米中貿易戦争懸念が再燃でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?

悠々自適時間-風景

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

先週末は米中貿易戦争回避の動きで急速にリスクオフが弱まったのですが、、、
4/2に今度は中国が鉄鋼、アルミニウム製品の高関税措置への報復として、アメリカ製品128品目に最大25%の関税を上乗せする措置の発動を発表したことにより、貿易戦争懸念が再燃しました。
軟調なダウ平均、WTI原油先物で売り優勢に加え、23:00に発表のあったアメリカISM製造業景況指数が予想を下回ったこともあり、急激なリスクオフとなりました。
月曜日はユーロ圏、イギリス、オーストラリアがイースター休日のため、あまり動かないことを予測していましたが、思い込みは禁物ですね。今後の動きには注意が必要だと思います。4時間足では各通貨ペアともにまだレンジ範囲ですが、1時間足で直近安値を下抜けてきています。

本日4/3の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 3月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

世にも恐ろしいスイスフランショック – 資金管理の大切さ

リスク選好円売りが発生するかに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

4月になりました。今週より日曜日の相場見通しは、チャートの状況をより理解しやすくするため、従来の週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断だけでなく、先週の取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を追加します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:104.6~106.8円
先週終値:106.2円
4Hチャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:129.3~131.8円
先週終値:131.0円
4Hチャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:148.0~150.6円
先週終値:149.0円
4Hチャート型:レンジもみ合い

<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:80.6~82.0円
先週終値:81.6円
4Hチャート型:レンジもみ合い

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.228~1.245ドル
先週終値:1.232ドル
4Hチャート型:レンジもみ合い

となっています。

先週は米中貿易戦争の回避に向けて双方から歩み寄りの発言が見られたこと、北朝鮮問題が改善に向かうとの思惑から、リスク回避の円買いも落ち着きを見せました。しかし、積極的なドル買い、ユーロ買いなどが出るほどの材料も無く、週末がイースター休日であったこともあり、小さなもみ合いで取引を終えました。

今週のドル円は、材料待ちのレンジもみ合いが続くと思われます。今年の利上げペース加速期待は後退しておりドルの上値は重くなっていますが、先週までの反動でリスク選好の円売りが発生する可能性はあると思います。4/6発表の雇用統計は特に注視したいと思います。また、4/5発表の貿易収支が予想より悪い場合、貿易摩擦が再燃する可能性を考慮しておきたいです。
チャート的には、4時間足で25MAがサポートとしてしっかり働き上昇基調を維持できるか、下抜けてレンジに戻るか見極めたいと思います。

今週のユーロ円は、引き続きレンジもみ合いが続くと思われます。しかし、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和策早期縮小の思惑はまだ残っているようなので、4/4発表のユーロ圏消費者物価指数は注目してみたいと思います。貿易戦争懸念後退でリスク選好の円売りが発生する可能性はあると思います。
チャート的には、週足で200MAがサポートとして働いているように見えます。日足で25MAをしっかり抜けて、反転上昇を固められるかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、英中央銀行(BOE)による5月利上げ観測が広がっており、貿易戦争懸念後退でリスク選好の円売りが発生すると強含みになる可能性があると思われます。
チャート的には、日足チャートで100MAをしっかり上抜けることを期待したいです。200MAを下抜けてしまうともみ合い継続になりそうです。

今週のオーストラリアドル円は、4/3発表の政策金利は1.50%に据え置きとなる見通しですが、声明での経済見通しに改善が見られるかが注目されると思います。貿易戦争懸念後退でリスク選好の円売りが発生すると強含みになる可能性があると思われます。
チャート的には、週足で直近安値を下抜けてしまったのですが、貿易戦争回避の動きで踏みとどまりました。4時間足で25MAの上側を維持できると、ある程度まではV字回復も期待できると思います。

今週のユーロドルは、材料待ちのレンジもみ合いが続くと思われます。しかし、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和策早期縮小の思惑はまだ残っているようなので、4/4発表のユーロ圏消費者物価指数は注目してみたいと思います。ドルの動きも今週発表の経済指標に影響を受けると思われます。
チャート的にはここしばらく日足、4時間足で移動平均線25MAをはさんだレンジとなっているため、今週はレンジ下限域から上昇して欲しいところです。

今週はユーロ圏、イギリス、オーストラリアで月曜日がイースターマンデーの休日となるため、動き出すのは火曜日からになりそうです。引き続き、予定外の要人発言には注意が必要です。チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

4/3
08:50 (日)日銀短観 1-3月期
23:00 (米)ISM製造業景況指数 3月
4/4
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 3月
4/5
21:30 (米)貿易収支 2月
4/6
21:30 (米)雇用統計 前月比 3月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日4/2夜は、

23:00 (米)建設支出 前月比 2月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 3月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ホームアウェイで世界100万軒以上の家から、あなたの休日にピッタリの家を見つけよう!

~~~~~~~~~~~~~~~

悠々自適時間は海外でリフレッシュ!

普通のパックツアーじゃつまらない。極上のセレブ気分を味わえるプランに出会えるホームアウェイ。


海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

デイトレでも長い時間足の確認は大事 – ベストトレード根拠

悠々自適-イメージ
こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。



ユーロドルチャート
赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

3/29木曜日のユーロドル5分足チャートです。米中貿易摩擦問題、北朝鮮問題も為替市場が大きく反応するようなニュースも聞かれず、また週末がイースターの休日で連休となることもあり、どの通貨ペアも概ね、1時間足、4時間足で25MAを上下するレンジの動きとなっていました。このような状況で、5分足、15分足でチャートを見て、トレンド発生と思っても、反転してしまうことがあります。そのため、デイトレであっても4時間足くらいまでチャートは確認するようにしています。

そんな中、20:30頃、ユーロドル5分足チャートにおいて、ボリンジャーバンド上限付近、移動平均線300MA(15分足の100MA)が抵抗となる感じで、長い上ヒゲが発生したので注目してみました。4時間足を確認すると、連続陰線で下降中、ボリンジャーバンド下限まではもう少し、1時間足では25MAに上昇を抑えられている感じ、15分足チャートでも、ボリンジャーバンド上限付近にありました。

その後、連続陰線で5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、ややもみ合いながらもレンジ下限に向けて下がっていき、21:45頃、ボリンジャーバンド下限を下抜けたところで決済としました。(チャート内□の部分)

短い時間足だけでなく長い時間足も確認するトレードは、短い時間足しか見ないトレードより、勝率も高くなるし、精神的にも楽だと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

明日から4月となりますので、日々の投稿について少し構成を変えてみようかなと思っています。

心(メンタル)のコントロール – FXで一番大切なこと

材料待ちで4時間足レンジ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

全体的に4時間足チャートのほぼレンジ範囲内の動きとなっていますので、4時間足レンジ内のポジションを確認してから、5分足、15分足のチャートを分析をしていきたいと思います。米中貿易摩擦問題、北朝鮮問題も次の材料待ちで、上下どちらにブレイクするのかが注目されます。

北朝鮮の金正恩委員長の中国電撃訪問がありましたが、5月米朝会談に向けての準備ということらしく、表立っての動きはありません。アメリカは事態がよい方向に進んでいるとしており、トランプ大統領も「会談を楽しみにしている」とツイートしました。

森友問題で佐川前国税庁長官の証人喚問はありましたが、核心部分は証言拒否ということで疑念は晴れずといったところです。森友問題で公文書が改ざんされた事件をを海外メディアはアベゲートと表現し、財務省解体や日本経済が落ち込む可能性が報道されているようです。

引き続き、要人発言による急変動には注意が必要だと思います。

本日3/29の夜は、
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比 10-12月期
17:30 (英)四半期経常収支 10-12月期
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 3月
21:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 2月
21:30 (米)個人所得 前月比 2月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 3月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 3月

画予定されています。

明日3/30の夜は、欧米がグッドフライデーのイースター休日で、特に経済指標の発表は予定されていません。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。


 
北朝鮮の金ファミリー専用列車はなかなか迫力があり、中国の厳戒ぶりもすごかったですね。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

9割の人が負けると言われるFX – その理由とは