月末の経済指標発表に注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円、オーストラリアドル円の下落は少し落ち着いているように見えます。ユーロ円、ポンド円は直近で上げるも、レンジには変わりありません。ユーロドルはレンジから上昇トレンドです。

先週のドル円は、年内の米税制改革実現に対する懸念は後退したものの、22日に公表された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録で、インフレの伸び悩みが意識されていることが明らかになったため、政策金利の利上げペースが鈍化するとの思惑が発生しているようです。

そのため、今週発表の経済指標が弱い数値だと、ドルの上値が重い状態が続く、またはドル安の流れが再開する相場展開となる可能性があるといったニュースも見られました。4時間足25MAで反転して戻り売りが発生するかどうかも確認したいと思います。

先週のユーロについては、前半にドイツ政府連立協議が決裂した影響により下落しましたが、後半は経済指標の数値が予想よりもよく、ユーロ圏経済の回復期待感から上昇しました。今週も経済指標発表の結果が注目されそうです。また日足ではレンジ相場が続いているので、レンジ上限での反転下落の可能性は意識しておきたいと思います。

先週のポンド円は、EU離脱交渉問題、メイ首相の求心力低下の懸念により下落しましたが、週末近くになって、アメリカ政策金利の利上げペースが鈍化するとの思惑から、対ドルで買われたことなどの影響により、上昇したようです。
今週もEU離脱交渉問題で動きがなければ、もみ合いになる可能性が高いように思います。4時間足では100MAにぶつかっての上ヒゲが発生しており、レンジ内で戻り売りの可能性もあると思います。

先週のオーストラリアドル円は、11/21に発表された準備銀行の金融政策会合議事録で利上げに慎重な姿勢であることが示されたため、上値が重くなった感じです。
今週もレンジ相場のもみ合いが続く可能性が高いですが、日足では200MAを割り込んでいることもあり、更なる下げには警戒が必要だと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週の注目すべき経済指標は11/27 24:00 アメリカ新築住宅販売件数、11/28 21:00 ドイツGFK消費者信頼感調査、11/29 22:00 ドイツ消費者物価指数(CPI、速報値)、22:30 アメリカ実質GDP(改定値)、11/30 19:00 ユーロ圏雇用統計などです。

月末ということもあり、経済指標の発表は多くあります。その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

日曜日ですので落ち着いた気分で悠々自適時間の妄想をしたいと思います。

寒い日が続くと暖かさを求めて南の国に行きたくなります。飛行機に乗り、現地の空港に着いて、外に出るともわっとしたなま暖かい空気が空気が体を包みます。青空でさんさんと降りそそぐ太陽の光を浴びると、キターッって感じですね。

空港からリゾート地へ向かうリムジンバスの中でも、ワクワクが続きます。ホテルに着いたらゆっくりして、今晩は何を食べようか、明日はどんなアクティビティを楽しもうかって妄想が膨らみます。ホテルは静かな青い海が見えるオーシャンビューで、ベッドルームとリビングが分かれている2部屋タイプがいいなあ。できれば1ヶ月は滞在したいです。

普通の会社員ではせいぜい数日の滞在ですが、世界最大規模のバケーションレンタル案件数を誇るホームアウェイなら、短い滞在でもセレブな気分を味わえるプランに出会うことができます。

月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ユーロドル上昇トレンドで直近高値上抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/24の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月
の発表がありました。エントリー前には確認しておきましょう。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日はドルが相変わらず上値の重い状況でしたが、ユーロに関しては18:00発表のドイツIFO企業景況感指数が予想よりよかったこともあり、ユーロ円、ユーロドルが久しぶりの上昇トレンドとなりました。レンジ相場、特に値幅の狭いチャートは見ていてもあまり面白くないですが、トレンドが発生すると楽しくなりますね。ということで、ユーロ円、ユーロドルにしぼってエントリータイミングを見計らいました。

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:10頃、IFO企業景況感指数発表直後につけた直近高値を上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

15分足の移動平均線が上から25MA、100MA、200MAと並ぶ、上昇トレンドサインであったこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は、比較的短いローソク足が移動平均線5MAの少し上を進む理想的な展開で、特に大きな経済指標発表、イベントをも予定されていませんでしたので、落ち着いた気持ちでチャートを見ることができました。そして私のトレード終了時間0:00が近づいてきましたので、1.9250ドルにリミット指値をして間もなく、0:00頃、ほぼ終了時間で指値実行決済となりました。

毎日がこのようなチャートなら楽なのですが、なかなかそのようにはなりません。あせらず、レンジ相場では小さくコツコツと、トレンド相場では恐れることなく、利を伸ばせるように取り組んでいきたいと思います。

今日は良い天気なので、これから写真を撮りに出かけてきます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識 はこちら

小さなレンジは少ないリスクで小勝ち狙い – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/23の夜は、
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比 7-9月期
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
の発表がありました。エントリー前には確認しておきましょう。
アメリカは感謝祭のため休場でした。

今日11/24の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 11月
予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日はアメリカが感謝祭ということも、ニュースが飛び込んでこない限り、大きな動きは無いであろうという状況でした。勤労感謝の日の祝日でしたが、私は普通に仕事がありましたのでいつも通り、夜からの出動でした。

チャートはほぼレンジ相場で、値幅も小さいものでしたので、ノートレードとしてもよかったのですが、レンジ相場の取り組みとしてよい小さく勝つ事例ができる可能性を信じて、スプレッドのの小さなドル円、ユーロドル5分足にチャートに注目してみました。

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:05頃、ボリンジャーバンドσ-2.0で反転した後、強めの陽線で移動平均線5MAを上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

エントリー後はもみ合うところもありましたが、小さな値動きながらも上のボリンジャーバンドσ+2.0を目指して上昇してくれました。そして、22:50頃、3連続陰線で5MAを下抜けましたので決済としました。(チャート内□の部分)

続いてレンジ内の往復を期待して、23:15頃、3連続陰線で下り勾配の5MAを下抜けてきましたので、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

しかし、もみ合いの中で3連続陽線が出ましたので、手仕舞いとしました。まあ、今日は仕方のないところです。(チャート内□の部分)

みなさんは良い休日を過ごせましたか。日頃は取り組みしない時間帯のトレードは、市場の環境も異なります。特にアジア時間は急な変化など読みにくいことがあるのて注意しましょう。
普通の会社員なら休日はゆっくりと悠々自適時間を過ごすほうがよいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について

ボリンジャーバンドサポートは付いていく – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/22の夜は、
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)耐久財受注 前月比 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 11月
の発表がありました。エントリー前には確認しておきましょう。

今日11/23の夜は、
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 11月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比 7-9月期
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
予定されています。アメリカは感謝祭のため休場です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日も大きな手がかりがなく、もみ合いが続く結果となりました。今日はアメリカが感謝祭の休場、24日はブラックフライデーということもなんらかの影響があるように思います。

チャートでは、ボリンジャーバンドの幅が狭い、または移動平均線25MA、100MA、200MAが互いに近いレンジ傾向が続いていましたので、レンジ上限または下限の反発によるエントリー根拠を探して、チャートに注目してみました。

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、22:00頃、ローソク足はボリンジャーバンドσ-2.0から離れだし、上昇勾配に変化し始めた移動平均線5MAを3連続陽線で上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は22:30の経済指標発表(耐久消費財が予想を下回り、失業保険申請件数は予想より強い結果でした)で若干もみ合うところもありましたが、連続陰線で大きく下げることはなく上昇しました。前日、初公開したものと同様、ボリンジャーバンドσ+2.0にぶつかってから、ボリンジャーバンドに沿って進むパターンとなりましたので決済は保留しました。ボリンジャーバンドに沿って上昇した場合は、移動平均線5MAを下抜けたところが決済というルールにしましたので、23:55頃、ルール通り、5MAを下抜けたところで決済としました。(チャート内□の部分)

決済したのは足が確定する前だったのですが、最終的には陽線となり、その後も上昇しました。結果的には、足が確定するまで待てばよかったとも思いますが、もう何回か試した上で、ルールを調整していきたいと思います。

昨日の帰宅時は弱い雨で寒さがこたえる感じでした。今日はマフラー出動かも。みなさまも風邪を引かないようご注意ください。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境

エントリー後の3連反発は手仕舞い – 1121トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標、イベントの確認です。

昨日11/21の夜は、
気になる経済指標の発表はありませんでした。

今日11/22の夜は、
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)耐久財受注 前月比 10月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 11月
予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は特に気になる経済指標の発表はありませんでしたが、朝方にアメリカが北朝鮮をテロ支援国家に再指定したことによる北朝鮮の反発や、イギリスのEU離脱ネタなどが警戒されているような報道も見られました。

チャートを見ると相変わらず、ボリンジャーバンドの幅が狭い、または移動平均線25MA、100MA、200MAが互いに近いレンジ傾向が続いていましたので、レンジ上限または下限の反発によるエントリー根拠を探して、チャートに注目してみました。

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、22:15頃、ボリンジャーバンドσ+2.0付近下側で少しもみ合った後、3連続陰線で移動平均線5MA、25MA、200MAを下抜けてきたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

エントリー後すぐは下落したのですが、ボリンジャーバンドσ-2.0が抵抗になる感じで3連続陽線が出てしまいましたので、手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

その後も継続してドル円を見ていると、今度は3連続陰線で再び、5MAを下抜けてきましたので、再びエントリーしてみました。(チャート内○の部分)②

先週11月16日のブログでも書きましたが、移動平均線が互いに近いレンジ相場で、ボリンジャーバンドσ2.0に沿って、上昇、下落というのはエントリーしていませんでした。

しかし、同じような状況から比較的大きく動くチャートは何度も見てきているため、何かトレード根拠とするローソク足の動きを捕まえることができないか、先週からしばらく考えていました。

このようなチャートではボリンジャーバンドσ2.0と移動平均線5MAが近い位置に来ることが多いので、勢いのあるときにサインとする3連続の陰線や陽線との組み合わせなら、それなりの高い勝率になるのではないかという思惑からのエントリーとなります。

エントリー後、ローソク足は期待した動きとなり、勢いが持続して下落しました。そして、23:40頃、ローソク足が5MAを上抜けたところで決済としました。(チャート内□の部分)

今回はうまくいきましたが、基本レンジ相場ですので、どこかでボリンジャーバンドから離れていく可能性が高くなります。
実際に上のチャートの後、少しもみ合って上昇しました。何かもう少しフィルター的な根拠が必要な感じもするのですが、今後も機会があれば、根拠の組合せを試してみたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

心のコントロール(FXで一番大切なこと)