ドル円下降勢いに大注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円が2種連続で大陰線、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陽線でした。

ドル円のみ2週で6円近い強烈な下げです。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:107.4円 終値:105.4円
先週高値:108.6円 安値:105.0円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:118.6円 終値:118.9円
先週高値:120.9円 安値:118.5円
先週1時間足チャート型:逆V字下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:137.0円 終値:137.4円
先週高値:139.2円 安値:136.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:69.4円 終値:70.0円
先週高値:71.5円 安値:69.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:1.104ドル 終値:1.129ドル
先週高値:1.136ドル 安値:1.104ドル
先週1時間足チャート型:上昇基調

となっています。


<今週のドル円>

いやあ強烈な下げです。コロナの見通しが立たない中、緊急利下げも行い、下げの傾向は続きそうに思いますが、104.5円付近に週足で意識される水平ラインがあるので、一旦戻りが欲しいです。そして4時間足レベルの戻り売りで勝負したい感じです。戻りの動きが確認できるまでは、15分足でN字売り狙いです。日足の目線を分けるラインは108.25円、注目水平ラインは107.75円、104.5円です。

<今週のユーロ円>

ドル円と比較すると落ち着いた動きに見えますが、先週の値幅は2.4円と小さくありません。動きが荒いので、1時間足以上のレンジ反転をしっかりと見極めて、エントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは120.0円、注目水平ラインは119.6円、118.5円です。

<今週のポンド円>

先々週の爆下げ下限付近からたいした反発も無く、もみ合い状態です。4時間足25MAに抑えられている感もあるので、下の第2波が来る可能性もありそうです。但し、ショートカバーでの大きな戻しにも警戒しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは141.0円、注目水平ラインは139.2円、138.0円、136.5円です。

<今週の豪ドル円>

先々週の爆下げから戻りは見られたものの、4時間足25MAが抵抗となった印象です。70.0円付近のもみ合いから、再度戻りが確認できたら、4時間足25MAに対する取り組みに注目したいと思います。日足の目線を分けるラインは72.4円、注目水平ラインは71.0円、70.0円です。

<今週のユーロドル>

週足下降トレンドラインを上抜けてきました。1時間足、4時間足の25MAがサポートと働き、上昇基調が継続するのかに注目したいと思います。日足の目線を分けるラインは1.110ドル、注目水平ラインは1.120ドル、1.140ドルです。

ドル円に大注目です。一旦戻しの後、100円割れを目指す動きなれば理想ですかね。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、引き続き様子見としておきます。


今週発表の経済指標、イベントでは、

3/9
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)10-12月期

3/10
10:30 (中)消費者物価指数(CPI)2月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)10-12月期

3/11
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)2月

3/12
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

3/13
16:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)2月

に注目したいと思います。

今週からアメリカは夏時間で1時間早くなりますよ。

指標発表は少なめですが、予定外の要人発言にも注意したいと思います。

3/9(月)の夜は、

特に経済指標等の発表は予定されていません。

3/10(火)の夜は、

19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)10-12月期

の経済指標発表、イベントが予定されています。