あせらずにチャンス待ち – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

もみ合いレンジから抜けてきそうな動きも感じられます。しっかりとN字エントリーできるところを見極めていきたいですね。トレーダーは待つのも仕事です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、109.0円前後のもみ合いとなっています。上に抜けそうなイメージはありますが、思い込みで先走らないようにした方がよいです。N字確認できるまで待つことにより、リスクを抑え、勝率も上がってくると思います。

ユーロ円は、4時間足レンジ上昇中です。1時間足25MAとの絡み及び、注目水平ラインのサポートを確認しながら120.0円までの動きをとらえたいです。

ポンド円は、134.5円から上抜けそうなところで抑えられています。もう少し動きが明確になってからエントリーしましょう。もちろん下抜けもありますよ。

豪ドル円は、注目水平4ライン67.7円の攻防です。上抜けることができるのか、レンジない反転するのか見極めにはもう少し待つ必要があります。

ユーロドルは、4時間足レンジ下限付近のもみ合いからは一旦上昇となりました。波は少し落ち着いてきているようにも見えるのですが、ユーロドルとしてはまだ荒い動きです。1.10ドルを目指す動きにはなりそうですが、N字エントリーで損切り幅、損切りリスクは抑えていきましょう。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

4/8(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

4/9(木)の夜は、

21:30 (加)失業率 3月
21:30 (米)卸売物価指数(PPI)3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)卸売在庫 2月
23:00 (米)卸売売上高 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 4月

4/10(金)の夜は、

21:30 (米)消費者物価指数(CPI)3月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、4/3の金曜日公表された3/31取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ユーロもやっと落ち着いてきました。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 48,444 (-8,084)
売り 30,162 (-2,503)

ユーロ/ドル
買い 155,047 (+2,687)
売り 80,800 (-10,270)

ポンド/ドル
買い 37,149 (-9,385)
売り 32,156 (-3,494)

豪ドル/ドル
買い 27,315 (-3,709)
売り 58,979 (+2,748)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

FXの基礎知識
– 用語を覚えてブログの理解を深めよう