3連続陰線で移動平均線5MAを下抜け – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

2/2金曜日のユーロドル5分足チャートです。22:30に月一の大イベントであるアメリカ雇用統計が予定されていましたので、どの通貨ペアも夕方から狭いレンジの動きとなっていました。

発表された結果は予想よりもよくて、直ちにドル買いの反応となりました。ドル円、ユーロドル1分足チャートでも見ていましたが、ほぼ緩み無く、一気に動きましたのでエントリーできるタイミングはありませんでした。「今日はもうチャンスがないかな。」とややあきらめていたのですが、それでもしばらくチャートを見ていると来ました。

エントリー根拠の予感です。ユーロドルで一気に下落した反動で、戻りが発生していたのですが、5分足600MA(15分足200MA)と、15分足5MAにぶつかったあたりから、戻り売りの様子が見られました。

そして、23:45頃、3連続陰線で5分足5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

もし3連続陰線を打ち消す陽線が発生した場合は損切りです。

エントリー後は、5分足5MAに沿って下落が継続しました。0:00を過ぎてしまいましたが、週末ということもあり少しだけ延長することにしました。ボリンジャーバンド下限に接触した後、下ヒゲが発生して、もみ合いになる様子も感じられましたので、0:20頃、決済としました。(チャート内□の部分)

典型的な戻り売りタイミングをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

なかなか寒さが引かないですね。家の暖房がフル稼働となっているせいか電気代がすごいことになっていました。

初めてのFX Q&A