ドル円はそろそろ動くか – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

ドル円、ユーロ円で動きが出てきたような感じです。しっかり見極めてからいきましょう。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:↓
15分足 :↓

<ユーロ円>
4時間足:↓
1時間足:↓
15分足 :↓

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↓

<豪ドル円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :→

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、意識されていた水平ライン106.9円を下抜けてきました。1回目の戻りはしっかりと106.9円が抵抗として働きましたので、下向きの流れが加速してくることを期待したいです。

ユーロ円は、まだ週足の下限ライン付近ですので、無理は禁物ですが、下向きの勢いが出たら、戻り売りのポイントを探りたいと思います。

ポンド円は、レンジから抜け出すことができていません。注目水平ライン132.45円を下抜けてN字下降が現れるのを待つ感じです。

豪ドル円は、目線を分けるラインを上抜けてきており、1時間足でちょっといい感じです。上昇トレンドの流れになって欲しいところです。

ユーロドルは、レンジの動きです。レンジ内反転の動きが加速するタイミングをとらえることができれば、エントリーできるかもといったところです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

4/29(水)の夜は、

17:00 (欧)マネーサプライM3 3月
18:00 (欧)経済信頼感 4月
18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 4月
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)1-3月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 1-3月期
21:30 (米)四半期コアPCE・速報値 1-3月期
23:00 (米)住宅販売保留指数 3月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

4/30(木)の夜は、

16:55 (独)失業率 4月
18:00 (欧)失業率 3月
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)1-3月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)4月
19:00 (日)外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)個人所得 3月
21:30 (米)個人消費支出(PCE)3月
21:30 (米)四半期雇用コスト指数 1-3月期
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 4月

5/1(金)の夜は、

17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
17:30 (英)消費者信用残高 3月
17:30 (英)マネーサプライM4 3月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
23:00 (米)建設支出 3月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 4月

が予定されています。

4/29水曜日深夜はFOMC金利発表です。持ち越しは注意しましょう。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、4/24の金曜日公表された4/21取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。先週も引き続き投機筋の動きは小さくなっています。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 53,730 (+3,867)
売り 27,704 (+484)

ユーロ/ドル
買い 170,378 (+5,300)
売り 83,160 (+4,699)

ポンド/ドル
買い 29,527 (-760)
売り 30,907 (+3,852)

豪ドル/ドル
買い 21,452 (-585)
売り 56,272 (-1,319)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待ちましょう。トレーダーは待つのも仕事。

損小利大のための決済ポイント
– 利大は相場で使い分け 


もみ合いブレイク待ち&短期切り取り – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

緊急事態宣言の解除は延期でしょうかね。相場もまだ方向性が定まらない感じです。

方向性が定まらない間は大きく狙わずに短期で刻んでいきましょう。

先週の週足は、豪ドル円が陽線、ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:107.5円 終値:107.5円
高値:108.0円 安値:107.3円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:116.9円 終値:116.3円
高値:117.3円 安値:115.5円
1時間足チャート型:下降もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:134.4円 終値:132.9円
高値:134.7円 安値:131.9円
1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:68.4円 終値:68.6円
高値:69.3円 安値:67.3円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.087ドル 終値:1.082ドル
高値:1.090ドル 安値:1.073ドル
1時間足チャート型:もみ合い下降

となっています。


<今週のドル円>

4時間足のもみ合いレンジが続いていてちょっとつまらない相場です。注目水平ライン108.05円、106.9円をしっかりブレイクする勢いを待ちたいところです。日足の目線を分けるラインは108.5円、注目水平ラインは108.05円、106.9円です。

<今週のユーロ円>

4時間足レンジ下限、注目水平ライン116.3円下抜けたのですが、116.3円は週足でも意識される強いラインなのでなかなか取り組みが難しい感じです。116.3円からN字下降して、1時間足25MA下抜けたあたりを狙う感じでしょうか。その場合、利確は115.6~115.7円くらいできざむイメージです。日足の目線を分けるラインは120.0円、注目水平ラインは117.25円、116.3円です。

<今週のポンド円>

4時間足レンジは1段下がりましたが、注目水平ラインの間でもみ合いとなっています。132.45円を下抜けてN字形成してくれるのが理想的ですが、どうなるでしょうか。N字形成せずに勢いよく下にいってしまった場合は諦めてください。飛び乗りはリスクが大きくなります。日足の目線を分けるラインは135.7円、注目水平ラインは133.6円、132.45円です。

<今週の豪ドル円>

4時間足もみ合いレンジ継続です。大きな流れはつかみにくいので1時間足で4時間足レンジ内の動きを確認してください。5分足、15分足で意識される水平ラインでのN字を確認して取りにいきたいと思います。日足の目線を分けるラインは69.3円、注目水平ラインは67.6円です。

<今週のユーロドル>

日足三角保ち合いは下に動いた感がありますが、注目水平ライン1.0765ドルをしっかり下抜けることはできませんでした。再度、下抜けにトライして、失敗したら日足目線ライン1.098ドルくらいまでは戻されるようなイメージを持っておきたいと思います。もちろん注目水平ラインを勢いよくブレイクした場合はついていきたいです。日足の目線を分けるラインは1.098ドル、注目水平ラインは1.082ドル、1.0765ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、引き続き様子見としておきます。


今週発表の経済指標、イベントでは、

4/27
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁 定例記者会見

4/29
10:30 (豪)四半期消費者物価(CPI)1-3月期
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)1-3月期
21:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 1-3月期

4/30
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
16:55 (独)失業率 4月
18:00 (欧)失業率 3月
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値)1-3月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)4月
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)個人消費支出(PCE)3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

5/1
23:00 (米)ISM製造業景況指数 4月

に注目したいと思います。4/30木曜日に気になるイベントが多くなっています。

もちろん4/30早朝のFOMCは大注目ですよ。

4/27(月)の夜は、特に気になる指標発表などは予定されていません。

4/28(火)の夜は、

22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 2月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)4月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。