引き続き大きな波に要注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円が陽線、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陰線でした。

ドル円がポンド円並みに荒れています。波が大きすぎて感覚が狂ってしまいます。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:105.8円 終値:107.8円
先週高値:108.5円 安値:101.2円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:118.2円 終値:119.9円
先週高値:120.3円 安値:116.1円
先週1時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:136.2円 終値:132.4円
先週高値:137.2円 安値:131.2円
先週1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:68.3円 終値:66.8円
先週高値:70.4円 安値:64.3円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.135ドル 終値:1.110ドル
先週高値:1.149ドル 安値:1.105ドル
先週1時間足チャート型:下降基調

となっています。


<今週のドル円>

波が大きいですね。ストップも巻き込んで先々週の始値も超えてきました。順張りでもついていくのが大変です。まだ上昇勢いは残っていると思いますので、週明けの動きに注目です。但し、引き続き波が大きな相場が想定されるので、ロットサイズをいつもの半分にして、利益確定、損切り幅はいつもの倍くらいでちょうどいいかもしれません。相場の流れを把握してN字確認していきましょう。まだ上がるだろう、そろそろ下がるだろうの思い込みは禁物です。しまったら仕舞えですよ。日足の目線を分けるラインは108.5円、注目水平ラインは110.0円、107.75円です。

<今週のユーロ円>

週足直近安値付近から急反発となり、コロナ急落前のレンジまで戻ってきました。狙いは121.0円からの戻り売り、119.0円を下抜けての117.0円付近までの下げでしょうか。波が大きいのでロットサイズは控えめにいきたいと思います。日足の目線を分けるラインは120.1円、注目水平ラインは121.0円、119.0円です。

<今週のポンド円>

4時間足25MAに抑えられている感じがします。4時間足安値を更新してくるようであれば、週足安値の130.3円を確認しに行く可能性もあると思います。4時間足25MAをしっかり上抜けると137.2円を目指す展開も考えられます。他の通貨ペアもそうですが、今週は大きなレンジのもみ合い想定がよいのではないでしょうか。日足の目線を分けるラインは141.0円、注目水平ラインは137.2円、130.3円です。

<今週の豪ドル円>

世界経済の減速警戒から資源国通貨は売られやすい状況ですかね。4時間足25MAにしっかり抑えられているように見えます。66.0円を下抜けてくるなら、N字確認で売ってみたいです。日足の目線を分けるラインは72.4円、注目水平ラインは67.7円、64.4円です。

<今週のユーロドル>

日足で相当な勢いで上昇した後、日足の目線を分けるライン付近まで押してきています。パニック的な乱高下は一旦落ち着くと思われますので、1.10~1.11175ドルレンジを想定したいと思います。レンジブレイクがあればN字確認です。日足の目線を分けるラインは1.107ドル、注目水平ラインは1.1175ドル、1.100ドルです。

波が大きいので利益確定、損切りは広めにする必要がありますが、損失想定を普段と同じくらいに抑えるため、ロットは控えめでいきましょう。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、引き続き様子見としておきます。


今週発表の経済指標、イベントでは、

3/16
11:00 (中)小売売上高 2月

3/17
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
21:30 (米)小売売上高 2月

3/18
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)2月

3/19
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FPMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)2月
15:30 (日)黒田東彦日銀総裁 定例記者会見

に注目したいと思います。

コロナウイルス関連で予定外の要人発言にも注意したいと思います。

3/16(月)の夜は、

21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 3月

3/17(火)の夜は、

18:30 (英)失業率 2月
19:00 (欧)建設支出 1月
19:00 (独)ZEW景況感調査 3月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 3月
21:30 (米)小売売上高 2月
22:15 (米)鉱工業生産 2月
22:15 (米)設備稼働率 2月
23:00 (米)企業在庫 1月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 3月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

モバイルトレード環境はこれで決まり