そろそろ動き出す?もう少しだけ我慢 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

レンジ多目ですがそろそろ動き出しそうな感じもあります。あわてずにいきましょう。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:↓
15分足 :→

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:↓
15分足 :↓

<豪ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↓

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、4時間足レンジが続いています。1時間足25MAがヨコヨコ状態なので、少し角度がついてくるまで待ちたい感じです。

ユーロ円は、日足下限116.3円付近の抵抗が強いです。かといって買いでは入れそうにも無いので、様子見です。

ポンド円は、4/21の午後に注目水平ライン133.6円下抜けで急落し、さらに132.45円も下抜けました。その後少し反発しましたが、戻り売りを狙っていきたいです。4時間足で下降トレンドが発生して欲しい動きです。

豪ドル円は、注目水平ライン67.6円を一時下抜けましたが、戻されています。再び下抜けて、安値を更新してきたら、下降波をくるなら、売りエントリータイミングを見極めたいと思います。

ユーロドルは、小さな波に戻ってきていますが、まだ50pips以上の急な動きもあります。目線が定まらない感じなので、少し様子見でしょうか。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

4/22(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (加)消費者物価指数(CPI)3月
22:00 (米)住宅価格指数 2月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)4月

4/23(木)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)4月
23:00 (米)新築住宅販売件数 3月

4/24(金)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 4月
21:30 (米)耐久財受注 3月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 4月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、4/17の金曜日公表された4/14取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。動きは小さくなっています。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 49,863 (+614)
売り 27,220 (+381)

ユーロ/ドル
買い 165,078 (+3,893)
売り 78,461 (-3,100)

ポンド/ドル
買い 30,287 (-967)
売り 27,055 (-506)

豪ドル/ドル
買い 22,037 (-4,446)
売り 57,591 (-4,290)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待ちましょう。N字形成を待ちましょう。

ローソク足の読み方
– テクニカルの王道で勝率アップ