イタリア政局不安でユーロ売り – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週は、ドル円が堅調に111円を目指す動きの中、ユーロ円はもみ合い、ポンド円はやや弱いながらも上昇基調、オーストラリアドル円は資源先高観を背景に上昇、ユーロドルは下降もみ合いの相場でした。

ファンダメンタルズとしては、北朝鮮が米朝首脳会談を前に駆け引きの動きから、アメリカはそれに配慮する姿勢、米中通商協議による今後の貿易摩擦への警戒感、イタリアではポピュリスト政権が誕生し、ユーロ離脱の可能性など、政局不安が注目されました。

今回のベストトレード根拠は5/18ユーロ円となります。ユーロ円は約2ヶ月ぶりの公開です。
その日は18:00過ぎから、イタリア新政権が欧州連合(EU)とは方向性の異なる政策をとるのではないかという警戒感から売りが強くなり、もみ合いレンジを大きく下抜けてきました。私がチャートを見始めたのは、20:00を過ぎていましたが、戻り売りに乗れそうな感じがしましたので、注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、21:30頃、一度直近安値を下抜けた後、少し戻しましたが、21:40に上ひげの長い短い陰線が発生し、さらに強めの陰線が伸びてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、反発するシーンもありましたが、移動平均線5MAを大きく上抜けることも無く、思惑通りに下がってくれました。そして、23:00頃の安値更新で下降勢いが弱く下ヒゲが発生し、週末ということもあり、もみ合いになることを想定しましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

ファンダメンタルズで気にするべき情報が多くなっています。経済指標以外にも要人発言による急変には警戒したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?
– 違いを理解して勝率アップ

米10年債利回り再上昇でドルサポート – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

明確な相場以外は判断が難しいですが、喜平の独断で分類しています。

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

北朝鮮が米朝首脳会談を前に駆け引きの動きを見せていますが、米10年債利回りが再び上昇していることが好感されているのか、ドル円は小さなもみ合い状態で、大きく崩れるような様子は見られません。第2回米中通商協議で貿易摩擦が緩和される方向に進む期待もあるのでしょうか。

ユーロ円、ユーロドルはイタリア新政権への警戒感で一時売りが強まりましたが、その後はもみ合いとなっています。ポンドはユーロにつられた動き、オーストラリアドル円は、原油先物の底堅さから、買いが強くなっています。

チャートの動きを見極めてからエントリーしたいと思います。

本日5/17の夜は、

18:00 (欧)建設支出 前月比 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 5月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 4月

明日5/18の夜は、

17:00 (欧)経常収支 3月
18:00 (欧)貿易収支 3月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう

月曜は堅く攻めて波に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

水曜日と土曜日はベストトレード根拠として、普通のサラリーマンが仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今日は5/14月曜日のポンド円5分足チャートです。週明けから米中貿易協議の再開による貿易摩擦緩和への期待、仏中銀総裁がECBの資産購入プログラムへ向けた動きに言及したことなどにより、各通貨ペアともに堅調な動きとなっていました。私がチャートを見始めた20:00頃は上昇が落ち着き、一服状況となっており、移動平均線25MAをはさんだレンジの動きとなっていましたので、レンジ反転のエントリータイミングを見極めるために注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:50頃、ボリンジャーバンド下限域からの連続陽線による反転で5MAをしっかり上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は少し緩みましたが、何とか5MAのサポートを受けて上昇してくれました。25MAは強めの陽線で抜けてくれましたが、連続した勢いが感じられず、ボリンジャーバンド上限に到達後、長めの上ヒゲ付き陰線がでましたので、23:00頃、もみ合う動きを確認して、決済としました。(チャート内□の部分)

月曜日はその週のよい流れをつかみたいので、大きく狙わず、小さな波を捕らえるのがおすすめです。

ドル円は110円をしっかり超えてきました。次の目標は日足200MAでしょうか。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日5/16夜は、

18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 4月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 4月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 4月
22:15 (米)設備稼働率 4月

が予定されています。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FX会社について
– 自分にあった会社で取引口座開設

ECB高官発言でユーロ堅調 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

昨日の週明けは、全体的に底堅い動きとなりましたが、現在は一服となっています。

アメリカ大使館のエルサレム移転による衝突で50人以上の死者が出ており、地政学的リスクへの警戒感は高まっていますが、米中貿易協議の再開を控え、貿易摩擦緩和への期待があるようです。また、ECB高官のビルロワ・ドガロー仏中央銀行総裁が「ユーロ圏経済の鈍化は一時的で、最初の利上げはQE終了後、数四半期後で、数年後ではない」と発言したことが好感され、ユーロは上昇しましたが、15分足ではやや調整となっています。

本日5/15の夜は、

17:30 (英)雇用統計 4月
18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 3月
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値) 前期比 1-3月期
18:00 (独)ZEW景況感調査 5月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 5月
21:30 (米)小売売上高 前月比 4月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 5月
23:00 (米)企業在庫 前月比 3月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 5月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境
– トレード専用端末がおすすめ