ポンド円の勢いをつかむ – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

今回は3/14水曜日のポンド円5分足チャートです。注目されていた経済指標のアメリカ小売売上高は予想より弱い結果となり、ドル円はそこそこ下がったのですが、継続した売りは見られず、レンジ内に戻されました。ユーロ円、ポンド円も同様にレンジの傾向が続きいていましたが、徐々に切り下げる動きが見られましたので、ローソク足の動きに注目してみました。
そして00:05頃、抵抗になると考えていた600MA(15分足200MA)を下抜けて勢いがついたところで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

長らくレンジの動きとなっていたため、5分、15分の移動平均線はすべて束なる様子でローソク足より上に位置していました。

そこで、1時間足で下側の抵抗線を確認すると、148.02円付近に100MAがありましたので、指値148.00円、逆指値148.70円に注文を入れました。

チャートをちら見しながら就寝準備を始めたところ、下落はさらに勢いがつき、00:20頃、指値決済となりました。

週前半に続き、徐々に下落するローソク足の動きを捕らえることができました。ローソク足の勢いを感じるには、やはり生チャートを見ての裁量トレードがベストですね。

アメリカが夏時間となり、経済指標発表時間が1時間早くなったのは、トレードしやすいと感じます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック

レンジだが要人発言に注意 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

引き続き全体的にレンジ状態となっています。昨日のアメリカ小売売上高は予想より弱いものでしたが、大きく崩れることはありませんでした。しかし、トランプ大統領のツイートから貿易戦争への警戒感でリスクオフとなり、ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円が下落する場面もありました。イギリスのメイ首相が元スパイ襲撃に対してロシアへの報復措置を発表しました。
まだレンジ傾向は続くと感じますが、要人発言には注意が必要だと思います。

メインで見ているチャートだけでなく、一つ、二つ上の長い時間足チャートも合わせて確認すると、大きな動きの中での位置が把握できるのでエントリー判断の助けになると思いますよ。

本日3/15の夜は、
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 3月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 3月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 2月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 3月

明日3/16の夜は、
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 2月
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 2月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 2月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 2月
22:15 (米)設備稼働率 2月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ローソク足の読み方

ドル円の長い上ヒゲに注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:75MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足75MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

昨日はドル円、クロス円がお昼くらいから力強い反発が見られました。さまざまなニュースが飛び交う中、もう少し神経質な動きもあるかと思いましたが、たいした押し目もつけず上昇しました。仕事から帰宅してチャートを確認した段階では、ほぼ上がりきった感があって残念でしたが、調整局面も期待しつつ、チャートをウォッチしました。

そんな中、ドル円5分足チャートにおいて、21:30の消費者物価指数発表後、かなり長い上ヒゲをつけました。次の足での反発を確認しましたが、少し上がるも、戻されて下がってきたタイミングで、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は突然、大陰線が発生しました。消費者物価指数は予想通りだったので、理由はよくわかりませんでしたが、106.75円付近からの急反発が感じられましたので、短いポジション保有でしたが利益確定としました。(チャート内□の部分)

あとから確認できたニュースを見ると、トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任したことが大陰線の原因だったようです。今の相場では、突然のニュースによる急変動が起こりやすく感じますので注意が必要です。ポジション保有数、レバレッジは無理をしないように気をつけてください。

久々のドル円トレード公開でした。ベストとは言いがたい感じですが、月曜日、火曜日は無理をせず、エントリー回数も少なめなのでご容赦くださいね。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日3/14夜は、

17:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
19:00 (欧)鉱工業生産 前月比 1月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)卸売物価指数(PPI) 前月比 2月
21:30 (米)小売売上高 前月比 2月
23:00 (米)企業在庫 前月比 1月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

暖かくなって春を感じますね。今日、明日は横浜も20度以上の予報になっています。カメラを持って春のお散歩に行きたい陽気です。

トレンドとは?レンジとは?

北朝鮮問題と米通商政策に警戒 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

北朝鮮との首脳会談実現の懸念、米通商政策に対する警戒感が続く中、各通貨ペアともにもみ合いレンジの様子となっています。オーストラリアドル円のみ、やや上昇トレンドの気配がありますが、まだ強い動きではありません。
レンジ範囲を確認して、上限と下限での反転の動きを捕らえていきたいと思います。

今週は大きな経済指標の発表は少ないのですが、トランプ大統領をはじめ、要人の発言には注意したいとことです。もちろん日本の森友学園問題による安倍内閣への影響も相場へ影響する可能性があると思います。

本日3/13の夜は、

21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

9割の人が負けると言われるFX