる可能性も考えられます。チャート分析では4時間足レンジもみ合いの上限、下限を意識しておきたいです。

今週のユーロドルは、1/25欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁記者会見で、ユーロ高に強い懸念を示さなかったことから、欧州経済回復、金利正常化に向けてのユーロ買いは継続し、堅調な動きになるかもしれません。このところの強い上昇の原因となっているトランプ政権の動きにも注意したいと思います。チャート分析では4時間足移動平均線25MAのサポートに注目したいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
1/30 19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値) 前期比 10-12月期
1/31 11:00頃 (米)トランプ大統領一般教書演説
1/31 22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 1月
2/1 22:30 (米)四半期非農業部門労働生産(GDP、速報値)前期比 10-12月期
2/2 22:30 (米)雇用統計 前月比 1月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/29夜は、
22:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 12月
22:30 (米)個人所得 前月比 12月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

~~~~~~~~~~~~~~~

悠々自適時間は海外でリフレッシュ!

普通のパックツアーじゃつまらない。極上のセレブ気分を味わえるプランに出会えるホームアウェイ。


海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。