トレードスタイル5

こんにちは。喜平です。

トレードスタイルについては、今日で一旦終了したいと思います。また、思いつくことがあれば日々のブログに書くようにしますね。

為替に大きな影響を与えるものの一つに経済指標の発表があります。影響度は指標に対する市場の関心度によって異なりますが、私が取引可能な日本時間夜の時間帯で特に関心度が高いのは、毎月第1金曜日のアメリカ雇用統計、FOMC議事録(年8回、うち3,6,9,12月はFRB議長記者会見あり)、四半期に1度(1,4,7,10月下旬)のアメリカGDP速報値などです。

それらの内容が市場予測との差が大きい場合に、サプライズと受け止められて大きく動くことが多いようです。政策金利発表、利上げ、利下げなど金利動向を左右するFRB議長講演、ECB総裁講演なども大きな影響がありますね。

通常、経済指標発表前は為替の動きが小さくなりレンジになる場合が多いように感じます。反対に指標発表後は大きく動き、変動が大きいことを示す長いローソク足が多く発生しやすくなります。私の場合、経験的に重要指標発表後に大きく動いてからエントリーすると勝てていないことが多いので、指標発表5分前までには手仕舞いし、発表後に長いローソク足が出たときはエントリーを控えています。たまに経済指標発表によりレンジブレイクとなった場合は、発表後5分以内に1分足チャートでエントリータイミングを探ることもあります。

重要指標発表直前にはスプレッド(売り買いの価格差)も大きく広がりますので、ストップ、リミットを設定している場合も注意が必要ですね。私にとっては日本時間日中はポジションを持っていませんので関係ありませんが、取引される方は日本、中国、オーストラリア、ヨーロッパの指標も注意が必要です。

重要人物の不定期な発言、どこかの国がミサイルを発射したなど突然のニュースもあるので、エントリー前に指標発表予定の確認をすること、急激な相場変動があった場合は、ニュースを確認する習慣は必要ですね。

ポジションの取り方も決めておいたほうがよいでしょう。FX取引を始めたばかりの時は、ポジションを持ちたいという気持ちが強くなりがちのため、弱いサインでもエントリーして損失を出しやすいです。

例えば、ポジションを持てるのは1日あたり1回、2回、3回などとルールを決めておくと、たとえ2時間の取引であってもよく考えてエントリーできるようになると思います。
また1日あたりの損失限度(例えば資産の1%)を決めておき、それを越えたらその日は流れが悪いと考えてやめる。自分の決めたサインが出ない日はポジションを持たないという意志も必要です。

昔は私も2日間ポジションを待たないとエントリーしたくて仕方がない気持ちになりました。そして、ルールを無視して博打的なエントリーを行い、損失を出したことが何度もありました。

結局のところ、トータルで勝つか負けるかは決めたルールを守れるかどうかにかかっています。

日々のブログでチャート分析結果と、エントリー、決済の記録を残し、悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介

トレードスタイル4

こんにちは。喜平です。

日曜日は月曜日からの相場を見通しを立てます。週足チャート、日足チャートの移動平均線を見て上昇トレンドか、下降トレンドか、レンジ相場なのか、そろそろ反転する可能性があるかを確認しておきます。平日は時間の短い5分足チャートを中心に分析しているため、大きな流れを確認する余裕がありません。しかし、デイトレードであっても大きく見て、現在の相場が、上昇トレンドか、下降トレンドか、レンジなのかは把握しておくことは大事だと考えています。

また月曜日の相場は、前週末の影響を受けることが多いので、前週金曜日の15分足チャート、1時間足チャートも見ておきたいと思います。

レンジ相場ではその上限や下限で反転する確率が高くなります。だいたい相場の約70%はレンジ内で値動きし、約30%はレンジから放たれるレンジブレイクになるようです。

レンジブレイクした時は一気に値が動くことが多いですが、少しだけブレイクして上ヒゲを付けてレンジ内に戻ることもあるので注意しておきます。思い込みは禁物です。

相場は予測できないことは忘れないようにしたいと思います。ブレイクを狙ってエントリーする場合は、一度押し目を確認してからのほうが安全です。そのまま行ってしまったときは諦めて押し目を待ちます。追っかけエントリーはかなりリスクが高いので、1分足チャートも確認しながら、かなり慎重に取り組むようにしています。

日々のブログでチャート分析結果と、エントリー、決済の記録を残し、悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

悠々自適時間を手に入れることができたら、旅行や音楽を楽しむ時間を増やしたいですね。
ゆったりとした気分でギターやウクレレを弾けたら最高です。

昔、転職の狭間にマウイ島キヘイビーチのコンドミニアムで1ヶ月過ごしたときは、サンセットを見ながら、島内の工房で買ったウクレレをポロンって鳴らすととってもいい気分でした。


キヘイビーチのプランもあります


津村さんはウクレレでとても気持ちの良い音を出されます。Yuoutubeにも動画をアップされていますので「津村泰彦 ウクレレ」で検索してみてください。こんな風に弾けたら楽しいだろうな~

トレードスタイル3

こんにちは。喜平です。

相場は波のように動きます。上がったり、下がったり、小さな波もあるし、大きな波もあります。

いろいろな通貨ペア、時間足のチャートを見てください。小さく波打ちながら、徐々に上がっていく波もあるし、下がっていく波もあります。またほぼ水平に動く波もあるでしょう。

相場に取り組むことを考えた場合、波の一番低いところで買って、波の一番高いところで売るのが最も利益が出るのですが、それはプロでもなかなか難しいと思います。

レンジ相場で上値抵抗と下値サポートがわかりやすい時は取れることもあるのですが、上値抵抗をブレイクして上に放たれると一気に上昇することもあり、ショートポジション(売りポジション)を持っていると大きな損失が出てしまうかもしれません。

私は単純に抵抗値、サポート値になったからといって売買するのはリスクが大きいため、反転のサインを根拠としてエントリーするようにしています。
例えば、上値抵抗に対しては長い上ヒゲや、トンボ(十字線)が現れて小さな陰線が続くといった反転サインです。

そのようなサインが現れてからエントリーした場合、高値から安値までの半分以下しか利幅が取れないかもしもしれませんが、50%も取れれば十分で、個人トレーダーなら30%取れれば成功と考えて良いと思います。

もちろんサインが出たからといって必ず反転するとは限りません。少しだけ下がってまた上昇していくこともありますのでエントリー前にストップ(損切り)を設定して、必ず実行するようにします。

何よりも大事なことは損失を最小限に抑えることですね。

また私は1分足チャートや5分足チャートといった期間の短いチャートで確認できる小さな波のことをミクロチャネルと呼んでいるのですが、このミクロチャネルを意識するかしないかで3~5pips損益に影響します。

基本的にはミクロチャネルの下でロング(買い)エントリー、ミクロチャネルの上でショート(売り)エントリーとしています。トレンドがはっきりしている時はトレンドと反対方向のエントリーはリスクが大きくなるので注意したほうがよいです。

日々のブログでチャート分析結果と、エントリー、決済の記録を残し、悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について

トレードスタイル2

こんにちは。喜平です。

相場はどの程度予測できるのでしょうか。

普通の会社員にとってはかなり難しいと思います。チャートが上昇トレンドを見せていても、そのあと上がり続けるとは限りません。急落することもあります。

ポジションを持つ時間にも関係しますが、上昇トレンドであっても上がる確率は60~70%くらいだそうです。つまり上昇トレンドで順張りをしても30~40%は下がって、損失を出してしまう可能性があることを意識するようにしています。

だからストップ(損切り値)を設定することはとても大事ですね。そうしないと損切りができなくてマイナスになったポジションを持ち続け、ほぼ確実に大きな損失を出してしまいます。

ストップの設定は自分なりのルールで決めておきます。いちばん簡単なのはエントリーから20pips、30pipsマイナスになったらと決めることですが、サポート値がブレイクされたときというのも一つの考えだと思います。

私は基本的にエントリーした根拠が打ち消された段階で手仕舞いすることが多いです。例えば、上昇トレンドで25MAサポートをエントリーの根拠とするなら、25MAを5pips下回ったら手仕舞いにします。そうすることにより比較的損失を抑えることができるような気がします。

ストップだけでなく、エントリー、リミット(利益確定値)のルールは人それぞれだと思いますが、私は移動平均線、MACD、ボリンジャーバンド、ローソク足を使用して決めています。一目均衡表やフィボナッチなど、ルールを設定するためのテクニカル指標はたくさんあるので、いろいろ試してみて、結果がいちばんよいルールを探してみるのもよいですね。

利益が出せるか、損失を出すかそれは確率だと考えています。60%勝てるルールとは10回エントリーして6勝4敗のルールです。勝ちも負けも20pipsなら、10回でプラス120pips、マイナス80pips、トータルでプラス40pipsとなり、悠々自適時間獲得への第1歩となります。

しかし、常に60%勝てるルールは簡単には見つからないと思います。自動売買のプログラムを書いて、1ヶ月間検証した結果、勝率が高いルールが見つかったと思っても、次の1ヶ月間ではマイナスになることもあります。相場は波がありますし、それに応じた判断も必要にいなってくるでしょう。

『相場は相場に聞け。』ということでしょうけど、新しいルールはまずデモトレードで試してからリアルトレードするのがよいと思います。

日々のブログでチャート分析結果と、エントリー、決済の記録を残し、悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について

トレードスタイル1

こんにちは。喜平です。

チャート分析ををしてうまくいった、ダメだったというのはのちのちにご紹介していくとして、まずは私のトレードスタイルについて書きたいと思います。

本業はごく普通の会社員ですので日中はトレードできません。本当はロンドン市場が開く夕方もトレードしてみたいのですが、基本的には残業して帰宅後、夕食をとり、早くて20時から、遅くて22時くらいから24時くらいでしょうか。エントリーは24時までとし、ポジションがあるときは25時くらいまでチャートを見ているときもありますが、通常は手舞いするか、指値、逆指値を設定して寝ます。

トレードを始めたころは、ポジションをもつこと自体が楽しくて夜更かししていましたが、翌日の仕事にも差し支えるし、睡眠不足でトレードをすると判断を誤ることが多いので最近は夜更かししていません。

資金が多いわけではありませんので、大きな波を捕らえるスイングトレードではなく、ポジション保持時間は数分から数時間といったデイトレードが中心です。トレンドを狙うときは15分足の移動平均線(25MA、75MAor100MA、200MA)とMACD(短期12、長期26、シグナル9)を見ていることが多く、レンジ相場では5分足の移動平均線(25MA、75MAor100MA、200MA)、ボリンジャーバンド(25MA σ2.0)を見ていることが多いです。エントリーの直前は5分足チャートでタイミングを図っています。経済指標発表の直後でエントリーチャンスがあると判断した場合は1分足チャートも見たりします。

狙う利幅はトレンド相場で20~30pips、レンジ相場だと5~20pipsくらいです。通貨ペアはドル円、、ユーロ円、、ポンド円、、オーストラリアドル円、、ユーロドルに取り組んでいます。自動売買ツールを動かす時はスプレッドの小さなドル円、ユーロドルでレンジ狙いが多いです。

トレンド相場のポンド円はたまに100pipsくらい取れることがありますが、変動が大きくなることが多いのでエントリー箇所を間違えると、数秒で数十pipsやられることがあります。

特に初心者の方は突然大きく動くとどうしたらよいかわからなくなり、損切りタイミングを見失ってしまうこともあるので、エントリー前に損切りポイントを明確にしておくことも大事だと思います。

コツコツ勝ってドカンと負けるのは避けたいですね。

日々のブログに記録を残し、悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について