ポンド円の上ヒゲと包み線に注目 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

ベストトレード根拠の記事にしてから、初めてのノートレードとなりました。月曜日は仕事で帰宅が23時くらい。火曜日は21時くらいからはチャートを見ることができたのですが、パウエルFRB新議長の発言と多めの経済指標発表を前に明確なエントリー根拠がつかめませんでした。

ということで、この2日間で取りたかった妄想トレードです。

2/26月曜日のポンド円5分足チャートです。今週のポンド円は窓を開けて高く始まり、一度下がってから再び上昇し、夜にはその勢いが衰えてレンジに突入しました。1時間足で見ても149円台のレンジ形成で上限近くに来ているように見えていました。22:20頃、5分足チャートでもレンジ上限付近で長めの上ヒゲが見られ、その次に包み線が発生し、更に5MAを下抜けたタイミングで売りエントリーしたかったです。(チャート内○の部分)

その後は、ポンドらしく勢いがついて下落しました。そして移動平均線300MA(15分足100MA)付近でもみ合ったあたりで決済したかったですね(チャート内□の部分)。リアルにチャートを見た時は、既にこの辺でした(泣)

良いトレードのイメージトレーニングって大事だと思います。単にエントリーだけでなく、利益確定、損切りのポイントも含めてイメージしていると、本番でも役に立つと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日2/28夜は、

17:55 (独)雇用統計 2月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 2月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値) 前期比年率 10-12月期
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 2月
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 1月

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

初めてのFX Q&A