もみ合いから抜けるタイミングの見極め – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/22月曜日のトレード根拠です。先週末の底打ちからどの通貨ペアも上昇傾向となっていました。その中でも、ポンド円とオーストラリアドル円は15分足チャートでの波の形が素直でわかりやすくなっていましたので注目してみました。

そんな中、22:40頃、ポンド円5分足チャートにおいて、緩やかな上昇途中でもみ合いが続いた後、抵抗となっていた154.00円の節目から、強めの陽線でレンジをを上抜けましたので、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線の5MA〜600MAまでお互いに近づいた状況で狭いレンジでの動きになっていましたので、上、下のどちらかに抜ければ、勢いがつく可能性が高いという思惑もありました。

エントリー後は、やや勢いを抑えるような調整がありましたが、移動平均線15MA(15分足5MA)にサポートされる形で上昇していきました。そして、0:00を過ぎたところでタイムリミットの決済としました。(チャート内□の部分)

チャート的にはまだ伸びる感じでしたが、雪の中の帰宅で疲れもあり、月曜日ということで無理もせず利益確定しました。あとからチャートを見ると、155.2円近くまで上げていましたので、もったいなかったなという気持ちもありますが、利益はコツコツと積み重ねることが大事ですので、よしとしておきます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日1/24夜は、

18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI 速報値) 1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI 速報値) 1月
18:30 (英)雇用統計 12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 11月
24:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 12月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

インディケーター(サインツール)について

1時間足はどの通貨ペアもレンジ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円、ユーロ円、ユーロドルはどの時間足でもほぼレンジとなっています。ポンド円、オーストラリアドル円は4時間足で先週から引き続き上昇トレンドとなっていますが、日足ではレンジの様子です。1時間足はどの通貨ペアにおいてもレンジのため、1時間足ボリンジャーバンドの上限付近か、下限付近か、25MA付近かをチェックした上で、5分足、15分足のトレード根拠を見極めたいと思います。

本日1/23の夜は、

19:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 1月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 1月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 1月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

雪の影響はいかがですか?横浜市内も見た目で15cm以上積もってます。喜平は昨日、早めに帰宅したのですが、結構時間がかかりました。今日も出勤が大変そうです。雪が積もった地域の皆さま、足元にお気を付けてお出掛けください。

MT4について

ECB、MPC、日銀の金融緩和策に注目- トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は引き続き弱含みとなっているものの4時間足ではレンジの様子が見えていますので一旦下げ止まるかもしれません。ユーロ円は週足で上昇を保っていますが、日足での変動は大きくなっています。ポンド円は上昇が続いていますが、4時間足でやや調整中です。オーストラリアドル円は週足、日足で上昇となっていますが、大きな波のレンジの様子です。ユーロドルはドルの弱さから上昇となっていますが、日足、4時間足ではもみ合いレンジに移行しています。

今週のドル円は他国の金融政策に影響されるとのニュースが見られました。ユーロ圏の経済回復により早期金利回復の思惑が進んだ場合、ユーロ買いドル売りの影響を受けて円買い円高傾向なり、1/22~23開催の日銀金融政策決定会合で現行の金融緩和策を維持することが決定された場合、円売り円安が進む可能性がありそうです。チャート分析では4時間足で見られるレンジの様子から、反発し上昇するか、さらなる下値を探る動きになるのかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、1/25に開催が予定される欧州中央銀行(ECB)理事会に向け、金融緩和策縮小を期待したユーロ買いが進む可能性があるが、現状維持となった場合、要人によるユーロ高けん制の発言が見られた場合は、もみ合いになる可能性もありそうです。チャート分析では135円台のレンジを意識したいと思いますが、ニュースなどによる突発的な動きには気をつけたいと思います。

今週のポンド円は、1/24雇用統計、1/25ECB総裁定例記者会見、1/26四半期GDPなどの結果により、2月の金融政策委員会(MPC)の政策金利発表に向けた思惑による動きがあるかもしれません。チャート分析では4時間足25MAでの反発が継続すれば、日足での弱い上昇トレンドが続きそうです。

今週のオーストラリアドル円は、中国経済の安定的な成長継続が続いているものの、原油価格の上昇が停滞していることによる資源価格連れ高の思惑後退から、もみ合いになる可能性がありそうです。チャート分析では日足のレンジを意識しておきたいと思います。

今週のユーロドルは、1/25に開催が予定される欧州中央銀行(ECB)理事会に向け、金融緩和策縮小を期待したユーロ買いが進む可能性があるが、現状維持となった場合、要人によるユーロ高けん制の発言が見られた場合は、もみ合いになる可能性もありそうです。チャート分析では4時間足でのレンジ形成がどこまで続くかに注目したいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標では、
1/23 9:00 (日)日銀金融政策決定会合終了後、政策金利発表
1/25 21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利発表
1/26 18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)
1/26 22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/22夜は、経済指標発表は特に予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

みなさんは良い睡眠が取れていますか。寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありですよ。



The Pillowは高反発タイプの枕です。横向きでも仰向けでも、頭が浮いているような感覚が得られます。それなりの硬さがあるため寝返りもしやすいです。そのため肩こり予防には向いているのではないでしょうか。高さは3段階に調整できるので好みの高さを探すことができると思います。



既製品では物足りない人は自分だけのオーダー枕を検討してはいかがでしょうか。「まくらる。」はいろいろなオーダー枕を扱っており、比較しやすいサイトです。

月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

上昇トレンドに乗り損ねたら押し目待ち – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/18木曜日のユーロドル5分足チャートです。ユーロのもみ合いが続く中、ドルの弱含みの下落となってました。15分足チャートに設定しているCCFpというMT4インジケーターでもドルが次第に弱っている状況がわかりました。
ユーロドル5分足チャートでは高値を更新しながらの上昇トレンドとなっており、チャートウォッチを始めた20:30頃は抵抗として働きやすい移動平均線600MA(15分足200MA)を上抜けたところでした。直近の高値更新からは1時間ほど経過していましたので、エントリーは押し目が発生するまで待ちたいところです。

チャートウォッチを続けていると、21:30頃から陰線が多く出るようになり、移動平均線25MAを下抜けてきましたので、上昇一服のレンジ転換の可能性を想定し、チャートに注目してみました。

そんな中、22:15頃にボリンジャーバンド下限σ-2.0および移動平均線600MA付近で長めの下ヒゲが発生したのち、陽線が連続し、22:30のアメリカ経済指標発表直後に強めの陽線が発生したタイミングで、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

この場合の損切りポイントは22:15のローソク足下ヒゲ安値を下抜けた時となります。

エントリー後はややもみ合いながらも上昇しました。そして、ボリンジャーバンド上限σ+2.0から連続陰線となったタイミングで、0:00になったこともあり決済としました。(チャート内□の部分)

上昇トレンドからレンジへの転換をとらえることができたよいトレードだったと思います。

レンジでのエントリーは25MAの傾きを意識するようにし、ほぼ水平ならボリンジャーバンド上限、下限のどちらからでもエントリーOK、傾きが右上がりなら下限から、右下がりなら上限からのエントリーを基本に考えています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境