長い時間足チャートも要チェック – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

リスクオフの円高に歯止めがかかりません。昨日は22:30発表のアメリカ消費者物価指数が好調で10年債利回りが上昇し、小売売上高が予想以下という結果で、一段と円買い進みました。その後ユーロ、ポンド、オーストラリアドルは急速に戻していますが、どこまで続くかはまだよくわかりません。ドル円は、週足の直近安値を更新するまで売られており、下降トレンドです。ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円は、大きく戻しているも4時間足ではまだ弱い下降トレンドです。ユーロドルも昨日の経済指標発表では大きく下げましたが、強く反発しており、レンジ相場を維持しています。このような相場ではできるだけ多くの時間足のチャートをチェックして慎重に根拠を確認していきたいと思います。

本日2/15の夜は、
19:00 (欧)貿易収支 12月
22:30 (米)卸売物価指数(PPI) 前月比 1月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 2月
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 2月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
23:15 (米)鉱工業生産 前月比 1月
23:15 (米)設備稼働率 1月
24:00 (米)NAHB住宅市場指数 2月

明日2/16の夜は、
22:30 (米)住宅着工件数 前月比 1月
22:30 (米)建設許可件数 前月比 1月
22:30 (米)輸入物価指数 前月比 1月
22:30 (米)輸出物価指数 前月比 1月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 2月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)