各通貨ペアとも4時間足でほぼレンジ – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。(木曜日0:00頃の確認結果)

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、25MAが右上がり、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、25MAが右下がり、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、25MAが水平に近く、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

4時間足ではほぼレンジ相場が継続しています。ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルでは1時間足と15分足でトレンドとなっていますが、4時間足がレンジ上限付近のため、もみ合い、反落、押し目発生の可能性は考慮したいと思います。

本日12/21の夜は、

22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)前期比年率 7-9月期
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 12月
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 10月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)12月
24:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 11月

が予定されています。

明日12/22の夜は、

18:30 (英)四半期経常収支 7-9月期
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、確定値) 前期比 7-9月期
22:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 11月
22:30 (米)個人所得 前月比 11月
22:30 (米)耐久財受注 前月比 11月
24:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 確報値 12月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?

強め陽線で直近高値と200MAを上抜け – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてブログに残していきたいと思います。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。



赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

12/18月曜日のトレード根拠です。ドル円、ユーロ円はレンジで方向感が明確ではありませんでしたが、15分足チャートで弱い上昇トレンドとなっていたポンド円、ユーロドルに注目していました。

そんな中、22:35頃、ポンド円5分足チャートにおいて、ローソク足実体が3連で大きくなり、かつ上昇、強めの陽線で直近高値と15分足200MAを上抜けてきましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は、ポンドらしい勢いが継続しました。途中で若干衰えましたが、ローソク足が5MAにぶつかるタイミングで再び上昇し、理想的な展開となりました。そして23:20頃、151.00円にセットしていたリミット指値が実行され、決済となりました。

「.00円」は強い抵抗になりやすいので、直近で1回目のトライとなる場合は、しっかり利益確定するのがよいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日12/20夜は、

18:00 (欧)経常収支 10月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
24:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 11月

が予定されています。
エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識

レンジ相場で明確な方向感無し – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。(火曜日0:00頃の確認結果)

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円、ユーロドル、いずれもレンジ相場で明確な方向感はありません。15分足のトレンドか1時間足のボリンジャーバンド反転を意識してチャートウォッチしたいと思います。

本日12/19の夜は、

18:00 (独)IFO企業景況感指数 12月
19:00 (欧)建設支出 前月比 10月
22:30 (米)住宅着工件数 前月比 11月
22:30 (米)建設許可件数 前月比 11月
22:30 (米)四半期経常収支 7-9月期

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4自動売買企画プログラム「もしも同じ時間に買い続けたら2017年9月~11月」

週足でレンジ継続、ドル円は日足レンジ下降中 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↑
<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

週足ではほぼレンジが継続しています。ドル円は日足レンジ内下降中25MA付近です。ユーロ円は日足レンジ下限付近ですが、4時間足で強めの陰線となっているため反発できるかどうか注目です。ポンド円は日足レンジ内下降中25MA付近です。オーストラリアドル円は日足でレンジ上限に近づいています。ユーロドルは日足と4時間足で25MAとレンジ下限の間で下降中です。

先週のドル円は、アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)が2018年の政策金利で年3回の利上げ見通しが継続されましたが、2名のメンバーが利上げに反対したことなどにより、利上げペースが鈍化する可能性の思惑から、ドル売りが強くなったようです。
ただ、税制改革法案の年内成立の可能性高くなってきたことなどにより、その後はドルの買い戻される展開となりました。

今週のドル円は、税制改革法案が今週中に両院で可決されるかどうかの影響がありそうです。また、今週発表される経済指標で予想より弱い結果となった場合、利上げペース鈍化の思惑が強くなり、ドルが売られる可能性を指摘するニュースがありました。流れとしてはレンジ内下降中です。

先週のユーロ円は、ドイツの政権連立協議の先行き不透明感があり、ECBの経済成長見通し上方修正を受けて上昇するも、金融緩和策が継続することからの売りが強くなりました。

今週のユーロ円は、ECBの経済成長見通し上方修正したことから、ユーロ圏経済の緩やかな回復が期待されますが、チャート的には日足のもみ合いから上に抜けられるかどうかに注目したいと思います。

先週のポンド円は、金利据え置き、今後の利上げについては慎重な見解によりポンド売りが優勢となりました。

今週のポンド円は、EU離脱交渉の進展期待は持続していますが、チャート的には日足レンジ内下降中、4時間足は下限付近のため、もみ合いか、もう少し下降する可能性があると思います。

先週の豪ドル円は、11月雇用統計結果がよかったこともあり、堅調に推移しました。

今週の豪ドル円は、雇用統計の好結果より買いが継続する可能性がありますが、上昇の勢いは衰えているため、一旦下がることも想定したいと思います。

先週のユーロドルは、FOMCの2018年利上げ観測に弱気な思惑浮上により、一時的には上昇しましたが、ユーロの金融緩和策が継続すること、アメリカ税制改革法案の年内成立への期待が高まったことからもユーロ売り、ドル買いとなりました。

今週のユーロドルは、先週に引き続き、ユーロの金融緩和策が継続すること、アメリカ税制改革法案の年内成立期待によるドル買いが強いこと、チャートでもレンジ内下値余地があることから売り優勢になる可能性が高いと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週の注目すべき経済指標発表、イベントは12/19 18:00 (独)IFO企業景況感指数、12/21 (日)日銀政策金利発表 15:30 (日)黒田日銀総裁定例記者会見、 22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)です。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日12/18の夜は、
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 11月
が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

寒い日が続きますね。特に約束の無い休日は外出せず、1日中、家にいることが多くなりました。そんな日は家で音楽を楽しみます。ギターだとケースから出すのも気合がいる感じですが、小さなウクレレはコタツに入りながらでも弾くことができ、音も小さいので近所迷惑になりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

A列車で行こう



月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

戻り上昇に対する100MAの抵抗に注目 – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてブログに残していきたいと思います。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠を公開していきたいと思います。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

12/14木曜日のトレード根拠です。14日の夜はイギリス、ユーロの政策金利発表や定例記者会見などがあり、早い時間は動きの小さな通貨ペアが多かったように感じました。そのため、22:30のアメリカ小売売上高、ドラギECB総裁の定例記者会見までは様子見とし、その後の動きを見てからエントリー根拠を探すことにしました。

結果としてポンドは金利据え置き、今後の利上げについては慎重で伸び悩みとなり、ユーロは金利据え置きも経済見通しが上昇修正され、一時的には上がったのですが、戻りも強く流れがつかみにくい状況でした。
ドルは小売売上高が予想よりも良かったもののレンジを抜けるほどの勢いはありませんでした。

そんな中、22:50頃、ポンド円5分足チャートにおいて、21:00の金利発表下落から、戻り上昇となっていたローソク足が弱くなり、移動平均線100MAあたりで上ヒゲが発生した後、5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

25MAの傾きが右下がりとなり高値を切り下げる様子を見せていたこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は、強めの陰線が3連続発生した後、5MAとボリンジャーバンドσ-2.0にはさまれるような形でもみ合いとなりました。私のトレード終了定時0:00となり、5MAの傾きも水平から上昇に転じましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

イベント後の弱いトレンドの波を捕まえることができた良いトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

ファンダメンタルズも気になるニュースが増えています。テクニカル分析の前にニュースはしっかりチェックしたいと思います。

寒い日が続きますね。昨日、喜平は会社の忘年会がありました。12月は飲む機会も多くなりますが、酔っている時のトレードは控えてください。エントリー根拠の確認が甘くなり、勝ちにくくなりますよ。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について