レンジ幅大きい荒れた相場 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

予想通りの大きな波で荒れた展開となっています。こんな相場では効いている強い水平ラインを見極めて、反転の動きをスパッと切り取るのが良いです。長くポジションを持っていると含み益が飛んだりするので注意が必要です。コロナの影響はまだ続きそうですね。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、週明けからもみ合いレンジですが、ドル円としては大きい約1.5円のレンジです。1時間足、15分足の25MAとの位置関係を確認しながら、MA反転下降などの動きを狙ってみたいです。

ユーロ円は、週明けから値動きは2.5円近くあり上昇しています。ロットサイズは小さめ、利確幅、損切り幅は大きめでバランスを取りたいと思います。小さな波に惑わされず、強い水平ラインでの反転に注目したいと思います。

ポンド円は、もみ合いですが、やはりレンジは広いです。15分足だと数本の足で反転する波なのでとらえにくいですね。1時間足もみ合いレンジのブレイクまで待ちたいと思います。

豪ドル円は、1時間足で上昇もみ合いからレンジ上抜けトライしてきましたが戻されています。1時間足では25MAの上に来ていますが、4時間足ではまだ25MAの下、しかも長い上ヒゲなので、方向感はもう少し見極めが必要です。

ユーロドルは、1時間足以下で上昇トレンドです。上昇トレンドでは25MAのサポートを中心に確認していきたいです。

大きな波の相場なので大きく取れるチャンスになりやすいです。

飛び乗りしないで、ここぞという場面まではエントリーを我慢してください。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

3/4(水)の夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
19:00 (欧)小売売上高 1月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 2月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)2月
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)2月

3/5(木)の夜は、

21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 2月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・改定値 10-12月期
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)製造業新規受注 1月
26:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言

3/6(金)の夜は、

22:30 (米)貿易収支 1月
22:30 (米)雇用統計 2月
24:00 (米)卸売在庫 1月
24:00 (米)卸売売上高 1月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、2/28の金曜日公表された2/25取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。円、ユーロが2万枚以上の売り越しですが、1週遅れのデータなので今は様子が異なると思います。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 53,855 (-4,750)
売り 110,244 (+24,418)

ユーロ/ドル
買い 157,587 (-12,999)
売り 271,608 (+9,515)

ポンド/ドル
買い 72,667 (-117)
売り 43,069 (-457)

豪ドル/ドル
買い 56,684 (+8,695)
売り 100,536 (+15,070)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待つこと、エントリーしたら根拠としたラインが破られたあたりに損切り逆指値を入れておくことを心がけましょう。

初めてのFX Q&A
– 初心者の疑問にお答えします