貿易戦争回避の動きで反転上昇か – トレンドですか?レンジですか?

悠々自適時間-風景
こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

先週末はアメリカと中国の貿易摩擦に対する警戒感がかなり高まり、ダウは大幅安で引けましたが、週明けは東京株式市場がやや落ち着きを見せていたことから、為替市場も下げ一服の動きを見せています。また、中国の李克強首相が貿易戦争を回避するために交渉を継続すると発言したことや、アメリカのムニューシン財務長官も中国と建設な対話を行うと発言したことが好感され、ダウも大幅上昇し、為替もやや回復です。

ユーロ円、ユーロドル、ポンド円はわりとしっかり反発しています。ドル円、オーストラリアドル円は15分足で上昇がしていますが、まだ弱い感じです。引き続き、要人発言には注意が必要です。日本の森友問題も目が離せません。

本日3/27の夜は、

18:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 3月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 1月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 3月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。


FX凄腕名人紹介 – 同じトレードスタイルの名人を探そう

FOMC今年利上げは予測通りでやや失望 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

全体的にレンジ状態ですが、ポンド円はイギリスのEU離脱交渉が進んでいること、およびインフレ指標も好調のため、4時間足で下値を切り上げる動きがあります。FOMCの結果で、15分足でドル円は下落、クロス円、ユーロドルは上昇となっています。

今朝方のFOMC声明とパウエル議長の記者会見では、金利は予測どおり0.25%利上げ、今年にあと2回の利上げとしましたが、これまでの予測と変化がなかったことで市場は、やや失望の反応となったようです。しかし、来年以降の予測については強気で、現在発生している諸問題から、タカ派的な意思決定が先送りされた印象でした。

引き続き、貿易戦争への警戒感、イギリスとロシアの関係悪化、森友問題からの安倍内閣の支持率低下などリスクオフにつながる問題も多いため、急変動には注意が必要だと思います。

メインで見ているチャートだけでなく、一つ、二つ上の長い時間足チャートも合わせて確認すると、大きな動きの中での位置が把握できるのでエントリー判断の助けになると思いますよ。

本日3/22の夜は、
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
18:00 (欧)経常収支 1月
18:00 (独)IFO企業景況感指数 3月
18:00 (欧)欧州中央銀行(ECB)月報
18:30 (英)小売売上高指数 前月比 2月
21:00 (英)イングランド銀行(BOE、英中央銀行)政策金利発表
21:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 1月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 2月

明日3/23の夜は、
21:30 (米)耐久財受注 前月比 2月
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 2月

が予定されています。イングランド銀行(BOE、英中央銀行)政策金利、英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨は注目したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

インディケーター(サインツール)について

米ダウ平均大幅反落でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

昨日はイギリスがEU離脱交渉で移行時期の条件で合意に達したとの報道によりポンドが上昇しました。それにともないユーロ、ドルも上昇したのですが、上昇一服後は、アメリカ株式相場の大幅反落で下げに転じました。
全体的にはレンジ継続の様子ですが、オーストラリアドル円は軟調です。今週はFOMC声明、パウエル議長の記者会見が予定されていますが、トランプ大統領をはじめ、要人による予定外時間の発言で変動する可能性を留意しておきたいと思います。

本日3/20の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 2月
18:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 2月
19:00 (独)ZEW景況感調査 3月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 3月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について

レンジだが要人発言に注意 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

引き続き全体的にレンジ状態となっています。昨日のアメリカ小売売上高は予想より弱いものでしたが、大きく崩れることはありませんでした。しかし、トランプ大統領のツイートから貿易戦争への警戒感でリスクオフとなり、ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円が下落する場面もありました。イギリスのメイ首相が元スパイ襲撃に対してロシアへの報復措置を発表しました。
まだレンジ傾向は続くと感じますが、要人発言には注意が必要だと思います。

メインで見ているチャートだけでなく、一つ、二つ上の長い時間足チャートも合わせて確認すると、大きな動きの中での位置が把握できるのでエントリー判断の助けになると思いますよ。

本日3/15の夜は、
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 3月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 2月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 3月

明日3/16の夜は、
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 2月
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 2月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 2月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 2月
22:15 (米)設備稼働率 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ローソク足の読み方

北朝鮮問題と米通商政策に警戒 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

北朝鮮との首脳会談実現の懸念、米通商政策に対する警戒感が続く中、各通貨ペアともにもみ合いレンジの様子となっています。オーストラリアドル円のみ、やや上昇トレンドの気配がありますが、まだ強い動きではありません。
レンジ範囲を確認して、上限と下限での反転の動きを捕らえていきたいと思います。

今週は大きな経済指標の発表は少ないのですが、トランプ大統領をはじめ、要人の発言には注意したいとことです。もちろん日本の森友学園問題による安倍内閣への影響も相場へ影響する可能性があると思います。

本日3/13の夜は、

21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX