米ダウ平均大幅反落でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

昨日はイギリスがEU離脱交渉で移行時期の条件で合意に達したとの報道によりポンドが上昇しました。それにともないユーロ、ドルも上昇したのですが、上昇一服後は、アメリカ株式相場の大幅反落で下げに転じました。
全体的にはレンジ継続の様子ですが、オーストラリアドル円は軟調です。今週はFOMC声明、パウエル議長の記者会見が予定されていますが、トランプ大統領をはじめ、要人による予定外時間の発言で変動する可能性を留意しておきたいと思います。

本日3/20の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 2月
18:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 2月
19:00 (独)ZEW景況感調査 3月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 3月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について

米通商政策による貿易戦争懸念拡大 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓

となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

先週は、米朝関係改善のニュースはティラーソン国務長官解任以降なく、表立った進捗が無いように見えます。トランプ大統領は鉄鋼とアルミニウム製品に大幅な輸入関税を課す大統領令に署名した後も、保護主義的な通商政策を維持し、特に中国に対しては厳しい態度を見せているため、貿易戦争による経済への悪影響の懸念が相場を押し下げています。オーストラリアドルは下げは大きいですね。

今週のドル円は、上値の重い展開が予測されます。連邦準備理事会(FRB)が3/20-21に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げ、1.50%-1.75%とすることは確実視されており、市場の関心は利上げペースに向けられているようです。FOMC声明およびパウエル議長の記者会見には注目です。
また、トランプ政権は中国などをターゲットに保護主義的な通商政策を維持すると予想されているため、貿易摩擦深刻化に対する警戒感から積極的なドル買いにはなりにくいと思われます。
チャート的には4時間足の移動平均線25MA、75MAが抵抗として働き、上に抜けることは難しそうに見えます。25MAとボリンジャーバンド下限の範囲での動きになりやすいと思われます。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和策の早期縮小について慎重な姿勢を見せているため、金利先高期待によるユーロ買いは抑えられると思われます。トランプ政権の保護主義的な通商政策からの貿易摩擦深刻化に対する警戒感、日本の政局不安が円高の要因となる可能性もあることから、弱含みの展開になる可能性が高いと思われます。
チャート的には日足を見ると200MAで戻り売りになっており、しっかりとした3連続陰線が発生しています。130円を割り込んだ場合、129.6円付近に週足の200MAがあり、そこで反発が出るかどうかといったところです。

今週のポンド円は、インフレ指標が好調であることから政策金利の利上げ期待が広がっているが、EU離脱後の交渉が難航していること、ロシア元スパイの殺人未遂事件に関するロシア政府の対応を批判して関係が悪化していること、トランプ政権の保護主義的な通商政策による貿易摩擦警戒から、上値は重い展開になると思われます。
チャート的には4時間足でボリンジャーバンド下限からの反転の動きが維持できるか、もみ合いになるのかに注目したいと思います。

今週のオーストラリアドル円は、準備銀行(中央銀行)の成長見通し引き下げ、GDPの伸びの鈍化に加え、トランプ政権の保護主義的な通商政策で中国経済への影響が懸念されることから、弱含みの展開になる可能性が高いと思われます。3/20の準備銀行(中央銀行)の理事会議事要旨が予想より弱い内容だと更に売られる可能性もあると思います。
チャート的には週足で直近安値付近まで来ています。下抜けすると、80.0円が見えてくると思われます。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和策の早期縮小について慎重な姿勢を見せているため、金利先高期待によるユーロ買いは抑えられると思われます。またアメリカの追加利上げが確実視されていることもユーロ上昇を抑える要因ですが、トランプ政権の保護主義的な通商政策から、積極的なドル買い、ユーロ売りになる可能性も低く、もみ合いになる可能性が高いと思われます。
チャート的には日足、4時間足でレンジが継続しており、この動きが今週も継続する可能性が高いと思われます。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
3/20
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
3/22
03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利発表
03:30 (米)連邦準備理事会(FRB)パウエル議長、定例記者会見
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)政策金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
3/23
21:30 (米)耐久財受注 前月比 2月

に注目したいと思います。

先週からアメリカは夏時間となり、日本時間の各経済指標発表が冬時間より1時間早くなっていますよ。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日3/19夜は、

19:00 (欧)貿易収支 1月
19:00 (欧)建設支出 前月比 1月

の経済済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

私の趣味の一つは音楽ですが、ケースから出したギターはまだまだ冷たい。指も動きにくい。ということで、ソファーに出しっぱなしのウクレレを弾くことが多くなっています。ウクレレは音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

夜空ノムコウ



月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ポンド円の勢いをつかむ – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

今回は3/14水曜日のポンド円5分足チャートです。注目されていた経済指標のアメリカ小売売上高は予想より弱い結果となり、ドル円はそこそこ下がったのですが、継続した売りは見られず、レンジ内に戻されました。ユーロ円、ポンド円も同様にレンジの傾向が続きいていましたが、徐々に切り下げる動きが見られましたので、ローソク足の動きに注目してみました。
そして00:05頃、抵抗になると考えていた600MA(15分足200MA)を下抜けて勢いがついたところで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

長らくレンジの動きとなっていたため、5分、15分の移動平均線はすべて束なる様子でローソク足より上に位置していました。

そこで、1時間足で下側の抵抗線を確認すると、148.02円付近に100MAがありましたので、指値148.00円、逆指値148.70円に注文を入れました。

チャートをちら見しながら就寝準備を始めたところ、下落はさらに勢いがつき、00:20頃、指値決済となりました。

週前半に続き、徐々に下落するローソク足の動きを捕らえることができました。ローソク足の勢いを感じるには、やはり生チャートを見ての裁量トレードがベストですね。

アメリカが夏時間となり、経済指標発表時間が1時間早くなったのは、トレードしやすいと感じます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック

レンジだが要人発言に注意 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

引き続き全体的にレンジ状態となっています。昨日のアメリカ小売売上高は予想より弱いものでしたが、大きく崩れることはありませんでした。しかし、トランプ大統領のツイートから貿易戦争への警戒感でリスクオフとなり、ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円が下落する場面もありました。イギリスのメイ首相が元スパイ襲撃に対してロシアへの報復措置を発表しました。
まだレンジ傾向は続くと感じますが、要人発言には注意が必要だと思います。

メインで見ているチャートだけでなく、一つ、二つ上の長い時間足チャートも合わせて確認すると、大きな動きの中での位置が把握できるのでエントリー判断の助けになると思いますよ。

本日3/15の夜は、
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 3月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 2月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 3月

明日3/16の夜は、
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 2月
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 2月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 2月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 2月
22:15 (米)設備稼働率 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ローソク足の読み方